人気ブログランキング |

山歩き川歩き

mtriverw.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:星景写真( 273 )


2019年 07月 15日

もう一つの再訪

b0243727_08404313.jpg

高層湿原から麓に降ってくると
どうやら下界は霧が発生し始めたらしい
そこで思い出してこの場所へ

ここも6年前に撮影したことのある場所だ



全然違いますね〜
こうやって以前撮った場所に再訪して
最新の機材と少し上がった経験値で撮影してみるのも
新規開拓とは違った楽しさがある

6年前はシグマの15mmFisheyeを使っていたみたい

今は14mmf1.8と24mmf1.4の2本体制だけど
全く不満がない

RFマウントの明るい純正広角レンズとなると
恐ろしく高価なものになりそうだけど
いつかシグマからフルサイズミラーレス対応の驚くようなスペックのレンズが
手の届きやすい価格でリリースされればいいな

それにしても左の蘭越町昆布の黒サーチライト的なのはなんだ?
縦位置でも横位置でも写るからカメラやレンズが原因じゃない

b0243727_19303328.jpg

なんだろうねぇ??




by yamakawawalk | 2019-07-15 21:49 | 星景写真 | Comments(3)
2019年 07月 13日

池塘リフレクション



b0243727_19452296.jpg


結構な強風だったのにここまで映るなら
無風ならさぞかし綺麗に映り込んだことでしょう
風の影響の受けにくい小さな池塘だからこそだったのかも
今時期の神仙沼は位置的に天の川のリフレクション狙いは無理です
他にも小さい池塘はあるのでそちらで狙うことになります

b0243727_20043106.jpg
少し離れた両隣にある大きな沼でねらってもいいけど
ちょっとなぁ(笑)

長沼で昔登山中に何者かに唸られた経験が(笑)




by yamakawawalk | 2019-07-13 19:30 | 星景写真 | Comments(0)
2019年 07月 12日

黄色のアクセント

b0243727_08190748.jpg
エゾカンゾウが咲く木道からチセヌプリに掛かる天の川

最盛期なのかこれからなのか、
はたまた終わりかけなのかわかりませんが咲いてました(笑)

この夜はあいにくの強風でした
風があるのに花が20秒も止まってくれるはずもなく

深夜の強風の森って独特の雰囲気
麓から見たときに山頂の雲の動きが速かったから嫌な予感がしていましたが

無風快晴の夜に来たかったな

近いから来ようと思えばいつでも来れるけど
後志自動車道の威力はすごい



by yamakawawalk | 2019-07-12 06:09 | 星景写真 | Comments(0)
2019年 07月 10日

ワタスゲの道(予定)

b0243727_08161018.jpg
これ両側にワタスゲがたくさんなんですよ
風で消滅してますがね(笑)
遠いほど擬似的にブレ量が小さいから写ってると言う(笑)

車で大谷地越えたとき風でゴーゴー言ってましたから

足場がいいから移動しながら撮るの楽しかった〜




by yamakawawalk | 2019-07-10 06:18 | 星景写真 | Comments(0)
2019年 07月 08日

変わらぬもの変わりゆくもの

b0243727_13473991.jpg
何千年と変わらぬ星空と
環境に翻弄され枯れゆく樹木

b0243727_13450671.jpg

こんな感じの松を探していたんですよね
ある程度標高のある場所か
道東の亜寒帯林あたりに行けばあるかなぁと



数千年以上変わらぬ姿を見せてきた
夜空に輝く天の川

そんな星空に、不穏なニュースが最近聞かれるようになった


世の中便利になることは良いことだとは思う
ただ、大事な地球環境の一つである星空を
一私企業が奪い破壊して良いものなのか

規制の少ない宇宙空間の開発でやりたい放題は如何なものかと思う

地球の影に入る時間帯であれば影響も少ないとは思うが、
例えばちょうど今時期、夏至の前後はほぼ一晩中影響があり
春の夜明け前の東から南東の空に横たわる天の川には
無数の人工衛星の線が映り込む懸念が生まれる

人類初打ち上げ以来の
既存の人工衛星を上回る数

である

これは立派な
光害であり公害だ

単純に衛生の数が倍に増えたとすると
今現在の人工衛星の写り込みの頻度からそれほど影響はないと思いたいのだが、
衛生単体の反射率が未知数な段階では
底知れぬ恐怖というか、残念な未来ばかり想像してしまうのだ

ひよっとしたら取り返しのつかないことになるかもしれない

大好きな
美しい星空を
奪わないでほしい






by yamakawawalk | 2019-07-08 18:41 | 星景写真 | Comments(0)
2019年 07月 07日

宇宙(ソラ)へと続く道 2019


b0243727_11504341.jpg

前回訪れたのが2013年7月
ちょうど6年経つんですね
この時の機材は
5DMarkIIにEF24mm f1.4L II

レンズこそ焦点域は違いますが、
ボディに関しては流石に隔世の感がありますね

5DIIではLEDを照射して無理に撮らないとディテールが潰れていたシャドー部の木道が
Rでは何もせずともここまではっきりと

同様にいえるのが、星景撮影者に出会う頻度
今回も5人組の、声からして若い男女が撮影していました

それだけカメラの性能が上がって星景の敷居が下がったってことなんでしょうね。




by yamakawawalk | 2019-07-07 08:43 | 星景写真 | Comments(2)
2019年 06月 27日

道央圏最高の星空


b0243727_20080697.jpg
突然夜空を覆った雲
先乗りしていた同好のカメラマンが撤収
僕らも撤収しようとすると
吹き出した風が雲を払ってくれた

b0243727_19560636.jpg
ISO3200 f1.8 20sec

EOS Rもなかなか
でもそれ以上にSIGMAの14mmが素晴らしい

そしてこの場所
道央圏(札幌から半径100km以内)では最高の星空スポットだと言ってもいい

諦めないで留まって正解だった






by yamakawawalk | 2019-06-27 19:24 | 星景写真 | Comments(2)
2019年 06月 26日

初出動

b0243727_19432376.jpg

EOS R + SIGMA 14mm f1.8
ISO3200

バリアングルいいね〜
高感度も体感的には6Dと同等かなぁ?
画素数増えてこれなら良しとするか
5D2→6Dの時みたいな驚きはないな

操作は基本EOSだから似てるけど、
各種ボタンの配置が違うから慣れるまで大変かな〜

タッチパネルで各種操作ができるのは便利だけど、
EVF下のセンサーが反応していちいちブラックアウトするのは鬱陶しいな
なんか設定あるのかな?

星でAFが効くというのは驚異
でも星に関してはライブビューMFが一番信頼できる

ま、操作は慣れるしかないな(笑)



by yamakawawalk | 2019-06-26 06:30 | 星景写真 | Comments(0)
2019年 06月 06日

田圃 2

b0243727_18180743.jpg
試したいことあるのに天気が良くならないんだなぁ



by yamakawawalk | 2019-06-06 20:28 | 星景写真 | Comments(2)
2019年 05月 30日

高原の一本松

b0243727_20312401.jpg



なんかワンパターンな構図でつまらないなぁ
よし、車入れてやれ(笑)


b0243727_20365851.jpg

おっけー(笑)




by yamakawawalk | 2019-05-30 20:59 | 星景写真 | Comments(0)