人気ブログランキング |

山歩き川歩き

mtriverw.exblog.jp
ブログトップ
2019年 08月 18日

EOS R 曲者設定

b0243727_07491020.jpg
購入以来ほぼ星景メインで使っているEOS R
6Dからの移行で少々操作に慣れない点もありますが
基本的な部分は共通点も多く
問題なく使用していました

なんだけど
先日の野付撮影の写真を現像していて
??
って点が

b0243727_07520359.jpg
b0243727_07521045.jpg
ピンずれです
現像していないものをトリミングしているので白っぽいのは置いといて
1枚目が到着後すぐにライブビューMFで合わせたもの
2枚目が撮影位置や構図変更をしながら数カット撮った後のもの

明らかに2枚目はピンずれを起こしている
最初は構図変更中にずらしたかなと思いましたが
5D II、6Dの頃からの撮影スタイルで
SIGMAの14mmも24mmもピントリングはしっかりしていて
1度合わせればそうそうずれる事はなかった

それで判明した曲者設定ってのがこれ↓
b0243727_07562916.jpg
「電源オフ時のレンズ収納」

EOS Rは電源をオフにするとシャッター幕が閉じセンサー部分へのダストの侵入を防ぐ機能があって
すごくいいんですが・・・

それとは別に飛び出した前玉を
電源オフ時に自動で無限遠?に合わせて収納する機能が付いている
ズーム付きのコンデジ的なやつ

これが曲者だった

星景をやっているとわかると思いますが
AFで合焦した無限遠と星に合わせた無限遠は厳密には違います

せっかくライブビューで追い込んだピントが
電源オフの度に機械的に無限遠設定されていたのだ!

知らんかった(笑)

電源オフだけならピントリングを触らない限り
ピンは合ってるものと信じて疑わないもんね普通

ミラーレスになってレフ機よりもバッテリー消費が早いので
こまめに電源オフにしていたのが仇となったのだ

これはいかん!
と言う事でオフにしました。

って言うか
手持ちのレンズで前玉が飛び出るタイプって
EF50mm f1.8 STMしかないし(笑)

たまには取説を袋から出して見よう(笑)






by yamakawawalk | 2019-08-18 08:16 | 物・服 | Comments(0)


<< 初秋の天の川と羊蹄      道東キャンプ 2019夏 >>