サントリー ”知多”

先日発売になったばかりの「知多」を買ってきた。
b0243727_21593756.jpg
 

「知多」は愛知県知多半島にある知多蒸留所製のグレーンウイスキー。

グレーンウイスキーはトウモロコシや小麦、大麦などの”未発芽”の原料で作られたウイスキーで、
数種のモルトウイスキーと合わされてブレンデットウイスキーとなる原料。

サントリーですから、響やオールド、角などのブレンデットの原料となる原酒です。


b0243727_228208.jpg

ロゴは山崎や白州の流れをくむものですね。

早速ストレートでいただきましたが、軽くて爽やかな感じで洋ナシのような香りがします。
ふわっと後味が甘くてなかなか美味しい。


グレーンウイスキーだからって侮れない味です。

ニッカにもカフェグレーンというグレーン主体のウイスキーがあって美味しいそうです。

美味しいですがこの知多、4000円弱の価格です。
4000円出すとそこそこのシングルモルトが買えるわけで、果たしてその価値があるかと言うと微妙な気もしますが(笑)



続けて手元のジャパニーズを2ボトルちょっとずついただく。
b0243727_22154811.jpg

やっぱ余市が断トツに美味い(笑)



さて、今日の収穫ですが・・・

b0243727_22164422.jpg

1.7kg
まぁまぁか。

末端価格(笑)だと幾らになるんでしょうね(笑)
Commented by mountain-snapshot at 2015-09-06 23:20
なんか色々と気になり過ぎて困ります(笑)
とりあえず一番気になるのは、スクリーンに映し出されている山の写真です。
Commented by yamakawawalk at 2015-09-07 06:47
mountain-snapshotさん、おはようございます♫

スクリーンの風景は一昨年の8月、白雲岳テン泊時のものですよ^^
Commented by すのふらいふ at 2015-09-07 20:40 x
yamakawaさん、たいへんご無沙汰をいたしてしまい、失礼をいたしました(記事はたびたび拝見させていただき、お元気なご活躍に安心をしております)。

このブツは、営林署を退職した義父が収穫したものをもらったことがあります。松茸!!と聞いたときには舞い踊りましたが、いただいてみてはそれほどでもなく、永谷園の具にギリ適・・・かと。
なお、収穫値は大○営○署区域なのですが、地元ではシロマツタケと呼ばれていました。

純×の高い松茸・・・。期待しています。

Commented by yamakawawalk at 2015-09-08 06:58
すのふらいふさん、ご無沙汰しております♫

そうなんですよねぇ、食べて美味しいかと言われればそうでもない気がするんですよ(笑)
採るのは最高に面白いのですが。
素焼きとてんぷらは美味しいと思いますよ。

シロマツタケと呼ばれているものの中には「オオモミタケ」もあるようです。
長らく北海道ではマツタケと言ってオオモミタケを採っていた地方があったため、
未だに内地の方にこちらでマツタケというと、
「本物じゃないんでしょ?」って言われるのがお約束になています(笑)
実物を見て納得してくれるわけですけど^^;
by yamakawawalk | 2015-09-06 22:18 | ウイスキー | Comments(4)