凍てつく河辺

十勝へ行ってきました

事前に日の出の方角と川の流れる方向が一致する橋をさがし
暗いうちから待機しました

場所は芽室町、十勝川にかかる「十勝橋」
到着時、車の外気温計の表示は氷点下17℃
これは寒いぞととりあえず暖かいコーヒーを淹れてからだの中から暖めた後、
外もがっちり着込んで撮影開始です

b0243727_17344073.jpg

予定通りの場所から太陽さんがお目見えです
それにしても、なまらシバレてるんでないかい?
息をすると鼻の穴がくっつくし、吐いた息が鼻の下で結露して鼻水小僧になってるし・・・
でもなんか無性に楽しいんだな(笑)



b0243727_17192039.jpg

明るくなり始めると車中で待機していた頃よりさらに気温が下がって凄まじく寒い
こんな寒い中での撮影は久々です
僕の中では更別での氷点下28℃ってのが最低記録かな?
寒さに強い北海道人の中でも道央人は比較的軟弱者なんだなぁ(笑)
その代わり雪には強いぞ

しっかり着込んでいるので身体はそれほど寒くありませんが、
カメラの設定やピント合わせのために頻繁に手袋を脱ぐ右手と足先が冷たくて千切れそうです



b0243727_1719564.jpg

(クリックで大きくなります)
いくらか朝日が当たれば暖かく感じても良さそうなものですが
全然暖かくない、むしろこの頃が冷え込みのピーク
金属ボディのカメラとアルミの大型三脚が氷のように冷たい
三脚なんて霜で真っ白です



b0243727_1720336.jpg

外気温との差で立ち上がる川霧
その川霧が風に流されて河岸の木々に付き真っ白く化粧をされてとても綺麗でした
オレンジ色の朝日に当たった川霧を見ると、まるで温泉水が流れてるように見えますよね

それにしても寒かったなぁと思っていたら
帰宅後見ていた夕方のニュースで、冷え込みNo.1芽室町と・・・
一番寒いところに居たんかい、思わず噴き出しましたよ(笑)
-19.8℃だったんですね

で、この寒い時期になんでわざわざ十勝へ行ってきたのかと言うと
深夜~未明の天体ショー見る&撮るためです
このために色々用意していたんですからね
東西南北、何が何でも晴れる地方に行くつもりでした

肝心の天体ショーの写真は後日(笑)
by yamakawawalk | 2012-12-14 19:14 | 風景 | Comments(0)