エノキタケ

寒いですね
鍋の季節ですね(笑)
お鍋の具と言えば「エノキタケ」
そう、あの袋に入って売っている白くて細長いキノコです

そのエノキタケ、天然物の姿はこちら
   ↓
b0243727_1848512.jpg

右下に写ってる幼菌に栽培物に近い雰囲気がありますが、他は見た目全然別物ですよね~
晩秋が採れる時期です。キノコとしては最も発生が遅い部類です
傘は黄褐色で濡れると粘性があり
茎はビロード状で黄褐色~黒褐色です

見た目以上に栽培物と天然物で決定的に違うことがあります
栽培物は茎をメインに食べていて、天然物は傘を食べること
天然物の茎は食べて食べられない事は無いのですが繊維質が強すぎて美味しくないので僕は食べません
キッチンはさみでプチンです

食べる部位の違いのせいか風味も全く違います
天然物は味噌汁に入れると最高です。ナメコにも引けをとりません
沢沿いや渓流沿いを歩けば割りと何処にでもあるので、その気になれば味噌汁一回分くらいは楽勝です

初雪が降る初冬でも採れます。別名「ユキノシタ」ですからね
たぶんまだ山の倒木には付いていると思います
リアルに”ユキノシタ”でしょうけど(笑)
by yamakawawalk | 2012-11-21 21:31 | | Comments(0)