タグ:温泉 ( 21 ) タグの人気記事

熊谷温泉(さわと温泉)跡 

子供の頃に父に連れられて来た秘湯へ再訪しようと再び五の沢まで戻ってきました。
b0243727_2121415.jpg

目指す場所は対岸の入り江。
直線距離でどれほどあるのか分かりませんが、考えないようにします(笑)

ワカサギテント村の外れからはタウシュベツ方面ほど踏み跡がないので、
前日の晩以来再びスノーシューの出番です。

湖上を横断すること数10分・・・
b0243727_218489.jpg

お、見えてきた。
そこだけ雪が無いのですぐ分かります。
鹿が2頭湯治に来ていましたが、警戒音を発てて逃げていきました。
「ごめんね、お邪魔します」
部外者は完全に僕ですからね。

b0243727_21104647.jpg

着いたー。
これが熊谷(さわと)温泉跡。
以前はここに有志手製の脱衣所や浴槽がありましたが、国立公園内の無許可建築物と言うことで、
数年前に撤去され今に至ります。

40年以上前にダムの完成と共に廃業した温泉がここにあったそうです。
この湯壷もダムの水位上昇で満水になると湖の底へ沈みます。

b0243727_2114040.jpg

浅いので足湯どころか足首湯くらいです。
大きさの目安にサングラスを置いてみました。
ここは湧出口から1mほど離れているのでぬるいです。
夏場なら適温かな?

b0243727_2115554.jpg

湧出口は見た感じ3箇所くらいです。
手を入れると結構熱い。
50℃前後でしょうか?

後ろでさっきの鹿がキーキー鳴いてる。
早く帰れよーって事か。
そっかゴメンね、邪魔だよね。
でも懐かしかったよ。また今度来るから。

さてと対岸に戻るか・・・。
b0243727_21184377.jpg

・・・って、また遠いなオイ(苦笑)
by yamakawawalk | 2013-03-06 23:26 | 温泉 | Comments(2)

幌加温泉 鹿の谷

湖上トレッキングでの疲れを癒そうとやってきたのはここ、
b0243727_23355552.jpg

幌加温泉「鹿の谷」
糠平から三国峠へ向かう途中に目立つ標識があるのですぐわかると思います。
前から入ってみたかった温泉のひとつです。
その名通り、エゾシカが「いらっしゃいませ」とお出迎え。
b0243727_22144615.jpg

この鹿、全然逃げないでこっちをジッと凝視してくる。
そんなに見つめられたら照れちゃうよ(笑)
まぁしょうがないか、メスだしな(謎)

日帰り入浴は午前9時からやっています。
早くて良いですね。
料金は¥500です。

玄関前は天然のロードヒーティングで雪がありませんが、
温泉水の藻で滑ります(笑)

b0243727_23382092.jpg

内湯は浴槽が3箇所に打たせ湯です。
手前から「ナトリウム泉」「鉄鉱泉」「カルシウム泉」と3種の泉質が楽しめます。
湯温はカルシウム泉が一番熱いですが、僕には適温でした。
打たせ湯も2箇所あるんですが、左右それぞれ温度が違います。
カルシウム泉だけ飲湯してきました。
骨の強い丈夫な子になれるかな?(笑)

因みに内湯、露天共に混浴です。
明るい時間だったので貸切りで良かった(^^;;

露天はこちら
b0243727_23411780.jpg

素晴らしい露天です。
大自然~♪山の中~って感じ♪
青空の下で深呼吸して良い湯に浸かる、最高〜*\(^o^)/*

この素晴らしい露天風呂へは15歩ほど雪の上を裸足で歩くのですが当然足が冷たい。
ただ、冷たいのは湯舟に浸かれば関係ない。
そんな事よりも重大な問題がこれ。
b0243727_23451892.jpg

鹿のウンチだらけ(苦笑)
踏まずに歩くのが大変です。
なぜか通路だけに排泄してある不思議(笑)
あいつら絶対わざとやってるだろ〜。

でもそんなの関係ねぇと言える位、
大雪山の真っ只中のロケーションといい、秘湯感溢れる建物といい100点満点の温泉でした。

さて、朝からキットカットだけでお腹も空いたし昼食へLet's Go!
by yamakawawalk | 2013-03-02 23:41 | 温泉 | Comments(1)

スパ銭で・・・

b0243727_20435128.jpg

北3条西12丁目の「極楽湯」
月に2,3回行くスーパー銭湯です

今日ここで面白い(?)おじさんに遭遇しました

サウナから出てきたそのおじさん、水を浴び汗を流した後、
水風呂に浸かる時にこう叫びました

「はぁーーーーーーーぴぃーーーーーーにゅうぅーーーいやぁーーーーーーーー!!!!」

さらに潜りながら
「はぁーーーーっコボコボぴぃーーーーーーボコにうぅボコーーーいやコボコボコ・・・・」

なんなんだ??(笑)

見てはいけないものを見た気がする・・・

いや幻聴だ、たぶん・・・
by yamakawawalk | 2013-01-05 20:52 | Comments(0)

バーデンかみふらの

カミフの十勝岳温泉は「凌雲閣」がもっとも標高の高い位置にあり
次に高いのが以前紹介した「カミホロ荘」
その次が「バーデンかみふらの」です
b0243727_1940247.jpg

雪が降る前の写真で恐縮ですが・・・
ちょうど凌雲閣から下ってくる道と吹上温泉方面から来る道の交わる位置にあります
日帰り入浴は¥500(シャンプー・ボディーソープ付き)
この界隈では無料の吹上露天を除けば最安です

内湯は一つ
b0243727_19422759.jpg

すみません。どうしてもレンズの曇りが取れませんでした
モウモウですが勘弁してください
露天はこちら
b0243727_19432495.jpg

これ台の上から撮ったんですが、撮ってる様子はご想像に任せます(笑)

ここ、面白いのが内湯と露天が繋がってること
仕切りの扉は水面ギリギリの高さで付いていて
内湯から湯舟を漕いで露天に向かいます

だから「寒い寒い」とか「足冷たい!」って言わずに移動できます
その代わりに内湯にも枯葉が漂ってます(笑)

ここに入った時点でこの界隈の温泉は完全制覇しました
凌雲閣に入ったのは結構前なので、近いうちにまた入ってレポします
きっともう雪景色ですね
冬山を見ながらの露天もいいですね~

ただし、凌雲閣の露天って結構ぬるめだった記憶があるんですが
厳寒期は湯温大丈夫なんだろうか?
そもそも露天入れるのかな?
ま、行けばわかるか(笑)
by yamakawawalk | 2012-12-03 21:12 | 温泉 | Comments(0)

アポイ山荘

b0243727_7211564.jpg

アポイ岳下山後、開館時間にはちょっと早かったので
登山口の駐車場で遅い朝ごはんと、コーヒーを落として時間つぶし

汗を流す前に着替えたくないので登山の格好のままでしたが
汗で気持ち悪いのと流石に10月下旬、屋外で風が当たると寒い

開館後早速一番風呂で入りました
b0243727_7241654.jpg

立派で綺麗な内湯と
b0243727_7243746.jpg

これまた立派な露天
周囲に植えられているドウダンツツジも真っ赤っか
天気がいいので気持ちよい朝風呂でした

脱衣場に気になる看板が
b0243727_725332.jpg

???
二股ラジウム?それってマンベだろ?
お湯に成分を溶かしてるってことかな?
でもはっきり「入れてます」って書いていないから
なんかスッキリしないし謎すぎる・・・

なーんて帰宅後に調べたら温泉じゃないんですね、納得
そういえば成分表なかったもんな
温泉ではないけどカテゴリーは一応温泉ってことにしておきました(笑)

日高は火山ではないから温泉掘るの大変らしいですからね・・・
by yamakawawalk | 2012-11-06 21:31 | 温泉 | Comments(0)

天人峡

ちょっと前の写真ですが、今年行った天人峡です
b0243727_1825624.jpg

当日はスッキリした青空でした
紅葉のピークにはまだちょっと早かったけど青空とのコントラストが美しくて気持ちいい
b0243727_18265991.jpg

カツラの落葉の香りが鼻をくすぐるこんな遊歩道を歩くこと数分・・・


b0243727_18273316.jpg

羽衣の滝です
紅葉がピークの頃に来ると綺麗でしょうね
去年はここと「滝見台」にも行きましたが、今年は時間が無いので滝見台はパスしました


b0243727_18294299.jpg

羽衣の滝から川沿いにちょっと足を伸ばすとこんな風景も
現在は敷島の滝までは行けないようです
去年から状況変わりませんが、遊歩道を修復する気はあるんだろうか?


b0243727_18333634.jpg

天人閣さん
このときは入りませんでしたが、去年は入浴しましたよ
ここはなんといっても天然の岩盤剥き出しの内風呂が素晴らしい
去年は貸切だったので、広い内風呂をもてあましてました(笑)


b0243727_18351688.jpg

大町桂月の詩
大雪山に関しては大いに納得
富士山は登ってないからなぁ・・・いつか登ってみないとね
b0243727_1836217.jpg

駐車場への道すがらにあるのがこの登山口
羽衣の滝を見下ろす「滝見台」への登り口ですが
トムラウシ山への登山口でもあります
か、片道17km・・・。途中からはほぼ平坦とは言え遠いなぁ・・・
夕張岳で会った女の子、よく日帰りしたなぁ。つくづく感心
あ、でもオプタテはたしか片道13km位だったっけか?できなくもないかな?



b0243727_18385420.jpg

秋は枯葉を踏んで歩くのが楽しいです
ガサガサ、カサカサ、パリパリ・・・季節を感じながら歩を進めます

もうすぐギュッ、ギュッって季節がやってきます・・・
by yamakawawalk | 2012-10-23 19:28 | 風景 | Comments(0)

吹上温泉 白銀荘

b0243727_1845287.jpg

吹上温泉 白銀荘です
以前紹介した無料の吹上露天の湯が
「あんなジロジロ見られる所で入れるか!」って方にはこっちがオススメ(笑)
日帰り入浴¥600です
b0243727_185581.jpg

内湯はこんな感じ
湯舟2水風呂1打たせ湯2サウナ1です
僕的には奥のヒバの湯がちょうど良い湯温でした
b0243727_1851562.jpg

こちらは露天
3箇所の湯舟があるんですが手前が熱くて奥に行くにつれぬるくなります
写真は一番奥の一番広くて一番ぬるい湯
熱いのが苦手な僕でも一番奥はぬるすぎます

女風呂の露天とここの間に混浴(?)の露天がありますが
大人は水着着用とのことです。残念でしたね(笑)
因みにここの男用露天は駐車場から完全に丸見えなんですが、男は見られてもいいのかよ
b0243727_1852599.jpg

駐車場の山側はキャンプ場です
綺麗に整備された芝生は見ただけで心地よい眠りが想像できます
すぐそばに温泉がある素晴らしいキャンプ場ですが登山者メインのキャンプ場なので、
ワイワイガヤガヤのグループキャンプは場違いなので避けたほうが良いでしょうね
by yamakawawalk | 2012-09-30 08:07 | 温泉 | Comments(0)

愛山渓温泉

愛別岳や永山岳、比布岳等へ登るベースになってるのが
ここ愛山渓温泉
b0243727_912085.jpg

この建物の中に温泉があり
隣には別館として素泊まりができる登山者用のロッジもあります(朝撮影)
b0243727_19305618.jpg


温泉前の駐車場が登山者の駐車場にもなっていて
下山後すぐに入浴できるのがいいですね
入浴料は¥500
ボディーソープ、シャンプー付です

b0243727_8545030.jpg

浴槽は1つ
ちょうど下山後の登山者で満杯でした(といっても僕以外に4人ほど)
人がいなくなったタイミングでパチリ

お湯は凄く良かったです
熱めですが疲れた身体には心地よい温度でした
飲湯もできます
飲んでみましたが無味無臭でした。なんかに利くんでしょうが、効能表見るの忘れてました(笑)

建物の外に以前は無料の足湯もあったそうですが、朝に話をした方曰く
頭のお堅い方たちに何かを言われたらしく、現在は閉鎖中だそうです
残念ですね
いいお湯でした001.gif
by yamakawawalk | 2012-09-26 20:13 | 温泉 | Comments(0)

カミホロ荘

b0243727_1884452.jpg

十勝岳温泉、カミホロ荘です
日帰り入浴は2回くらい入っています

十勝岳温泉にある駐車場は上ホロカメットク山や富良野岳へ登る際のベースになるので
下山後は汗を流したくなります
内風呂は
b0243727_189475.jpg

こんな感じです。特別広くはありませんが床が木でできていて足触りが良いです
浴槽はここだけですが僕はこれで十分。たくさんあれば良いってもんじゃない
ほかにはサウナ(乾式)と水風呂があります
(シャンプー、ボディーソープあり)
b0243727_1895485.jpg

標高1200mなんですねここ
確か十勝岳温泉は北海道で一番標高の高い温泉宿だった気がします
b0243727_1810593.jpg

露天風呂
カミフの街が一望できます
凌雲閣の安政火口を眺める露天も良いですが
こちらの眺めもなかなかです

今回はコンデジをちゃんともっていったので綺麗に撮れました
レンズが湿気で曇るのでサウナの中で振ってレンズ乾かして撮りました
湿気に加熱・・・いくらコンデジとは言え無茶するなぁ

写真は全てCANON PowerShot S95です
コンデジなのに良く写るのでお気に入りです
by yamakawawalk | 2012-09-21 19:26 | 温泉 | Comments(0)

東大雪荘(トムラウシ温泉)

トムラウシ山からの下山後汗だくの格好のまま我慢して運転し、
短縮コース登山口から林道を7kmほど下り東大雪荘へやってきました
トムラウシ山登山のベースとして多くの方が利用している温泉宿です

麓からココへ向かう途中の道路が曙橋をすぎてから数kmが真新しい舗装になっていました
その後は温泉までひたすらダートなので乗用車の方はパンクなんかに注意してください
とはいえ僕がよく釣りなどで通る林道に比べたら整備されていて走りやすいです
FFのレンタカーや宅配のトラックが通ってるくらいですから
b0243727_950221.jpg

日帰り入浴料金は¥500です
ここのお風呂、僕大好きなんです
↓こんな露天があって
b0243727_9513019.jpg

その真下には渓流
b0243727_9512272.jpg

釣り好きにはたまらんロケーション
露天からフライ振りたい(大笑)
コンデジ(S95)を家に忘れてiphoneでの写真なので画質は勘弁ください
流石に全裸に首から一眼レフは不審者すぎるので持ち込めません(笑)

以前、紅葉の時期に来たことがあるのですが(その時は登山でも釣りでもないです)
川のせせらぎと紅葉を楽しみながら入る露天風呂は最高です
暗くなるとライトアップされていてそれもまた綺麗
男の僕が言うのもなんですが、入ると肌がスベスベになります

それにしても相変わらず新得町屈足(くったり)からが遠いですね
片道50km弱って札幌からなら余市付近まで行けますよ・・・
タンクの小さい車は麓で満タン給油しておくことをオススメします

さて、汗を流して足も暖めたらお腹が空きました
十勝平野へ走っていつものあの店へGO!060.gif
by yamakawawalk | 2012-09-10 19:13 | 温泉 | Comments(0)