タグ:支笏湖・洞爺湖 ( 38 ) タグの人気記事

支笏湖 氷濤まつり 2016

月曜の夜に、相方ちゃんと支笏湖温泉でやっている氷濤まつりに行ってきました♫

b0243727_20223942.jpg


支笏湖は札幌から1時間ちょいで着く湖。
ライトアップは22時までやっているので仕事帰りでも余裕で見に行くことができます^^


b0243727_2024264.jpg


氷像自体は毎年それほど違いはありませんが、
やっぱりきれいですね〜
週末は花火も打ち上げられて周辺の道路は駐車場待ちで大渋滞します。


b0243727_20254839.jpg

苔の洞門をイメージしたというトンネル。
緑一色に写る(笑)


b0243727_2026342.jpg

支笏湖の魚たちが氷漬けになってる。
ヒメマスをくわえているブラウンの図式にう〜むと思うが、
怒られるからあえて書かない(笑)


b0243727_20282549.jpg

会場全体を見渡せる場所から。

日没直後なら背後に夕焼けも写ってきれいだけど、
そんな時間にはさすがにいくら近くても来れない。


b0243727_20295430.jpg

今年は展望スペースからの下りはらせん状になっている。
ん?なんかいるぞ(笑)


b0243727_20304399.jpg

氷の滑り台は子供達に大人気。
無限ループで遊んでる(笑)


b0243727_20314587.jpg

ステージかな?

う〜む・・・。

いや何でもない(笑)


寒いかと思って二人とも完全防備で行ったら-9℃ほどで全然寒くなかった。
道中の支笏湖線では-15℃だったのだけど、さすがに不凍湖の水辺はそこまで下がらない。

湖の水温は4℃くらいだろうか?
外気が低ければ4℃でもぬるま湯みたいなものですからね。
湖の周囲や海岸沿いが極端に冷え込まないのは水温の影響です。

その代わり全面結氷したり、海だと流氷に覆われたりすると、
一気に内陸型の気候になって冷え込みます。
支笏湖も数年前に全面結氷している。

綺麗だった〜♫
寒い時期ならではで美しさですね〜。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

話題は変わって、
昨日は二人でご飯を食べに出ました。
最近行くようになってすっかりお気に入りになったのが、
琴似の洋食屋

『あいねくらいねなはとむじく』さん♫

ここのハンバーグが超絶美味しくてすっかり中毒気味。
一口食べた時の僕らの恍惚の表情と言ったら(笑)
b0243727_2041410.jpg

ハンバーグステーキ300gセット 1100円
こちらは初めて食べた時のもの。
美味しくてペロッと食べたので昨日は400g行きましたが、全然余裕。

食事をしていて「ああ、もうなくなっちゃう・・・」って思うメニューってそうそうない。


b0243727_204394.jpg

相方ちゃんのハンバーグ&オムライスセット。
オムライスも美味いらしい♫

いやあ、本当に美味い。
こんなの食べたらビ◯クリ◯ンキーで食べられな〜い(笑)

また行こう♫
by yamakawawalk | 2016-02-03 20:48 | 街・イベント等 | Comments(6)

紅葉狩り 支笏湖

b0243727_207169.jpg

支笏湖北岸の馴染みの場所へ人力2輪で下ってきた。
ここもすっかり様変わりしてしまったけど、
紅葉の美しさは変わらない。

一般的な場所ではなくなって人の気配も無くなった。
対岸が紅葉ドライブでごった返してるなんて想像もできない静けさだ。
聞こえるのは波の音、風で騒ぐ木々の音、湖岸を歩く自分の足音。

打ち捨てられたままのぶっ壊れた建物以外は、
案外このままがいいのかもな。

ほとんど人が来ない静かな湖岸っていうのもあっていいじゃないか。


b0243727_20105397.jpg

ロッドを片手に幾度となく往復した馴染みの小径は先日の暴風による風倒木でさらにすごいことに。
移動時間はかつての倍以上かかるようになってしまった。
いずれこの小径も自然に還る。


b0243727_20131381.jpg

湖水の蒼さも変わらない。
なんだろうな、この安堵感とワクワク感の共存。
楽しい思い出が次々と蘇る。


b0243727_20142577.jpg

残念ながらマス狙いは北を通過中の低気圧に向かって吹き始めた南寄りの強風で湖面がシケだしNG
ま、そんなもんさ。

降り立った場所に戻ると主人のいないカヤックが一艘。

腹ごしらえをしながらふと想う。
「ここ、連れてきてあげたいな・・・」と。
相方ちゃん、帰りの激坂登れるかな?
でも「大丈夫♫」って言うだろうな^^
前向きでよろしい(笑)

いつか連れてきてあげよう♫
鍛えとけよ〜。

(。・ω・。)ノぁぃ♪(笑)


b0243727_20223733.jpg

b0243727_20224925.jpg

黄色や赤

もう直ぐモノトーンの世界へ。
寒くなるけど寒いのは嫌いじゃない。
冬は寒いのが当たり前。
楽しめばいいだけ。
ネガティブ思考は邪魔。必要ない。


b0243727_2029889.jpg

急に陽が陰った。
寒冷前線だな。
雨が落ちてくる前に戻らないとな。
激坂9km(笑)

右下の橋梁跡は札幌冬季オリンピック滑降コースへのアクセス路の橋跡。


b0243727_20312473.jpg

黄色いトンネルを軽快にダンシングで駆け上がる。
息が上がるけどなんだか妙に気持ちいい♫

また、来るね。
by yamakawawalk | 2015-10-18 20:38 | 風景 | Comments(0)

道央紅葉ドライブ

体育の日の休日、相方ちゃんと紅葉を見に行こうよう(笑)ということで、
道央周辺を周ってきました♫

b0243727_795942.jpg

「アルパカきました」の看板に誘われて赤井川の山中牧場に立ち寄る。
ここは馬やヤギウサギなどが飼育されていて、餌やりも体験できる。

アルパカのラッキーちゃん。
b0243727_7115562.jpg

「なんだばかやろう」的な表情に見える(笑)
この後車に戻ってもなぜだかずっと僕のことを見ていた(笑)

More
by yamakawawalk | 2015-10-14 19:28 | 風景 | Comments(2)

恵庭岳 2015/5/31

b0243727_6363541.jpg

恵庭岳に初めて登ってきました。

日曜の天気は朝から雨。
前日の天気図やGPVの予想を見る限り、
午後には雲がとれて好天になりそう。
雨後の好天だから空気も澄んで遠望が効きそうなので、近場の未踏の山ということで恵庭岳へ。


12時少し前はまだ写真のように山頂付近に雲がかかっていたけど、
天気予報を信じて11:45登山開始~♪

More
by yamakawawalk | 2015-06-02 21:14 | ~~~支笏・洞爺周辺 | Comments(8)

爪痕(追記版)

今日、まったりと携帯でGoogleの衛星写真を見ていたら、
恵庭岳周辺の衛星画像が最新になっていることに気づいた。

b0243727_17125570.jpg

恵庭岳山頂付近から奥潭に向かう土石流跡でごく最近の映像だということが分かる。
去年秋の集中豪雨による爪痕だ。

拡大してみよう。
b0243727_17143726.jpg

山頂部分で発生した土石流が、旧奥潭野営場付近まで達していることが分かる。
土石流の左上にある波状の痕跡は、札幌冬季五輪の際に伐採された滑降コース跡。
40年以上も経つが未だに痕跡が残る。

参考までに1974年時点での航空写真を。
b0243727_1144493.jpg

滑降コースがはっきりと分かります。
スキー場建設がいかに山林にインパクトがあるかという良い例です。
自分も学生時代まではゲレンデスキーをやっていたけど、
スキー場やゴルフ場のCMで「大自然を満喫!」って言われるとちょっと首を傾げたくなる。


奥潭温泉の旅館が湾洞の一番東奥にまだ確認できる。
オコタンペ川西岸のモザイク状の伐採跡も痛々しい。

これらの1974年時点での航空写真は、こちらで閲覧可能なので興味があったら一度見ることをオススメします。
原生林だと思っていた場所がガッツリ伐採されていたり、
今は見ることのできないダムに埋もれた集落、屈曲激しい自然のままの河川など、
大変興味深い資料になっています。
これを見ると「本当に手付かずの自然」っていうものは北海道でもごく一部だってことがよくわかります。

ページ左の写真1974~1978の左側にチェックを入れて縮尺を1/25000まで拡大すると航空写真版で閲覧できます。
北海道のすべての地点が見られます。
左欄下部の透過率スライダを動かすと現在の地形図が浮き上がるので、
比較してみると面白いです。

b0243727_17143799.jpg

奥潭にあるホテル跡の背後数100mまで来ていて、
更に土石流の広がりも広範囲になっている。
現在は営業していないが、
数年前まではキャンプ場の管理棟を兼ねて宿泊できるコテージもあったので、
仮に去年も営業していたのであれば宿泊者やキャンパーは大変恐ろしい思いをしたと思う。




b0243727_17143863.jpg

奥潭野営場の西側にはオコタンペ湖から支笏湖に注ぐオコタンペ川が流れているが、
インレット付近の地形変化見て驚いた。
河口部分は大きく扇状地状になっていて、さらに流れ出し部分が以前より数10m西に向きを変えている。
オコタンペ川インレットの西には大きく目立つ大岩があるのだけれども、
その西側に溜まっているおびただしい数の流木も写っている。

因みにこの流木を見て「ああやっぱりな」と思ったことが一つ。

オコタン西側の大岩付近には入水自殺者の遺体がよく打ち上げられると聞いたことがある。
湖流とオコタンペ川の流れの影響であの付近には浮遊物が滞留しやすいってことなんだろう。
そう考えると落下昆虫も溜まりやすいからドライフライで攻める場合には良いポイントということになる。
釣り人は皆大物を求めてこの付近で夜釣りをする。
僕は出来ないな。


旧奥潭野営場までは道々からの未舗装路がある。
ここ数年は道々との分岐地点でバリケードが張られていて進入不可になっていた。
それはともかく、その未舗装路にはオコタンペ川に架かる古い木橋があるはずなのだが、
どう見ても衛星写真には写っていない。
どうやら去年の集中豪雨で流出してしまったっぽい。
苔を纏った趣きのある思い出深い橋だったのだけど、流出してしまったのであれば残念で仕方がない。
あの近辺のオコタンペ川も湖からくる川ということで水位変化も少なく美しい流れだったのだが、
もうあの姿は見られないだろう。

2011年5月の奥潭湖畔から恵庭岳。
b0243727_17352422.jpg

写真奥の山頂付近から写真の建物の背後まで土石流が迫ったことになる。
恐ろしい・・・。

ここは釣りのベースとして支笏湖で一番安心して駐車できる場所だった。
管理人のおじさんがいい人で、更に有料だが駐車をすれば車上荒らし等の心配は皆無だったから。
それでも300円が惜しいのか道々の分岐点に停めて釣りをして被害にあったという話をよく聞いた。
「損して得とれ」ということを知らないらしい。

※後からよく見ると、建物の東側部分、棟続きだった建物が2つになっているように見える。
土石流が直撃して破壊されたのだろう。

今後この建物をどうするのだろうか?

オコタンペ川にかかる橋が流出してしまっては、取り壊ししたとしても廃材の搬出が出来ない気がする。
このまま朽ちるまで放置になるにしても、ここは国立公園内だ。
鉄条網まで張って立入禁止にする以前に建物の撤去が先ではないかと思うのだが。

マップを少し北側にスクロールするとオコタンペ湖があるのだが、
道々の展望台から見える入江付近にも土石流の跡がある。

ここの沢を伝って夏季に湖へ降りる人がいるが、
オコタンペ湖周辺は特別保護地域に指定されていて、
湖に立ち入ることは禁止されているのでご注意を。
ゴムボートやフローターを持ち込んで釣りなど言語道断です。
b0243727_17143843.jpg

この解像度と撮影時間(影の様子から正午頃かと思われる)の関係でハッキリしないが、
入江の一部が埋まっているように思う。

仮に湖岸で更に大量の地すべりが起きていたら、
地すべりで起きた波と、なだれ込んだ土砂の体積分の行き場を失った水が、
一気にオコタンペ川を流れ下って更に被害が拡大したと思われる。


そうなると心配なのが、オコタンペ川を最初に渡る道々の橋梁なのだが・・・
b0243727_1758848.jpg

どうやら橋梁自体は無事らしい。
しかし付近には土砂崩れを覆ったブルーシートや、土のう、工事車両などが写っているので、
少なからず被害があった模様。
元々奥潭で通行止めな袋路な上に、奥潭の施設も閉鎖されているため、
道が今後この道々を積極的に復旧するかどうかは微妙じゃないかと思う。
仮に直すとしても復旧工事の優先順位的には周囲の道路よりもかなり後になるだろう。



b0243727_17143643.jpg

更に北には漁川橋の復旧工事の様子も見られる。


南に戻って支笏湖の流入河川付近を見てみる。
b0243727_1843562.jpg

ニナル川。
意外にそれほど変わっていないか?
ここニナルには大昔は4WDなら車で湖岸まで降りられた。
そのことを覚えていたり知っている方ってどれくらいいるだろうか?

b0243727_1844738.jpg

美笛川河口。
おびただしい流木。
良かったですね、ストラクチャー(笑)が増えましたよ(笑)
しばらく根掛かり必至ですよ~ん(笑)



by yamakawawalk | 2015-01-25 11:31 | Comments(0)

夜の桟橋

b0243727_5585346.jpg

昼間は人で溢れた湖畔も、夜にはひっそりと静まり返っていた。

動きの早さ次第だけど、雲があっても悪くはないな。

2013年初秋 支笏湖幌美内
EOS5D MarkII



by yamakawawalk | 2014-06-15 06:01 | 星景写真 | Comments(6)

恵庭岳 Another Side

ったく、夜になると雲出たり雨降ったりするよね~。
そろそろ星空欠乏症ですよ~(笑

なんも撮れてないのでしばらく過去写真でごまかしますよ(苦笑

b0243727_15405641.jpg


編集だけして非公開で放置していた記事シリーズ。

初秋、美笛川の流れと支笏湖の波が創りだした溜まりに恵庭岳が映っていた。

上手な人はもっと格好良く撮るんだろうなぁ。


b0243727_851450.jpg

試しに天地ひっくり返して鏡面の向こう側を覗いてみた。
あっちの世界では風が強いのかな?
木の葉が舞っているようです。

そういや恵庭岳ってまだ登ったことないな・・・。
by yamakawawalk | 2014-05-21 19:27 | 風景 | Comments(12)

北海道的

b0243727_724267.jpg

b0243727_725681.jpg

牧草地に羊蹄山って言うだけで、
いかにも北海道的な風景になる不思議。
左手の白い山はニセコアンヌプリ。


b0243727_1119596.jpg

牧草地越しに昆布岳。
昆布岳の何処が不幸かって、
周囲に魅力的かつ有名な山が多いこと。
単独で見れば素敵な山なのに。

ただ、羊蹄山山頂から見下ろすと丘にしか見えないんだよな(笑)



オマケ。
b0243727_734123.jpg

洞爺湖には先日紹介した浮見堂のような陸繋島(りくけいとう)が2箇所あるのですが、
こちらがそのもう一つの陸繋島。

その名も「珍小島」。
三等三角点「珍小島」が設置されている陸繋島。
え?読み方?
そのまま素直に読んでください(笑)

北海道、天気悪いですね。
何しよう?
低山であそぶにもこの天気じゃ・・・。
by yamakawawalk | 2014-05-17 07:04 | 風景 | Comments(14)

UME Circle

b0243727_1502510.jpg

昨日終わりと書いた壮瞥公園の写真ですが、
一枚貼り忘れていました。

羊蹄山の上空が天極だったのでグルグルしました。

画質優先のために低感度+バルブでやったら星が薄いので失敗作。
月光が強い時は無理せずに比較明合成したほうが良いのかな?
あと、16mmなんだからもう少し長時間流したほうがいいですね。
甲斐性ないよなぁ(苦笑)



グルグルといえばこれ。
カイリー・ミノーグのPVですが、これを初めて見たときはかなり衝撃を受けました。

一周するたびに増えるカイリーよりも、周囲の方が気になる(笑)

星空のコンポジット(比較明合成)ってこんな感じとイメージしていただければ分かりやすいかと。
by yamakawawalk | 2014-05-15 21:06 | 星景写真 | Comments(4)

壮瞥公園 梅林の朝

b0243727_1755245.jpg


b0243727_17551730.jpg

11日朝の壮瞥公園。

駐車場で寝ていて起きた時のカメラマンの多さに唖然。
こんなに人が来るものなんだと驚かされました。

普段暗く人のいない場所で撮ることが多いので余計にびっくり。
三脚を立てて撮れるような場所はなかったので僕は手持ちで。

その後も来るわ来るわ。
人気の撮影スポットの雰囲気を体験するには良い機会でした。
いい経験になりました。

ここの風景は羊蹄山が見えているか否かでかなり印象が違ってくるでしょうね。
富士山の大きさ、優美さには劣りますが、羊蹄山も負けてないでしょ?
シュッとした富士山がサラブレッドなら、
ぽってりした羊蹄山は道産子って感じの山容だと思いませんか?
不思議と愛着が湧きます。

倶知安や喜茂別方面から見るともう少し整った形なんですけどね。
by yamakawawalk | 2014-05-13 21:21 | 風景 | Comments(10)