タグ:富良野・美瑛 ( 82 ) タグの人気記事

十勝岳 2014/04/26

十勝岳へ登ってきました。
先週の三段山に続き十勝連峰の山です。

本当の目的は星空を撮ることでした。
22時過ぎに現地に着いてそれからAM2:30まで星撮り。

今の時期に天の川を撮影しようとすると必然的に未明になります。
正直夜も短いし寝ないで走ったのでキツイですが、
月齢と週間天気予報を見る限り「今でしょ」状態だったのでちょっと無理しました。

その星景写真はあとにして、
せっかくなので登ってきた十勝岳を。
b0243727_19103644.jpg

天気は良いのですが、全体的に霞んだ一日でした。
出発前にチェックしていたpm2.5予測を見る限り微妙でしたが、まんまと予想通り。
(星撮りにはあまり影響がなかった。)

十勝岳山頂へ
by yamakawawalk | 2014-04-26 19:43 | ~~~十勝連峰 | Comments(4)

The way to Mars

b0243727_0421640.jpg

富良野市八幡丘のとある道にて。
この近くにある有名スポットへの道はまだ除雪がされてなかった(^^;;

ここは以前にも来て知っている道。
ロケハンなしで撮るときは、昔の行動が役に立ちます。
こうやって見ると光害も使いようですね。


この写真を撮っている時に画角の右手外側の視界にグリーンの光。
「遠くの車?」と思ったけどそれは夜空の中で移動してる。
気づいて間もなく一気に増光しながら流れて爆発的に発光後、
砕けてバラバラになり消えていった。

なんだろう?
こと座流星群の活動期だから火球クラスの流星かと思いましたがいろいろ辻褄が合わない。
途中からバラバラに砕け散った感じからスペースデブリ(宇宙ゴミ)の落下だったっぽい。
貴重な良い物見れました。
富良野周辺で視界の効く場所にいた方はかなりの明るさだったので見かけた方もいるのでは?
時間は4月19日の21:30頃八幡丘から見て西南西、芦別岳の方角です。


写真には写ってませんけどね(笑)


さて、これから某所へ行ってまいります。
もちろん天の川狙いで。
霞気味なので不安ですが、まぁなんとかなるでしょう。
寝る時間がなさそうですねぇ。
上手く撮れて無事に帰れたらupします(^^)
by yamakawawalk | 2014-04-25 20:09 | 星景写真 | Comments(4)

Spring Stars

b0243727_8222328.jpg

上ホロカメットク山周辺と春の大三角。

一番明るい火星の直下に位置するスピカと、
火星の真上のデネボラ、
人工衛星が写ってる近くのアークトゥルス(アルクトゥルス)の3つを結んで「春の大三角」
春のダイヤモンドはこの写真だとちょっとわからない。

人工衛星が写りすぎてウザイ。



b0243727_8262960.jpg

針葉樹を入れて。
今時期だから撮影できるような場所です。
夏はブッシュに覆われて近づくことすらできない。

アークトゥルスとスピカって本来オレンジと青白い色で相対するんですが、
上手く色が出ませんね。
この辺りはまだ勉強不足ですね。



by yamakawawalk | 2014-04-22 22:52 | 星景写真 | Comments(6)

十勝連峰完全制覇への道 完結編②

山頂に到着しても思ったより風もなく穏やか。
それでも氷点下で風が吹くと流石に体の熱が奪われるのでアウターを着込みます。
b0243727_1254546.jpg

さて、色々撮りますか。

山頂からの写真&下山編へ
by yamakawawalk | 2014-04-22 02:11 | ~~~十勝連峰 | Comments(10)

十勝連峰完全制覇への道 完結編①

昨年主稜線上の美瑛岳と十勝岳を踏んで、十勝連峰を完全制覇す!としたものの、
(記事はコチラ→十勝連峰完全制覇への道①
ちょっと引っかかっていたのが、白銀荘から単独で登る「三段山」。
他の山へ縦走ができないので足が向かなかったのですが、
ここは残雪期に登ってしまおうと思い、19日に登ってきました。

b0243727_5115290.jpg

白銀荘前に到着した時点での気温は-13℃。
桜が咲いていたり、すでに散ってしまった地方の方々にすれば、
にわかに信じがたい気温でしょうけどこれが現実です(笑)

この日は寒気が残った状態での晴天ということで特に冷え込んだようですが、
これで今年最後の氷点下二桁代の経験だと思いたい。
写真の山は前十勝です。


コーヒーを淹れ、パンとカップ麺を食べゆっくりしてから登ります。
1日好天の予想ですので急いでスタートする必要はありませんが、
快晴に輝く頂をみたら早く登りたくて仕方ありません。
(結果早立ちが正解だった)

駐車場のトイレは冬期間は開いていません。
白銀荘のトイレを借りるのですが、
借りた際は自販機で物を買うとかして協力しましょう。


それではスタート!

続きはコチラ。
by yamakawawalk | 2014-04-21 06:02 | ~~~十勝連峰 | Comments(8)

沈むダイヤモンド

b0243727_0213347.jpg

冬のダイヤモンドも日没後間もなく沈むようになりましたね。

19日(土曜日)は十勝連峰の三段山へ登ってきました。
朝から昼ころまでは素晴らしい天気で良い登山でした。
登山記はすぐに書けないので後ほどupします^^


三段山は昼に下山したので、凌雲閣の風呂に入ってお昼を食べ、
昼寝をしてから夕焼けと星を撮って帰宅。
本当は泊まりたかったけど、翌日にどうしても外せない用事が札幌であるので帰ってきました。

22:30すぎに月が昇るのでちょうどよかったかな?

尾根が何故か青く写る。
なんかあるな、と思っていたら帰りに車で通って納得。
カミホロ荘の駐車場にやたら明るい青い街灯があった。
肉眼では真っ暗なんだけど、拾っちゃうんですよね~。
ちゃんとロケハンしたんですけど、
まさかカミホロ荘の明かりまで影響するとは思わなかった。
ま、こっちの方角は”ついでショット”なんですけどね。

黄色っぽいのは凌雲閣駐車場のナトリウム灯。
奥の街明かりは上富良野と中富良野。
by yamakawawalk | 2014-04-20 00:31 | 星景写真 | Comments(4)

晩秋の美瑛

とうとう札幌も真っ白に。
週末に一旦溶けるとは思いますが、いよいよ来たなと言うのが実感です。
b0243727_2125268.jpg

心なしか市内は雪に音が吸収されて静かに感じます。
冬の夜のこの静けさが好きなんですよね。
北海道育ちだからかな?
早く「ギュッ♪ギュッ♪」って雪を踏みしめて歩きたいぞ。

------------------------------------------------------------

話は雪景色の札幌から遡って丸瀬布へ行った週へ戻ります。

大平高原で星を撮った後は再び北大雪トンネルを抜け、
上川のアンガス牧場周辺で星を撮り、朝は三国峠でも・・・。
なんて欲張りな計画を立てていましたが、流星が撮れた一枚でなんだか燃え尽きた(笑)

丸瀬布市街に下りて、道の駅で満足の爆睡??

ふと気づくともう朝だった。
b0243727_19475277.jpg

北大雪スキー場近くの山道にて。

さて、まっすぐ札幌へ高速道路で帰るのは面白くないので、
美瑛でも経由して帰りましょう。

晩秋の美瑛へ
by yamakawawalk | 2013-11-11 21:32 | 風景 | Comments(2)

天の川×マイルドセブンの丘

b0243727_992871.jpg

ありがちな感じですけど・・・。
人工衛星やら飛行機が飛び交い、近くの道を走る車のハイビームに畑を照らされるなど、
結構苦労させられました。

昨夜は中秋の名月。
思いっきり満月が輝いていて暫く満天の星空は無理ですね~。
せっかく天気が良いのに残念。
by yamakawawalk | 2013-09-20 20:45 | 星景写真 | Comments(0)

"X" Cross the night sky

b0243727_951168.jpg

地表に白っぽい霞が漂っていたので遊んでみた写真。
天の川とのクロスになるように。
露光中この体勢でじっと動かないでいるってのも結構キツイ。
この光は宇宙に届いてたかな?

10mほどの高さで光が途切れているので、
その上は霞が無かったってことでしょうか。

今はもう夜は寒くてこんな格好じゃ星撮りできないだろうな。
いまさらな感じで天気が良くなりましたが、今週末が満月なので暫くこんな星空は無理です。
今月頭の新月前後数日の天気が悪かったのが痛かった。
これから気温も下がり空気が澄んでくるので、10月以降の挽回に期待したいですね。




b0243727_21392445.jpg

照射しているライトは『FENIX LD20 premium r4
200ルーメンでやたら明るく、自転車の前照灯やキャンプ、ナイトハイク等に大活躍。
安心と信頼の不安と不信の某国製ですが(笑)
ここのライトのシリーズは秀岳荘にも置いてあります。

僕がこれに使ってるのは充電式電池。
光量の大きいマグライトはCR123Aとかを複数個使ってるものが多いですがこれは単3電池仕様。
購入当時は単3電池対応マグライトの中で一番明るい物でした。

充電式の単3電池だと初期投資だけでランニングコストは安く済みます。
夜中の行動が多い僕にはかなり重要な要素です。
ヘッデンの電池(単4)もエネループです。

仮に電池を忘れてもコンビニで手に入るってだけで安心できます。
by yamakawawalk | 2013-09-17 22:55 | 星景写真 | Comments(0)

五郎石の家&原始の泉&八幡丘赤い屋根の小屋

富良野岳へ登る前日、星空にはまだ早かったので
久々に麓郷の森へ行ってきました。

以前は石の家の撮影台までは無料で行けて、
家の内部を見学するのが有料だった記憶があるのですが、
入り口から有料(¥300)になったんですね。

b0243727_21374852.jpg

相変わらず画になるなぁ。
勝手に脳内BGMがかかります(笑)

♪うーうー うーうちゅるっちゅちゅるっちゅちゅー はぁーはぁあああ~♪

って方(わかんねぇか笑)
北の国からを見ていないと何のこっちゃか分からないとは思います。

ここまで来る途中の小道沿いに6問の北の国からクイズがあるんですが、
余裕で全問正解(笑)
あれは簡単過ぎるぞ。
もっとマニアックな問題くれ。
かなりの難問も解ける自信あるぞ。

b0243727_21413930.jpg

石の家脇の風車。

これ発電用じゃないんだな、井戸水汲み上げ用なんだよな。

おっと井戸水で思い出した。
近くなので翌日の登山用ジャグ2.5Lと持ち帰り用20Lジャグ×2に湧き水を汲んでいこう。
汲んだのはコチラ。
b0243727_17382037.jpg

ベベルイの原始の泉。
前富良野岳の湧水になるのかな?
麓郷からカミフに向かう山麓の長い直線道路沿いに入り口の看板があります。

以前は湧水が流れ出て小川になってる所に「クレソン」がたくさん生えていたのですが、
随分減っちゃいましたね。
まぁあんだけオバちゃんがワシワシ採っていたらなくなるわな。

ここ麓郷やベベルイ周辺には他にも湧水を汲めるスポットが数箇所あるので、
探索してみるのも面白いですよ^^

これで今回の山頂コーヒーは原始の泉仕立てだ^^

-------------------------------------------------


麓郷の近くには「八幡丘」という集落もあります。
「北の国から」を見ていればよく知っている地名かと思います。

八幡丘の富良野ゴルフ場近くにはこんな風景が。
b0243727_192742.jpg

八幡丘の「赤い屋根の小屋」

ここは普通に車を流して走ってると見つけにくい場所。
牧草地の中ほどが窪んでいて、赤い屋根の小屋がポツンと。
隣の松の木と奥のポプラが良い味出してます。

場所は説明しづらいのですが、
地形図を見て富良野ゴルフ場の西、標高441m地点付近です。

くれぐれも牧草地には入らないように。
公園の芝生ではありません。
牧草も大切な「作物」なんですよ。

b0243727_11125838.jpg

こちら同じ八幡丘の「春よ来いの一本の木」
起伏のある牧草地にポツンと立つヨーロッパトウヒの木です。

コチラは道路から良く見えるのですぐ分かるでしょう。
ここから少し麓郷へ向かったところが赤い屋根の小屋です。
「春よ来い」っていうか「春よ戻って来い」って言いたくなる暑い日でしたが(笑)

この辺は美瑛の〇〇の木周辺よりも静かでゆっくり廻れます。
若干他から離れているせいかも知れませんね。
by yamakawawalk | 2013-07-21 19:34 | 名水スポット | Comments(0)