タグ:富良野・美瑛 ( 83 ) タグの人気記事

避暑のカミホロ ”山キャンプ” ②

PM23:00

見覚えのない誰かにテントを揺すられる夢を見て目が覚めた(笑

「ねぇ、星出てるんだけど?撮らないの?」

って事かな?
入り口を開けて見上げると星は出てるみたい。
誰か知らないけど、起こしてくれてありがとう(笑

b0243727_20184479.jpg

※写真入れ替えました。

テントと十勝岳。
テントの上にはプレアデス。
フィルター無しなのにソフトフィルターを使ったように星が滲んで写っている。
恐らく高層を漂うPM2.5の影響だろう。

星空の状況はあまり良くありませんでした。
写真左手、美瑛方面から薄い雲が常に供給されていて、
その雲に麓の街明かりが拡散していて夜空全体にオレンジ色が付いてしまいます。
悪条件は覚悟していたのでショックはないですけど、
久々に新しい場所での撮影だったのでワクワクして挑んだのに残念です。

もう一枚、まともな方の一枚がありますがそちらはちょっとタイミング良くupしたいので別記事で。

数枚撮った後も状況が好転しないので、
テントに戻って再び夢の中・・・zzz


----------------------------------------------------------------

More
by yamakawawalk | 2014-08-04 21:14 | ~~~十勝連峰 | Comments(28)

避暑のカミホロ ”山キャンプ” ①

b0243727_18452594.jpg

カミホロカメットク山避難小屋テン場に避暑へ行ってきました。

本当は麓のキャンプ場で久々にマッタリソロキャンの予定でしたが、
ここのところの暑さで身体がへばっていたので山にテント上げました(意味不明笑

そっちのほうがキツくね?
と思うでしょうけど、北海道といえども麓でのキャンプは確実に暑い!
オマケに夏休み中ですので、静かな大人のキャンプを楽しむには厳しい季節です。
だったら山でしょ!
ってのが山屋なら当たり前(?)の思考。

なんやかんやザックに突っ込んだら、
今季最大重量の25kg!(笑)
ここ最近ダルダルな体調なのにもうアホかと・・・。
完全に山ジャンキー・・・。

いったい何故そんなに重くなったかは追々・・・。

カミホロのテン場は登山口からそんなに遠くないので、
涼しい山上の風を求めてレッツゴー♪

More
by yamakawawalk | 2014-08-03 20:42 | ~~~十勝連峰 | Comments(18)

Paradise

b0243727_1934497.jpg


美瑛の夜景を見下ろす標高1600mのテン場。

あの光の中には様々な生活がある。

光の中の人の多くは、こんなところに数人集まって夜を過ごしているなんて想像もしないだろう。

ちょっと特別な存在になれた気分。

また、

テント背負って楽園へ行ってこよう。
by yamakawawalk | 2014-07-02 22:49 | 星景写真 | Comments(6)

オプタテシケ山 2014  【Day-2】

b0243727_21372214.jpg

美瑛岳のモルゲンロート。

前夜星撮りを終えてシュラフに潜り込み、
朝、隣人の話し声に起こされて外へ出ると、好天のまま夜が明けていました。

早速カメラを首からぶら下げて稜線まで朝の散歩。
風は夜と違って少し強めに西寄りで吹いているから、
麓の気温が上がったら恐らく各頂上には雲が湧くと思い、
早めに朝食を摂ってオプタテシケ山頂へ向かうことにしました。

More
by yamakawawalk | 2014-06-24 21:42 | ~~~十勝連峰 | Comments(12)

オプタテシケ山 2014  【Day-1】

b0243727_6265320.jpg

十勝連峰の北の端に鎮座する標高2012mの「オプタテシケ山」
アイヌ語で「槍がそこにそりたっている山」だそうです。
写真中央がオプタテシケ山(2013年7月撮影)。

どっしりとして広く裾野を広げ、頂上付近は荒々しい岩場が見れます。
裾野から一気に標高を上げる山容のため、
実際に登ると頂上付近の高度感と切り立つ西壁が素晴らしい山です。

そんなオプタテに前回登ったのは2012年の秋。
その時は日帰りでしたが山頂までの距離が長いのでなかなか手ごわい山です。
2012mなのに2012年に「標高年」と騒がれなかったのは、
登るのがキツイからでないかと(笑。
個人的な印象だと、日帰りの場合はニペソツ山よりもずっとキツイです。

実際に登山口からほぼ中間点になる美瑛富士避難小屋まででも片道6kmの道のり。
その後オプタテまで、石垣山、ベベツ岳(上の写真右手の2つポコ)の2山を越えて縦走しなくてはなりません。
白金の涸沢口からの登りは北海道の登山標高差ランキング6位(1382m)です。
(1.利尻山、2.トムラウシ山、3.羊蹄山、4.羅臼岳、5.芦別岳)


b0243727_214693.jpg

こちらが登山口。
駐車場は奥にあって駐車後に歩いて戻る形で登山口。
登山口までの林道(舗装路)入り口はナンバーキーで施錠されていますが、
上川森林管理署美瑛事務所へ問い合わせすると教えてくれます。

よくゲートの鍵番をブログなどに書いてしまっている方がいますが、
車から長時間離れるので防犯上やめて欲しいです。
番号が変わっている場合もあるので、
不確実な情報を当てにせず必ず事前に関係機関に問い合わせをしてください。

白金温泉についた頃は温泉街でも霧でしたが、いきなり晴れて青空に。
天気が悪くて落ち込んでましたが、
急に元気になったので早速登ります。

More
by yamakawawalk | 2014-06-23 21:21 | ~~~十勝連峰 | Comments(10)

青空欠乏症

b0243727_22222855.jpg

11日連続降雨の札幌・・・
b0243727_22224399.jpg

オセロの石が白から黒へと順に変わるように・・・
b0243727_22225677.jpg

見る度に雨の日が3日後までになってる週間天気予報・・・

青空、どこいった?
北海道のソラ、帰って来い。



b0243727_22234918.jpg

こっちも・・・。
夏の大三角、織姫と彦星。
EOS 5D MarkII + EF24mm f1.4 L II USM


今後の天候回復への願いを込めて・・・
by yamakawawalk | 2014-06-16 22:27 | 風景 | Comments(7)

北海道的 Ⅱ

b0243727_1194067.jpg

北海道も陰鬱な天気が続いていますので、
せめて画像だけは明るく清々しく・・・。
てるてる坊主の代わりに、スカッと爽やか青ゾーラ(笑)

丘を越える標識も電線もない道。
丘の向こうから現れる物は何をイメージしますか?

僕は二人乗りのママチャリ。
自転車の二人乗りはダメですけどね(苦笑)

今年もこんな夏が来ますように。

2013年7月 富良野市八幡丘。


by yamakawawalk | 2014-06-09 06:00 | 風景 | Comments(11)

夜の青い池

b0243727_11222654.jpg

夜の美瑛「青い池」
去年秋に撮った写真。
ココに夜訪れたのはこの時が2回目だったのですが、
この時は”通ったついで”だったので、
時間調整もしていないから天の川の位置がダメでボツにした写真です。
久々に5DIIの星写真を現像したけど、やっぱり厳しい。
特にシャドウ部が。

因みにこの時は撮っていて何かの気配を感じた(怖
特にこれを撮った一番奥の砂防脇の広場。
何だろう?鹿?熊?それとも・・・。
星を撮りたい人はいいですけど、そうでなければ夜のココはあまりオススメしません。
歩いてもほんの300m位ですけどね。


6月になると北海道は夜がめちゃくちゃ短い。
薄明が終わったと思ったらすぐ薄明です。
オマケに日中は山登りだし・・・。
さすがに体がキツイです。

でも寝るわけにはいかない。
だって、寝てしまったら君との時間を無駄にしていしまうから(笑)

今時期にピッタリな良い歌詞だ(笑)
by yamakawawalk | 2014-05-18 11:19 | 星景写真 | Comments(6)

Galaxy over "KAMIHORO" II

b0243727_5392028.jpg

上ホロカメットク山を中心に天の川アーチ。
富良野岳の左手にアンタレスを含むさそり座。
三段山崖尾根上空にベガ(こと座)・アルタイル(わし座)・デネブ(はくちょう座)が描く二等辺三角形の夏の大三角。

クリックして拡大してください。
by yamakawawalk | 2014-05-01 20:21 | 星景写真 | Comments(4)

Galaxy over "KAMIHORO" I

十勝岳に登った日の未明は凌雲閣奥の雪原に再び立って星空を撮っていた。
なぜこの時間かというと、前の週だと月に邪魔されて撮れなかった南天に広がる天の川が撮れるから。

前回ここで撮った時に方角をチェックし、これは良いのが撮れると確信。
実はそんなことを考えていた時、あそこだったらもっと・・・。
って場所に気づいてしまった。
思いついたが百年目(笑)
実行せずにはいられない面倒な性格故、妄想とテンションだけが上がっていた。

しっかり準備をして来たんだけど、
いざ向かう段になって、珍しくビビった(笑)
少し前に友人から十勝岳避難小屋付近でヒグマの痕跡アリとの情報を聞いていたのも手伝い、
余計に躊躇してしまう。
ここ、歩くつもりだったのかよ・・・2時間も・・・。

僕にはちょっとだけ勇気が足りなかったらしい。
んで結局無難なここにした。
前週と同じような写真になるよなぁと思いながら。


b0243727_9462797.jpg

安政火口と上ホロカメットク山周辺と天の川。
先週に比べると雪がかなり溶けたのがわかります。
雪解けとともに雪原も濁っちゃいましたね

b0243727_9464318.jpg

天の川を見上げる親子松(?)


b0243727_9534038.jpg


事前のPM2.5予測では南西の風に乗って北海道に直撃の予報。
いつも星撮り条件の目安にしているのが街路灯下の明かり。
ここが傘状に光が拡散していたら空気の透明度が低い証拠。
この夜も麓は軒並み霞んでいたんだけど、
さすがに標高1300mは伊達じゃなく、麓よりはだいぶ霞が少なくて良い意味で裏切られた。
来てみるものですね。
撹拌した泥水と一緒で低いところに滞留するんだろうか?
by yamakawawalk | 2014-04-30 19:51 | 星景写真 | Comments(6)