<   2015年 08月 ( 14 )   > この月の画像一覧

キノコ始まりました。

最低気温が15℃前後の日が続いてそろそろかと思い行ってきた。

b0243727_631492.jpg

こんな松林を徘徊して・・・


b0243727_631214.jpg

怪しげなモッコリ発見。
これくらい目立っているのは中級レベル。
この山に関してはもはや頭を出している個体を探していたら1本も採れないと思った方がいい。



b0243727_6312347.jpg

ほら入ってた。


b0243727_6312690.jpg

掘るべし掘るべし。


b0243727_6312970.jpg

はい、ゲット〜。

って感じで採る。
上の4枚は昔の写真を使いました。


んで今回は??
b0243727_6311398.jpg

ほい。
680g
今時期の北海道産は築地でキロ10数万の値がつく。
写真の中で傘が土から出ていたものは2本。
あとはすべて土の中。
それを見つけるには経験とコツが必要だ。

広い山林の中で完全に埋没しているキノコを探す難易度を想像できるでしょうか?
場所を聞いただけでポロっと来ても採れる代物じゃない。

よく北海道産は本物でないんでしょ?
って嘯く方がいますが〜
偽物に築地市場がそんな値段つけるわけありませんし、
実物を見て、香りを確かめれば正真正銘本物だってわかるはずです。

一説によると現在の生産量1位は岩手県?らしいですが、
隠れ1位は北海道らしいです。
今月下旬に日高地方で大量に採れ出すと価格も一気に落ちるらしいです。


b0243727_6311465.jpg

てんぷら、素焼き、炊き込みご飯、すき焼き。
食べ方のバリエーションはそれほど多くないし、
僕個人的にはそれほどおいしいとは思わない(笑)

なぜ採りに行くかといえば、
すべての山菜採りキノコ狩りの中で圧倒的に採るのが楽しいから!
こんな楽しいキノコ狩りは他にありません。


ただしある程度採れるって前提ですけどね。
ちなみにこの日周囲の方々は一人当たり2、3本ってところでした。

行けばわかりますが、
ラッキーでは採れないんです。

採ってきた本数=経験となって蓄積していますから、
キャリア15年は伊達じゃないです。

15年で1000本は採ってますからね〜。

もう2週通うぞ〜。
今年は何本いけるかな??
by yamakawawalk | 2015-08-31 06:51 | 木・植物 | Comments(4)

夢の家

b0243727_19451328.jpg


星空の下で暮らす♫
夢のような家。


《 深川市 イルムの丘 季の窓にて 》
by yamakawawalk | 2015-08-27 19:45 | 星景写真 | Comments(0)

大雲海の雲上散歩   愛山渓〜比布岳 2015/8/23

b0243727_7303592.jpg


愛山渓温泉から比布岳まで登ってきました。

前夜深川では星空だったのに、
朝、愛山渓倶楽部駐車場で目覚めた時は曇天。
晴れ予報だったし、GPVの予報もそれほど悪くはなかった。
高気圧の圏内だから山の上は晴れているだろうと算段して6:30スタートです。

More
by yamakawawalk | 2015-08-25 21:44 | 登山 | Comments(8)

愛山渓温泉から比布岳  

b0243727_2347185.jpg

愛山渓温泉から比布岳まで歩いてきました。
麓は曇りだったので心配しましたが上は良い天気で風景を楽しむことができました。

続きは後ほど♫
by yamakawawalk | 2015-08-23 23:49 | 登山 | Comments(4)

カムイの星

ランタンの灯りから離れて夜空を見上げると満天の星。
昼間あんなに曇っていたのにいきなり星空になってびっくり。

早速三脚を担いで撮影へ。
b0243727_7193367.jpg

神威岬公園下に降りる階段より。
神威岬と北斗七星&北極星。
神威岬灯台の灯がサーチライトのように沖を照らす。
フィルター使うべきだったかな?



b0243727_7193657.jpg

ここ、風景は良いのだけど、
星景となると微妙な要素が一つある。
すぐそばになる「北オホーツクトンネル」入り口に並ぶナトリウム灯だ。
全部で6灯あってその影響が大きく、ナトリウム灯まで見通せる範囲は全てオレンジに染まってしまう。

フォトショでオレンジを抜いたり彩度を落としてごまかせるけど、
今回はあえてそのままで。


b0243727_719406.jpg

このエリア(というよりオホーツク全般)は南天の天の川を海岸地形と絡めるのはほぼ不可能だ。
これはこれで良いんですけどね。

写っている線は流星じゃなく人工衛星です。
by yamakawawalk | 2015-08-20 00:57 | 星景写真 | Comments(0)

2015 お盆 in オホーツク

今回のお盆、天気が良ければ登りたい山があったのですが、
スッキリしない予報だったのでキッパリ諦めて、
一昨年まで毎年行っていた、北見神威岬公園でのまったりキャンプにすることに。

最初にお断りしますが、
ひたすら食っちゃ寝、食っちゃビールでしたので気の利いた写真はありませんので悪しからず(笑)



b0243727_1947697.jpg

キャンプ地。
僕らはいつもこの周辺に陣取る。
毎年同じ人に会うので、すっかり有名な団体になっているらしく、
去年見たくたまに他の場所に浮気すると、
「札幌からのアイツらどうした?」ってなっているらしい(笑)

もうひと張りスノピのテントがある予定だったけど、
急用で来れなくなって3張り。

More
by yamakawawalk | 2015-08-18 21:03 | キャンプ | Comments(0)

ペルセ群 in 函岳 

お盆休みの初日は、札幌市内でキャンプの買い出し。
御墓参りは少し前に相方ちゃんと2人で済ませていたので、
1日かけてしっかり準備して出発。


出発前にお仕事中の相方ちゃんに会って差し入れをいただき、
R275を通って一路道北へ。

北見枝幸へは275号から朱鞠内経由で美深に出て、
音威子府村咲来から歌登に抜けるのが最短ルートです。

道中275号のお盆限定休日ドライバーのヘンテコ運転にイライラしながらも、
予定より早く美深に到着。
ここから素直に行かないのが僕(笑)


ちょうど星空だったので美深歌登スーパー林道から函岳に寄って星景撮影をすることに。
翌朝そのまま歌登に抜ける。



b0243727_522192.jpg

函岳山頂。
山頂まで車で登れる。
27kmという長いダートを走らなければならないけど、
路面は荒れていなくて乗用車でも問題ない。

山頂部には気象レーダー施設があって、前々からここで星景を撮りたかった。



b0243727_5213228.jpg

南天は名寄の光害が若干影響するも、
周囲よりも高い位置にあって麓まで見通せるから、
星空の広がり方が独特。
目線より低い位置まで星が見えるのがたまらない。
宇宙に浮いているようです。

白雲のテン場の方がすごい星空だけど、あちらは周囲も高いから
アイレベルより下に星が見えるなんて体験はできない。

b0243727_522493.jpg

雨量レーダーだとか。
函岳の山頂標識側に回ると、低周波音が響いていてちょっと不気味(笑)
北海道本土で最北の1000m越えの山で標高は1129m
周囲は森林限界を超えていてハイマツが広がっている。
たまに風に乗って獣臭がしてくるけど気にしない気にしない(笑)
たぶん狸だろ。


EOS6D + SIGMA24mm f1.4
ISO3200 f1.4 15sec

やっぱりこのレンズは優秀。
解放だけど周辺減光以外は素晴らしい。
コマ収差も気にならないレベル。
周辺減光はLR4で補正しています。


お盆と言えば毎年恒例のペルセウス座流星群
13日の未明が極大だけど、その前後もダラダラと見られる。
ペウセウス座は"W"のカシオペア座の隣。
輻射点のペルセウス座が見える北東方面にカメラを向け固定して流星を狙う。

16mmだと写る範囲が広いから捉えやすいけど、
どうしても長いもの以外は小さくしか写らないから、
確率は減るけど24mmで狙う。

あとは流れる位置は神のみぞ知る(笑)



b0243727_5223816.jpg

レーダーサイトと北天。
北の天の川周辺は派手ではないけど星数が多く写って好きです。
右上にアンドロメダ星雲。
レーダーサイト右手にプレアデス星団。

アンドロメダの右下に流星の端っこが写った(笑)
この流星はかなりゆっくり長く流れてくれたけど、残念ながらフレームアウト(笑)

かなりの数が流れていて、
流星群のピークほどではないけど、割合からして5分に1個以上は確実に流れている。
明るく長いものも多くて観測だけであればかなり楽しめた。
撮影となると運も左右するわけで・・・。


b0243727_5221377.jpg

んで捉えた。
(トリミングしています)

レーダーサイトの左に明るい流星が一筋。

この後間も無く雲が広がり撮影は強制終了。


クマの出そうな駐車場にテントを張って朝まで寝ました(笑)
by yamakawawalk | 2015-08-17 06:00 | 星景写真 | Comments(8)

北へ

b0243727_925895.jpg

b0243727_931161.jpg


天気がイマイチ安定しないので予定していた山はキャンセル。
急いで仲間に連絡を取り、お盆の僕らの定番ベースキャンプで


釣り
キャンプ
昼間っからのんだくれ(笑)
へ予定変更しました。
↑重要度別に大きさが違う文字(笑)

ここには去年行かなかったので2年ぶりになります。
久々の風景と潮の香りを楽しんできます。

これだけを見てどこかわかったら相当あちこち行ってる方か、
相当ディープなyamakawawalkファンですね(笑)

日曜に帰ってきます。

それでは良いお盆休みを!


by yamakawawalk | 2015-08-13 09:15 | 風景 | Comments(0)

月下の海岸

b0243727_21555548.jpg

弁慶岬から連なる山々は「月越山脈」

島牧村の東はずれに”歌島”という集落があって、
そこから月越山脈上の電波塔群まで続く道があります。
路面は砂利になったり簡易舗装になったり。
入り口がちょっとわかりにくいのですが、
登るにつれ眺望が開けて島牧の海岸線を一望する良い景色が広がっています。
一番奥の山塊が翌日に登った狩場山です。


この夜はほぼ満月の月明かりで良い雰囲気の写真が撮れるかな?と、
車を山の上に走らせました。
b0243727_10423100.jpg


ちなみにこの前日はブルームーン。
ブルームーンといっても月が青いわけではなく(笑)
ただ単純にひと月に2度満月がある2回目のことです。


b0243727_10431029.jpg

こちらは寿都町樽岸。


寿都湾は波が穏やかなので牡蠣の養殖なども行われています。
季節風の吹き荒れる厳冬期でも西側に山があるこの付近は凪ていることが多いです。
島牧方面が西や北西風でシケていて釣りにならない場合の逃げ場ですね。

その代わり長万部からここ寿都湾までの黒松内低地帯は、
太平洋〜日本海を目立った山がなく風がそのまま抜けるため、
日本海沖に向かって吹くダシ風の強いところとして有名です。
春の釣りの際にここを車で走ると強風で走行中の車が横揺れするほどです。
その証拠として湾奥の海岸には風力発電が数基設置されています。

「風のまち」寿都たる所以です。
by yamakawawalk | 2015-08-11 21:01 | 風景 | Comments(2)

モッタ海岸温泉

賀老高原から海岸に下ってきて、すぐに温泉に向かいました。
島牧の山も山菜採りの経験上ダニー率の高い山だから気になって仕方がない。


島牧村元町からせたな方面へ国道を左折、
10数㎞ほど走った栄浜に目的の温泉があります。


b0243727_117996.jpg

モッタ海岸温泉
あんまり知らないでしょう?
島牧って地味に温泉のある村なんです。
ここの他に「千走(ちはせ)川温泉」「宮内(ぐうない)温泉」などがあって、
以前は元町江ノ島トンネル脇に「漁火温泉」何て言うのもありました。

この温泉の先せたなとの町境の岬は茂津多(もった)岬です。

b0243727_1171217.jpg

着いたら昼間のせいか暑いせいか、貸切♫
¥500払って入浴〜。



b0243727_117165.jpg

但し書き
やっぱ源泉100%かけ流しが最高。
温泉って言っておきながら塩素臭がしたら萎えますもんね。



b0243727_1165521.jpg

内湯1、露天1の構成で広くはないが、
ここの温泉で特筆すべきはその泉質。
天然ラジウムの含有量が道内一、国内でも有数レベルだそうです。
いわゆる放射能泉です。
300nSv(ナノシーベルト)のラジウム放射線量だとか。

ラジウム泉といえば有名なのが隣町長万部町の二股ラジウム温泉ですが、
その二股ラジウム温泉の倍だそうですよ。



b0243727_1172397.jpg

内湯の床には温泉成分の凝固した凸凹が。
天然の青竹踏み(笑)

えーっと注意書きに滑るとありましたが、
僕は、床、滑らないと思います(笑)


b0243727_1171920.jpg

露天風呂♫
日本海を眺めながら浸かれる幸せ♫
いい景色だと立ち上がると国道から丸見えですが(笑)

左手奥の海上に見える船舶は小樽から新潟か舞鶴へ向かう新日本海フェリー。

何℃くらいかなぁ?41℃くらいの若干熱めの湯で、気持ちいい。
島牧に釣りにきていた時はよく入っていました。

玄関にいた温泉犬(えす君だったかな?)が見当たらなかったけどどうしたのかな?


汗を流してお湯に癒された後、
たくさん頼まれた鮭とばを15袋(¥7500(笑))を買って帰宅しましたとさ。
by yamakawawalk | 2015-08-10 19:33 | 温泉 | Comments(0)