<   2014年 04月 ( 21 )   > この月の画像一覧

Galaxy over "KAMIHORO" I

十勝岳に登った日の未明は凌雲閣奥の雪原に再び立って星空を撮っていた。
なぜこの時間かというと、前の週だと月に邪魔されて撮れなかった南天に広がる天の川が撮れるから。

前回ここで撮った時に方角をチェックし、これは良いのが撮れると確信。
実はそんなことを考えていた時、あそこだったらもっと・・・。
って場所に気づいてしまった。
思いついたが百年目(笑)
実行せずにはいられない面倒な性格故、妄想とテンションだけが上がっていた。

しっかり準備をして来たんだけど、
いざ向かう段になって、珍しくビビった(笑)
少し前に友人から十勝岳避難小屋付近でヒグマの痕跡アリとの情報を聞いていたのも手伝い、
余計に躊躇してしまう。
ここ、歩くつもりだったのかよ・・・2時間も・・・。

僕にはちょっとだけ勇気が足りなかったらしい。
んで結局無難なここにした。
前週と同じような写真になるよなぁと思いながら。


b0243727_9462797.jpg

安政火口と上ホロカメットク山周辺と天の川。
先週に比べると雪がかなり溶けたのがわかります。
雪解けとともに雪原も濁っちゃいましたね

b0243727_9464318.jpg

天の川を見上げる親子松(?)


b0243727_9534038.jpg


事前のPM2.5予測では南西の風に乗って北海道に直撃の予報。
いつも星撮り条件の目安にしているのが街路灯下の明かり。
ここが傘状に光が拡散していたら空気の透明度が低い証拠。
この夜も麓は軒並み霞んでいたんだけど、
さすがに標高1300mは伊達じゃなく、麓よりはだいぶ霞が少なくて良い意味で裏切られた。
来てみるものですね。
撹拌した泥水と一緒で低いところに滞留するんだろうか?
by yamakawawalk | 2014-04-30 19:51 | 星景写真 | Comments(6)

春、札幌上陸~♪

b0243727_16474185.jpg

b0243727_16475536.jpg

b0243727_1649767.jpg

今日のお昼、大通公園。

例年より早い気がします^^
こういうの撮るの苦手・・・。
by yamakawawalk | 2014-04-29 16:53 | 木・植物 | Comments(10)

沈む故郷

b0243727_60210.jpg

美瑛・富良野方面への行き帰りにいつも通る国道452号と道々美唄富良野線。
札幌人には道央道三笠I.C→富芦トンネル経由が凌雲閣、望岳台への最短最速ルートです。
年間通じてR230の中山峠と双璧をなす通行頻度が高いルートです。
早く戻ってきたので今回はすぐに三笠から高速に乗らず、
久々に桂沢湖畔から左に折れ、夕張方面へ抜けてみました。


夕張シューパロダムのそばを通る。
多くの方がドライブ中に立ちよって写真を撮っていました。
奥の台形の山は夕張岳です。
夕張岳は一昨年に一度だけ登っています。

夕張シューパロダムは現在、堤体が完成し試験湛水が行われています。
試験湛水はとりあえず一旦満水にして水漏れ等が無いかチェックする作業だそうです。
雪解け水の多い春先に行われることが多い気がします。
試験湛水が行われているうちはまだ「完成」ではありません。

完成後は湛水面積日本第2位、総貯水量日本第4位の大人造湖になります。
湛水面積1位は北海道の雨竜第一ダム(朱鞠内湖)です。
旧大夕張ダムはダムサイトごと水没します。
ダムサイト際の堆砂ってどんな感じになるんだろう?
旧ダムが砂防みたいな役目を担うのか??




b0243727_654531.jpg

ダムの巨大化とともに鹿島という地区も湖の底へ。
b0243727_662576.jpg

大きな樹木以外は伐採せずに沈めてしまうのだろうか?
春の日差しに誘われて芽吹き始めた木々も水没しつつあります。
一応木々も生き物なんだけどな。
b0243727_663817.jpg

僕は札幌生まれで札幌育ち。

都会に住んでいて便利な生活を享受しているとイメージが湧きませんが、
郷里が湖底に沈むということはどういう気持なんでしょうか・・・。

多くの子供達が学び遊んだ校庭や野原がまもなく沈みます。



b0243727_6105686.jpg

こちらは夕張岳登山口へ向かう林道への新橋。
まだ通れないようです。
今年は林道が通れればいいけど・・・。



b0243727_612198.jpg

その林道への橋、新旧比較。
当然のように旧橋は湖に沈みます。



おまけ。

帰りは清水沢から右折して札夕線を通った。
この道は小さな町を2箇所通過するので信号も多く嫌いなのであまり走りません。
その札夕線の”ゆにガーデン”近くを流れる有名な?川。
b0243727_6155310.jpg

この先の登りから下りに差し掛かるあたりにいつもレーパトが待ち構えているので、
やりきれない気持ちにならないよう安全運転で(笑


本日、さすがにタイヤ交換しました。

これから親戚の元お偉い方が亡くなったので親父を乗せて岩内に行ってきます。
僕は参列しないので神恵内に行ってキャンプ用の珍味をゲッツしてついでになんか撮ってこよう。
by yamakawawalk | 2014-04-28 13:10 | 風景 | Comments(10)

一 閃

b0243727_4573359.jpg

現地に到着してから天の川が撮影対象になるまでの間、
Time Lapse用に撮影していた中の一コマに写っていた流れ星。
(クリックで拡大します)
こと座流星群の残り?か、みずがめ座η群の始まりかはわからない。

ベガからデネブに向かって長く流れたからこと座群かな?
結構大きい流星だったんだろうな。
15秒露出の前後コマには全く写っていないので間違いなく流星です。
流星を捉えようと思ったら、射出点付近に広角レンズを向けて連写放置が一番手っ取り早い。

2時間くらい放置していれば「◯◯群」って夜なら一つは写るでしょう。
あとでそのjpgをつなげて微速度動画にすれば良いわけだし。
(僕はRAW撮りですが)
ただし、その間は構図の変更も含めて何もできない。
夜の短い今時期ならそれだけで一晩消化しちゃいかねません。
上手く行けばいいけど失敗したらその晩がまるまる無駄になるリスクも有ります。
同じシステム(三脚、カメラ、レンズ)を二組以上持ち込めば簡単に解決しますけどね(苦笑




作った動画はコチラです。
流星痕っぽく見せたかったので若干残像を残す設定で作りました。


相変わらず人工衛星が多い中、最初の写真を含めて幾筋か流れ星が写っています。
youtubeの画質でどれだけわかるか微妙ですが、
できれば高解像度+全画面表示版で探してみてください。
歯車マークで解像度変更ができます。
立ち上がっていく天の川の様子もわかるかと思います。

カメラの場所まで車から歩いて往復20分程なので、
誰も来ないだろうと三脚+カメラを放置で車で寝てた。
だから流れ星は1つも肉眼では見ていません(笑)

この長さで約2時間分です。
フレームレート13fps+55%残像設定の比較明動画。
by yamakawawalk | 2014-04-27 19:27 | 星景写真 | Comments(10)

十勝岳 2014/04/26

十勝岳へ登ってきました。
先週の三段山に続き十勝連峰の山です。

本当の目的は星空を撮ることでした。
22時過ぎに現地に着いてそれからAM2:30まで星撮り。

今の時期に天の川を撮影しようとすると必然的に未明になります。
正直夜も短いし寝ないで走ったのでキツイですが、
月齢と週間天気予報を見る限り「今でしょ」状態だったのでちょっと無理しました。

その星景写真はあとにして、
せっかくなので登ってきた十勝岳を。
b0243727_19103644.jpg

天気は良いのですが、全体的に霞んだ一日でした。
出発前にチェックしていたpm2.5予測を見る限り微妙でしたが、まんまと予想通り。
(星撮りにはあまり影響がなかった。)

十勝岳山頂へ
by yamakawawalk | 2014-04-26 19:43 | ~~~十勝連峰 | Comments(4)

The way to Mars

b0243727_0421640.jpg

富良野市八幡丘のとある道にて。
この近くにある有名スポットへの道はまだ除雪がされてなかった(^^;;

ここは以前にも来て知っている道。
ロケハンなしで撮るときは、昔の行動が役に立ちます。
こうやって見ると光害も使いようですね。


この写真を撮っている時に画角の右手外側の視界にグリーンの光。
「遠くの車?」と思ったけどそれは夜空の中で移動してる。
気づいて間もなく一気に増光しながら流れて爆発的に発光後、
砕けてバラバラになり消えていった。

なんだろう?
こと座流星群の活動期だから火球クラスの流星かと思いましたがいろいろ辻褄が合わない。
途中からバラバラに砕け散った感じからスペースデブリ(宇宙ゴミ)の落下だったっぽい。
貴重な良い物見れました。
富良野周辺で視界の効く場所にいた方はかなりの明るさだったので見かけた方もいるのでは?
時間は4月19日の21:30頃八幡丘から見て西南西、芦別岳の方角です。


写真には写ってませんけどね(笑)


さて、これから某所へ行ってまいります。
もちろん天の川狙いで。
霞気味なので不安ですが、まぁなんとかなるでしょう。
寝る時間がなさそうですねぇ。
上手く撮れて無事に帰れたらupします(^^)
by yamakawawalk | 2014-04-25 20:09 | 星景写真 | Comments(4)

Spring Stars

b0243727_8222328.jpg

上ホロカメットク山周辺と春の大三角。

一番明るい火星の直下に位置するスピカと、
火星の真上のデネボラ、
人工衛星が写ってる近くのアークトゥルス(アルクトゥルス)の3つを結んで「春の大三角」
春のダイヤモンドはこの写真だとちょっとわからない。

人工衛星が写りすぎてウザイ。



b0243727_8262960.jpg

針葉樹を入れて。
今時期だから撮影できるような場所です。
夏はブッシュに覆われて近づくことすらできない。

アークトゥルスとスピカって本来オレンジと青白い色で相対するんですが、
上手く色が出ませんね。
この辺りはまだ勉強不足ですね。



by yamakawawalk | 2014-04-22 22:52 | 星景写真 | Comments(6)

十勝連峰完全制覇への道 完結編②

山頂に到着しても思ったより風もなく穏やか。
それでも氷点下で風が吹くと流石に体の熱が奪われるのでアウターを着込みます。
b0243727_1254546.jpg

さて、色々撮りますか。

山頂からの写真&下山編へ
by yamakawawalk | 2014-04-22 02:11 | ~~~十勝連峰 | Comments(10)

十勝連峰完全制覇への道 完結編①

昨年主稜線上の美瑛岳と十勝岳を踏んで、十勝連峰を完全制覇す!としたものの、
(記事はコチラ→十勝連峰完全制覇への道①
ちょっと引っかかっていたのが、白銀荘から単独で登る「三段山」。
他の山へ縦走ができないので足が向かなかったのですが、
ここは残雪期に登ってしまおうと思い、19日に登ってきました。

b0243727_5115290.jpg

白銀荘前に到着した時点での気温は-13℃。
桜が咲いていたり、すでに散ってしまった地方の方々にすれば、
にわかに信じがたい気温でしょうけどこれが現実です(笑)

この日は寒気が残った状態での晴天ということで特に冷え込んだようですが、
これで今年最後の氷点下二桁代の経験だと思いたい。
写真の山は前十勝です。


コーヒーを淹れ、パンとカップ麺を食べゆっくりしてから登ります。
1日好天の予想ですので急いでスタートする必要はありませんが、
快晴に輝く頂をみたら早く登りたくて仕方ありません。
(結果早立ちが正解だった)

駐車場のトイレは冬期間は開いていません。
白銀荘のトイレを借りるのですが、
借りた際は自販機で物を買うとかして協力しましょう。


それではスタート!

続きはコチラ。
by yamakawawalk | 2014-04-21 06:02 | ~~~十勝連峰 | Comments(8)

沈むダイヤモンド

b0243727_0213347.jpg

冬のダイヤモンドも日没後間もなく沈むようになりましたね。

19日(土曜日)は十勝連峰の三段山へ登ってきました。
朝から昼ころまでは素晴らしい天気で良い登山でした。
登山記はすぐに書けないので後ほどupします^^


三段山は昼に下山したので、凌雲閣の風呂に入ってお昼を食べ、
昼寝をしてから夕焼けと星を撮って帰宅。
本当は泊まりたかったけど、翌日にどうしても外せない用事が札幌であるので帰ってきました。

22:30すぎに月が昇るのでちょうどよかったかな?

尾根が何故か青く写る。
なんかあるな、と思っていたら帰りに車で通って納得。
カミホロ荘の駐車場にやたら明るい青い街灯があった。
肉眼では真っ暗なんだけど、拾っちゃうんですよね~。
ちゃんとロケハンしたんですけど、
まさかカミホロ荘の明かりまで影響するとは思わなかった。
ま、こっちの方角は”ついでショット”なんですけどね。

黄色っぽいのは凌雲閣駐車場のナトリウム灯。
奥の街明かりは上富良野と中富良野。
by yamakawawalk | 2014-04-20 00:31 | 星景写真 | Comments(4)