<   2013年 10月 ( 21 )   > この月の画像一覧

札幌市内の紅葉

b0243727_16364541.jpg

b0243727_1637024.jpg

b0243727_1984019.jpg

b0243727_16372250.jpg


綺麗だけど、なんかちょっと寂しいなぁ。
木に葉がなくなり、雪が積もるまでが特にね。
by yamakawawalk | 2013-10-31 22:30 | 風景 | Comments(2)

6D星景テスト

6Dで早く星を撮りたくて仕方なかったのに、
月が邪魔だったり天気が悪かったりで撮れませんでした。
昨晩GPVを見るとなんとか撮れそうだったので、
札幌から一番近く、そこそこ暗いところへ行って来ました。

月出が日付変更直後と言うことなのでなんとかギリギリ間に合いそうです。
向かったのは支笏湖幌美内。
ここも条件的にはあまり好ましくない場所(対岸側に明るい街がある)ですが、
ある程度暗く、且つ絡める風景も良くて、1時間程度で来れる場所、
となると他に良いところは知らないので我慢です。
来る本番(何の??)に備えてある程度傾向を把握しておかなければいけません。


さて早速ライブビューで明るい星を使ってピントをあわせ、1枚目・・・。
なっ・・・なんじゃ??
b0243727_1858585.jpg

いつものようにRAWでISO3200ですが、ノイズ除去の必要がありません。
これはスゴイ!

それじゃあいろいろ試してみましょ~。

6Dでの星空テスト撮影はコチラ
by yamakawawalk | 2013-10-29 20:39 | 星景写真 | Comments(4)

旭山記念公園&北大銀杏並木偵察

藻岩山の慈恵会病院コース登り口から少し走ると旭山記念公園があります。

藻岩の山頂から見ていたら紅葉が良さそうだったので帰宅前に立ち寄りました。
(クリックで大きくなります)
b0243727_1885572.jpg

b0243727_189814.jpg

b0243727_87126.jpg

b0243727_84885.jpg

特にコントラストとか弄ってないんですけど真っ赤っか。

思った以上に綺麗でした♪
今年はどこも紅葉が綺麗でしたね。
(写真は全て26日午前の様子ですのでご注意を)

この後、帰ってから車のタイヤ交換。
終わってから北大まで歩いてイチョウ並木の様子を見て来ました。


b0243727_18143667.jpg

まだ一面黄色には早かったけど、グリーンとイエローのグラデーションもまた「いとおかし」ですね~。
by yamakawawalk | 2013-10-27 20:10 | 風景 | Comments(2)

藻岩山 2013秋

久々に藻岩山へ登って来ました。
自宅から15分ほどで登山口に着くご近所な山ですが、
190万都市の傍らにあるとは思えない濃密な森が魅力です。

今回は6Dのシェイクダウンも兼ねて、のんびり紅葉を楽しみながらのお散歩登山です。
b0243727_21173383.jpg




スタートはいつも通り慈恵会口です。

紅葉の藻岩山へはコチラ
by yamakawawalk | 2013-10-26 17:46 | ~~~札幌近郊 | Comments(0)

Moon over Crater floor

b0243727_10532225.jpg

冷たい印象の月光は晩秋のキリッとした空気が似合います。


b0243727_1117327.jpg

荒涼とした火口原に立っていると、まるで月面にいるようですね。
by yamakawawalk | 2013-10-24 00:39 | 風景 | Comments(0)

EOS 6D

b0243727_23292917.jpg

6Dゲット。

昼間の風景なら5DIIでも全く問題なかったのですが、
3月のセンサー交換のあと微妙にシアンが強い傾向(気のせいかもしれませんが)が気になったのと、
星景のときISO3200でも結構ノイズが気になりだした等の理由で、
現状CANON機で一番高感度に強いとされる6Dを入手しました。

早い話5DMarkIIIはまだお値段が高すぎるんで(苦笑)

6Dに関してはまだ室内で数枚試し撮りしただけなので実際フィールドに持ち出さないと良くわかりません。
ただ、ネットでISO12800の作例をみてぶっ飛んだわけで(笑)
まぁこれも自分で星を撮ってみないとなんとも言えませんけどね。
通常撮影時と長時間露光時ではまた話も違ってくるし。
(露光時間と同じ時間処理が掛かる”長時間露光時のノイズ低減”機能は僕は使っていません)

画素数は2110万画素から2020万画素へダウン。
と、いっても90万画素なんてたかだか知れてますけど。

メモリーはCFからSDへ。
CFはたくさん持ってるんだけどSDはコンデジ用の2GB2枚(笑)
即ネットで32GB注文しました。
値段はCFよりかなり安いですね~♪
様子見てもう一枚くらい追加します。


5DIIはほぼ3年使ったのでサクサク操作していましたが、
ガラリとボタン配置が変った操作性は暫くまごまごしそう。
40D、7D、5DIIとほぼ同じ操作系だったのではじめは混乱しそうですが慣れの問題かと。
プレビューボタンのいきなり拡大表示機能は便利ですね。
ただ通常プレビューから拡大表示するときは間違えそう。

液晶も若干高精細になったから星にピント合わせる時も楽になりそうです。

持った感じはフルサイズとは思えないほど小さくて軽いですね♪
これは山歩きにはもってこいです。
僕は常時首からぶら下げて登っているのでこの軽さはありがたいです。
グリップも若干小さいので僕の手には微妙に狭い感じ。
女性なら丁度良いかも。



b0243727_23395529.jpg

携帯がiPhoneなので6DをWifiで繋げてデータをやり取りできて便利そうです。
先日の美幌峠の写真みたく、現場で6Dで撮った物をiPhoneに送ってから即upすることも出来ます。
iPhoneの低解像カメラ画像を使わなくて済みます。

b0243727_23424785.jpg

同じようにiPhoneが外部モニター兼シャッターにもなるみたいです。
iPhoneのモニター上をタップしてピント合わせや、設定の変更が出来ます。
これは使い道がまだ思いつきませんが、寒い屋外にいなくても車中からシャッターを切れたりするのかな?
ただ僕的にはインターバルタイマー機能が欲しかったかな?
そんな機能付けたらTC-80N3売れなくなるか(笑)

GPS機能も内蔵されているそうです。
いままで5DIIだとLR4のマップ機能で位置情報を入力するのに、
全て手動で1枚1枚地点登録する手間がありましたが、今度は撮るのと同時に位置情報もExifに載ってくる。
ただ口コミによるとGPSを作動させていると極端にバッテリーの消耗が早まるそうなので、
山登りで使用可能かどうかは今後使って判断しなければなりませんね。


僕みたいな野遊び系で星撮りな人には、この軽さと高感度の強さって言うのはピッタリじゃないかと。
こういう電気製品を購入すると、とりあえず全ての機能を使ってみないと気が済まないタチなので、
一通り使ってみました(笑)
使わない機能は僕の中で淘汰され、日の目を見ることは無いでしょうね。


さぁ、5DIIでISO3200が限界だった星撮りにどんな向上が見られるか。
いくら高感度が強いと言っても感度上げれば良いわけじゃないので、
同じISO3200でどれだけ綺麗でノイズが少ないかが楽しみです♪

ってそれほど変らなかったりして(苦笑)
ま、暫く天気も悪いし月も邪魔なんだけど。

----------------------------------------------------------

そういやまたAppleに行ってこなきゃ(めんどくせぇなぁ・・・
いったいどうなってるんだよ5s
酷すぎて笑えてくるわ。
組み立ててるの素人か?(笑
まさか組み立て両面テープじゃないだろうな?
by yamakawawalk | 2013-10-24 00:33 | 物・服 | Comments(0)

始まりの地

b0243727_10143292.jpg

数年前、釣りに訪れた道東で見上げた星空があまりにも綺麗だった。
ちょっと撮ってみようかな?と思い、初めて星空を撮りに登ったのが「小清水峠」

子供の頃から星空を眺めるのが大好きで、
プラネタリウムは何度も親におねだりして連れて行ってもらった。
ただ、こんなに「撮る」事にのめりこむとは思ってもいなかった。

全ての始まりの場所。

あの頃はまだAPS-C機(40D)にEFs10-22なんていう無茶なコンビだったし、
設定も何も全く分かってなかった。
暗すぎたり、感度上げすぎて星かノイズか分からなかったり、ピンズレしていたり・・・。
今も全然下手だけど、当時よりはいくらかマトモに撮れる様になったと思う。


あの時の星空はすごかった。
その時撮れなければ二度と同じ条件は訪れない事はそれから嫌と言うほど味わった。

斜里岳登山で道東へ訪れた際に久々に来てみたけど、
残念ながら月の影響がない時間にもかかわらず星数が少ない。
b0243727_946898.jpg

原因は屈斜路湖の峠を挟んで反対側、網走沖の漁火。
山の上や尾根は遮るものが少ないので遠くの光害も影響する。
上の写真も全然ダメ。

網走沖に煌々と光ってる強力な光源は”見えているだけで”合計6つ。
イカ漁らしい。まるで初夏の日本海積丹周辺のよう。
春のコウナゴ漁や初夏のイカ漁が始まると日本海側沿岸では漁火の影響で星空は撮れなくなります。

以前よく来ていた頃は漁火なんてあっただろうか?

b0243727_20412888.jpg

光害は予定外だけどコレばっかりはしかたがない。
今回のような強力な光害がなければ、
尾根上のこのパーキングは周囲に街灯もない絶好の星空観測所。
自分の目線より下の北から南へと繋がる天の川が見事な場所です。



b0243727_1015371.jpg

北東の空にはまだ夏の名残が。
今度また来よう。
夏の天の川が輝いてる季節に。
by yamakawawalk | 2013-10-22 22:24 | 星景写真 | Comments(6)

秋のダブルヘッダー その2 【ホロホロ山・徳舜瞥山】

樽前山を離れ、美笛峠を越え大滝の三階の滝公園から少し走ると、
徳舜瞥山の登山口です。
樽前に登った後に到着したので既に駐車場はビッチリ。
なんとか駐車は出来ましたが、ギリギリセーフって感じでした。


AM9:30本日2座目スタート!
b0243727_732699.jpg

ん?コースタイム100分のはずだけど、150分に変えてある?
いたずら?
にしたってかなりゆっくりでも150分も掛からないと思うけど・・・。
ホロホロまでって言うなら納得。

ホロホロ山・徳舜別山はコチラ
by yamakawawalk | 2013-10-21 21:32 | ~~~支笏・洞爺周辺 | Comments(2)

秋のダブルヘッダー その1 【樽前山御来光登山】

先日の降雪であちこちの山が真っ白になってしまった北海道ですが、
本来ならまだ1000m前後の山であれば普通に登山が出来る時期です。

ちょこっと雪が降ったくらいでめげていられないので、
日が短くなったこの時期に強引に2山をやっつけて来ました。

1座目は「樽前山」です。
以前からここで御来光登山をやってみたかったのを今回実行しました。


スタートはAM4:30です。
b0243727_19411678.jpg

入山届けを見ると既に1名登ってるようです。
既に天文薄明は過ぎています。

常用薄明がAM5:22なので、それまでに東山山頂へ立つ予定です。

樽前東山からの御来光はコチラ
by yamakawawalk | 2013-10-19 20:29 | ~~~支笏・洞爺周辺 | Comments(0)

赤岩青巌峡の紅葉

b0243727_20111012.jpg

占冠村のはずれ、鵡川にかかる赤岩橋から眺めた赤岩青巌峡。

ロッククライミングで有名な場所ですが、紅葉もとても綺麗ですね♪

高速道路無料化の頃は石勝樹海ロード(国道274号)からトマムI.Cへ向かう車がひっきりなしに通り、
とても撮影どころの状況ではありませんでした。
しかし道東道が1本で繋がると交通量は激減。
昔通りの静かな道々へ戻りました。

ここの道々は線形のキツイカーブが連続していて、
そもそも無料化の頃のような交通量を安全に捌けるような道路ではなかったですからね。
by yamakawawalk | 2013-10-18 21:39 | 風景 | Comments(0)