<   2013年 08月 ( 23 )   > この月の画像一覧

Star Church

b0243727_1234668.jpg


ここ数週間の北海道は嫌がらせのように雨続きでどこにも行けてないので、
過去の在庫から小出しにしていきます(笑)

深川市「イルムの丘 聖マーガレット教会」にて。
こうやって撮ると異国のようですね。
クリックで大きくなります。

深川I.Cから少し山側にある結婚式場です。
ライトアップの照明は22時に消えるので、
星空とミックスで撮りたい場合はそれ以降が良いかも。
普通に見に行くだけならライトアップされている時間のほうがオススメです。
週末でもあまり人はいません。

敷地内にスイーツショップ「季の窓(ときのまど)」があります。
そのうち明るい時間に来て入ってみようと思います。
周囲を見渡せる丘の上なので景色がすばらしいですよ^^

こんな夜空はいつ戻ってくるのでしょう??
by yamakawawalk | 2013-08-31 22:18 | 星景写真 | Comments(0)

大通公園 夜の噴水

外付けHDD内の写真を整理していたら、こんなのが出てきました。

b0243727_22151296.jpg

b0243727_18355358.jpg

大通公園の噴水ライトアップは午後9時まで。
テレビ塔のライトアップは午後10時までですが、テレビ塔は1時間毎にスケジュールがあって、
変色するLEDの時間帯とオレンジの通常ライトアップの時間帯があります。


b0243727_18362127.jpg

石狩街道沿いの途切れた歩道橋から。
HDRしていないのにHDRっぽくなってる。

天気良くならないなぁ~。
星空撮影スポットのリストばかり増えていく~(苦笑)
by yamakawawalk | 2013-08-30 23:07 | 風景 | Comments(2)

光のカーテン

b0243727_1145868.jpg

お盆にキャンプ地で撤収作業を終え南に向かった際に北オホーツクで見かけた風景。
綺麗だったので思わず車を停めて撮りました。

そろそろお盆以降のグズグズ天気にも頭にきてるぞ。
天気予報無視して強引にどっか行こうかな?
by yamakawawalk | 2013-08-29 23:01 | 風景 | Comments(0)

Lightning

今日の札幌は昼間、雷が酷かった。
雷だけでなく豪雨に突風も吹いたりと酷い天気。
自宅のPCが心配でしたが無事でした。

去年も札幌でこんな日があったのを覚えているかどうか分かりませんが、
今回よりも長時間にわたって落雷が連発していて怖かった記憶があります。
しっかり写真は撮ってましたが(笑)
(去年の落雷はこちら→閃光雷鳴

夜にも22時前くらいから雷が鳴り出し、
雷鳴と稲妻の間隔が長く、まだ遠かったので三脚とカメラを持って開けた場所へ。

b0243727_22522576.jpg

同じアングルで撮って写っていた3枚を比較明合成しました。
急いでやったので色とか適当です。
西区か手稲区方面で盛んに光っていました。

b0243727_22534829.jpg

こちらは合成なしの単発。
やっぱり街中の公園じゃ迫力のある物は撮れないなぁ。
などと考えていたら、
三角山方面に
ビカビカッ!ドーーーーーン!!!!
とタイムラグのない落雷が!

速攻逃げました(苦笑)

その時の写真は、それまで遠距離の小さい稲妻用に感度上げ目で撮っていたので、
至近距離の落雷の明るさでは真っ白に飛んでいましたとさ(笑)
その後雷は収まりました。

と書いたしりから、たった今また・・・。
今度は白石区か豊平区方面か・・・。
もう勘弁してくれ。
by yamakawawalk | 2013-08-27 23:11 | 風景 | Comments(0)

チカホにて

b0243727_22465676.jpg

チカホのイベントで壁面にタウシュベツ橋梁のパネルが貼ってありました。
北海道の土木建築に関するパネル展のようでした。

タウシュベツ橋梁へは今年、厳寒期の2月に行ってきましたが、
思うような写真が撮れずに帰ってきたので、
来年の1月か2月にまた行ってこようと思っています。
(今年2月の訪問記はこちら→タウシュベツ橋梁の夜
ただし、もう二度と丸山橋から林道歩きで行くことは無いでしょう(苦笑)

僕が子供の頃に父に連れられて来た頃とは、
橋梁自体も周囲の環境もアプローチ方法も大きく変りましたが、
魅力的な場所には変りありません。

このパネルの写真って、かなり古いようです。
橋梁中心部分の崩落跡がありません。
2003年の十勝沖地震が原因と言われているので、それ以前の写真って事になりますね。
画像修正していなければですけど・・・。

b0243727_22474110.jpg

2月にupしたのはDPPで現像したもの。
こちらはLR4で現像してみました。
昼間の風景はともかく、星空がらみの写真の現像はもうDPPには戻れません。
by yamakawawalk | 2013-08-27 22:47 | 街・イベント等 | Comments(0)

Invasive Alien Species

b0243727_8321681.jpg

お盆明けくらいから郊外を車で走っていると至る所で目に入る黄色い花、
「オオハンゴンソウ」
よほど景色に興味ないか注意力散漫でもない限り、
恐らくどこかで一度は目にしているはずです。

これ「特定外来生物」です。
「特定外来生物による生態系等に係る被害の防止に関する法律」(外来生物法)によって、
飼育、栽培、保管、運搬、輸入に規制がかかっています。

富良野を舞台にした某ドラマでも出てきましたね。
あの行動(保管・運搬)は外来生物法違反ってことになるのか?

地方(日光や利尻島など)によっては駆除もされているそうです。
でも、だいたい問題になる外来種って繁殖力がすごく、
簡単に駆除できないから問題種なんですよね。
b0243727_831769.jpg


オオハンゴンソウは種子だけでなく地下茎でも増えるので、単に刈っただけじゃダメらしく、
スコップ等で根こそぎ抜かないとダメらしいです。
といっても、あの数ですから本気で駆除するとなると大変な作業になります。
b0243727_8304059.jpg

そういった視点で見ると↑の写真も
「わぁ~綺麗~♪」なんて能天気なこと言えなくなってしまいます。
ちょっと怖いでしょ?
昨年8月下旬、層雲峡に向かう途中の旭川郊外、江丹別にて。


因みに美味しい蜂蜜が取れることで知られる「ニセアカシア」も外来種です。
ニセアカシアは「要注意外来生物」だそうです。
街路樹にたくさん植えられているのにね。
ニセアカシアも開花時期の人里近い山を見るとものすごい数に増えてますからね。

ニセアカシアは近所の公園にもたくさん植えられています。
花はとても甘いよい香りがしますが、
強風後や剪定された後の落枝で何度自転車がパンクしたことか・・・。
ニセアカシアの花は天ぷらにして食べると美味しいですよ。
(花以外は毒なので注意)

逆に北海道の原っぱでもおなじみ「イタドリ」は、
イギリスで大増殖して問題になっているとか・・・。

「やられたらやり返す・・・」とはちょっと違うか(笑)

侵略を受けた在来種のみならず、
好むと好まざるを得ず野に放たれ、時勢が変ったと駆除される外来種も不幸になります。
原因を作っている人間の責任として、これ以上増やさないようにしなければなりません。

あの綺麗な道東の湿原や北海道の草花に包まれた馴染みの登山道脇が、
「オオハンゴンソウ」で溢れかえっても綺麗だと思えるでしょうか?

~登山から帰宅してソール等をしっかり洗ってますか?~
by yamakawawalk | 2013-08-26 22:02 | 木・植物 | Comments(2)

ニセコアンヌプリ・ナイトハイク②~朝焼け編

1時間程の仮眠のあと、コーヒーを淹れてサンドウィッチをほおばり、
そろそろ東の空が焼けてきてるかな?
と避難小屋から出ると地平線が赤く染まり出してる。

ここの「夜景」「朝焼け」「星空」三者そろい踏みのこの時間帯が一番美しいんです。
これを眺める為に夜空を越えて登ってくるんですから・・・。

いいよいいよ~と喜んだのもつかの間、北へ目をやると・・・
b0243727_1853977.jpg

No~~~~~~~~~~~~!!!!
空気の読めない積乱雲が勢力を広げてるじゃないですか!
これは写真云々というより、このあと豪雨に当たるんでねぇの?

続きはコチラ
by yamakawawalk | 2013-08-24 19:41 | ~~~ニセコ・羊蹄山周辺 | Comments(0)

ニセコアンヌプリ・ナイトハイク①~夜景編

今年もアンヌプリへ夜間登山へ行ってきました。
ここ最近の北海道はずっと不安定な天気で過去も未来も雨マークばかり。

この日もGPVを見ても晴れるんだか雨なのか判断しづらい予報。
悩んでいても仕方ないのでとりあえず向かってみることに。
札樽道&キロロ経由だと近いですね~。

現地に行ってみると意外に良い感じ。
五色温泉に隣接のニセコ野営場の脇にある登山口からAM00:30出発です。
キャンプ場はテントでいっぱいでした。

ここのキャンプ場、いつも良いな~と思ってるんですよね。
ハイシーズンを外せば静かな大人のキャンプができそうだし、
何より歩いて数分で五色温泉です♪(温泉のレポはコチラ→五色温泉郷 五色温泉旅館

丁度トイレに起きたと思われるキャンパーのおじさんに怪訝な顔で見られた(笑)
まぁそうだよな、深夜にザック背負って歩いてるって、なんかの亡霊ですかって感じでしょうね。
大丈夫、僕オバケではないです。
夜行性の登山者です。

道中の写真はありません。
だって暗いし、それだけのためにストロボ付けていったら邪魔だし・・・。

1時間かからないで山頂に到着。
早く着いたけどやっぱり夜道は周囲が見えづらいので長く感じます。
とりあえず一気登り後で暑いのでプレモルをグビッっと。
b0243727_7585543.jpg

さぁて撮りますか~♪

ニセコアンヌプリ山頂からの夜景はコチラ
by yamakawawalk | 2013-08-22 22:42 | ~~~ニセコ・羊蹄山周辺 | Comments(1)

Morgenrot

b0243727_1985945.jpg

モルゲンロート。
空と大地と宇宙の境目。
色彩の変化と美しさに息をのむ。

僕は星空が一番好きだけど、
刻々と空の色が変化するこの時間帯も大好きです。
太陽と地球の大気が作り出す芸術です。
by yamakawawalk | 2013-08-21 20:50 | 風景 | Comments(1)

銀河とトムラウシ

白雲岳避難小屋・星編のラストです。

かなり前から撮りたかった星空の風景が、
ここ白雲岳避難小屋からの、「高根ヶ原越しのトムラウシ山と天の川のコラボ」でした。

思いつきで行くわけにはいかない場所ですし、
さらにカメラ機材とテント、食料等の重量級ザックを担いで、
大雪高原温泉もしくは銀泉台から数km山道を登るのはなかなか大変です。
小屋泊すればテント分の重量は軽くなりますが、
深夜にすし詰めの小屋の中をウロウロするのはマナー違反ですので僕にはできません。

それプラス、星景撮影に最適な気象条件と月齢との兼ね合いもあるとなれば、
タイミング自体も相当難しいものになります。
下手をすると何年間も無理、何てことも十分ありえます。

今回出発する数日前から、札幌にいても明らかに違いの分かる乾燥した空気への入れ替わりと、
新月間近という願ってもない好条件が重なったので、とうとう念願が叶いました。


b0243727_10322858.jpg

西側に雲が流れていましたが、結構いいアクセントになってくれました。
高根ヶ原には西から雲が尾根を這うように越えて流れています。
この時間ではまだトムラウシ山は山頂付近が少し見えている程度。
果たして姿を全て見せてもらえるだろうか?

続きはコチラ
by yamakawawalk | 2013-08-20 22:42 | 星景写真 | Comments(2)