<   2013年 07月 ( 21 )   > この月の画像一覧

紫陽花と夜景

b0243727_22191746.jpg

中島公園の池。

雨は降らなそうだ♪
と思って安心して向かったらこの後まもなく雨(笑)
慌ててカメラを鞄に入れると止む(苦笑)
降るのか降らないのか、はっきりしろ。

うーん、天気誤報。
悪い予報がどんどん先延ばしになってゆく・・・。

夏空はいつ戻ってくるのかな?
by yamakawawalk | 2013-07-31 22:24 | 風景 | Comments(0)

星空の下で

b0243727_21543557.jpg

2010年9月、然別湖北岸キャンプ場にて。

テントにも天窓があればいいのにな・・・。
こんな夜はつくづくそう思う。
by yamakawawalk | 2013-07-30 00:05 | 星景写真 | Comments(0)

光の道標

b0243727_2241435.jpg


光の道と光の軌跡。
今と昔、船乗り達の道標。

石狩灯台にて。
by yamakawawalk | 2013-07-28 20:18 | 星景写真 | Comments(0)

豊平川花火大会

b0243727_6355146.jpg

豊平川花火大会へ行ってきました。

陣取ったのは川の上流に向かって左岸側。
南南東の風でしたので、右岸の南大橋付近は煙が流れると判断し、左岸にしました。
大正解でした。
予想通り右岸側に煙が・・・。

右岸の堤防は階段状で座り易いので人気があるようですが、
風向きを考えないとせっかくの花火鑑賞も悲しいことになります。

背景に少しはビルと藻岩山も入れたかったのでココにしたのもあります。
南南西の風だったらミュンヘン大橋方面へ行く予定でした。

他の花火はコチラ
by yamakawawalk | 2013-07-26 23:47 | 風景 | Comments(2)

積丹 神威岬

先日、共和の親戚宅に用事があったので、ついでに積丹を廻ってきました。

共和町から一路、神恵内(かもえない)へ。
当て字?地名の多い北海道ですが、ここ共和町周辺は特に酷い、田舎臭いすごい。
あんまりバカにすると怒られそうですが、
「梨野舞内」「発足」「宿内」「老古美」「掘株」コレ読めますか?
答えは最後に。

その神恵内を通ると必ず寄るのが「菅原商店」さん。
ここには珍しい乾物(珍味)が何種類も置いてあって、見るだけでも楽しいのですが、
いつもつい何種類も買ってしまいます。
b0243727_19414743.jpg

ニシンのトバ。
ちょっとオイリーなのとエグ味あり。大人の味。
定番のサケトバもありましたが、島牧の某水産会社製サケトバが世界一安くて美味いのでパス。

あそこのを一度食べちゃうと他のはもう二度と食べられない。
ましてやスーパーで売ってるのなんか、値段高いくせに味は(苦笑)レベル。
9月の札幌オータムフェストで売られていることがあるので気になる方は島牧村ブースへgo!

b0243727_19282234.jpg

かすべ(エイ)の珍味は札幌でも普通に買えますね。
b0243727_19291681.jpg

ガヤ(エゾメバル)。これは美味しかった。
たくさん身が付いていませんが、夢中になって剥いちゃう。
映画DVD見ながらハイボールと一緒に一気に食べたら後で喉が渇いた(苦笑)
マガレイなんかも美味しいですよ。

車の中でも食べちゃうんですが、シートにゴミが(苦笑)
あと冷凍されて売ってるホッケの開き(¥350)も美味しいので是非。
僕は皮以外、中骨まで全部食べちゃいます。
ホッケの開きを語らせると長くなるので省略(笑)



b0243727_18251049.jpg

次に寄ったのはもちろんここ。
「神威岬」
実は5月にも一度来て、たくさん写真を撮って非公開記事でストックしてあったのですが、
あれこれ紹介しているうちに季節感が変っちゃったためお蔵入り。
今回今年二回目の訪問で夏の風景に衣替えして復活です(笑)

女人禁制の地とありますが、圧倒的に女人の方が多かった。
圧倒的に多いといえばアジア系の観光客ですが。
英語ならある程度何とかなっても、
わたくし中華系やハングルはさっぱりわからんのです。
なんか一生懸命尋ねてきた女性のかたゴメンナサイ(笑)



b0243727_18272099.jpg

やっぱり夏の方が積丹って感じしますよね。
積丹ブルーがより一層鮮やか!
歩道に近いエゾカンゾウは終わっていました。
遥か崖下には咲いていましたが、到底撮れるもんでない。

b0243727_1829282.jpg

青?蒼?藍?濃いなー。
白く見える部分って磯焼けかな?
海藻が多く繁茂していると本来黒く見えるはずですが。



b0243727_18313849.jpg

「女郎子岩」と「念仏トンネル」の出口付近。いつか行く、夜に(笑)
余別側の歩く部分は見てきた。
日中に見る分には、なんか行けそう?な気がする。
パラダイストンネルとかサンセットトンネルなんて名前なら気楽に行けただろうなぁ・・・。
シケが多い季節になる前には行かないと。


b0243727_18322836.jpg

神威岬の先っちょ。
人がいなくなるまで待つのが大変でした。
5月に来た時はここは南西の爆風で立っていられなかった。

神威岬を離れ、国道を東へ進みますが、道中のウニ丼の店はどこも激混み。
スルーして入舸へ。
以前あった激ウマホッケ開きを売っていたお店が見当たらない。
オバちゃんお店やめちゃったの?
「うちのホッケ、ぜぇーーーたい美味いからぁ」が決め台詞のオバちゃん、元気だと良いけどなぁ・・・。


b0243727_18333620.jpg

島武意海岸。
手掘りのトンネルを抜け海岸に出るとこんな風景が広がっています。
ここ、以前深夜に星空を撮りに来たのですが、なんとなくイヤーな感じがしてやめました。
僕、こういう場所に夜に来ても滅多に嫌だなぁって思うこと無いのですが・・・。

季節的にも5月に来た頃より観光客が多かったですね。
帰りは余市のかきざき商店で朝イカを見たけどまだちょっと小さいな。
今週末の雨後にはもう少し大きくなって値段も安くなるかな?
余市ですが、車なのでさすがにニッカへは寄れません(泣)

ニッカ余市工場見学記はコチラ→聖地巡礼①
                    聖地巡礼②
                    聖地巡礼③


車の中珍味くっさかったぁ(笑)

難読当て字地名の答え。
リヤムナイ、ハッタリ、ソコナイ、オイコミ、ホリカップ
何個読めましたか?
共和じゃホッソクはハッタリだそうです(笑)
by yamakawawalk | 2013-07-24 21:25 | 風景 | Comments(2)

夜風香る丘

b0243727_22415956.jpg



眠らぬ大都市に浮かぶ薄紫の丘。
by yamakawawalk | 2013-07-22 22:49 | 風景 | Comments(0)

五郎石の家&原始の泉&八幡丘赤い屋根の小屋

富良野岳へ登る前日、星空にはまだ早かったので
久々に麓郷の森へ行ってきました。

以前は石の家の撮影台までは無料で行けて、
家の内部を見学するのが有料だった記憶があるのですが、
入り口から有料(¥300)になったんですね。

b0243727_21374852.jpg

相変わらず画になるなぁ。
勝手に脳内BGMがかかります(笑)

♪うーうー うーうちゅるっちゅちゅるっちゅちゅー はぁーはぁあああ~♪

って方(わかんねぇか笑)
北の国からを見ていないと何のこっちゃか分からないとは思います。

ここまで来る途中の小道沿いに6問の北の国からクイズがあるんですが、
余裕で全問正解(笑)
あれは簡単過ぎるぞ。
もっとマニアックな問題くれ。
かなりの難問も解ける自信あるぞ。

b0243727_21413930.jpg

石の家脇の風車。

これ発電用じゃないんだな、井戸水汲み上げ用なんだよな。

おっと井戸水で思い出した。
近くなので翌日の登山用ジャグ2.5Lと持ち帰り用20Lジャグ×2に湧き水を汲んでいこう。
汲んだのはコチラ。
b0243727_17382037.jpg

ベベルイの原始の泉。
前富良野岳の湧水になるのかな?
麓郷からカミフに向かう山麓の長い直線道路沿いに入り口の看板があります。

以前は湧水が流れ出て小川になってる所に「クレソン」がたくさん生えていたのですが、
随分減っちゃいましたね。
まぁあんだけオバちゃんがワシワシ採っていたらなくなるわな。

ここ麓郷やベベルイ周辺には他にも湧水を汲めるスポットが数箇所あるので、
探索してみるのも面白いですよ^^

これで今回の山頂コーヒーは原始の泉仕立てだ^^

-------------------------------------------------


麓郷の近くには「八幡丘」という集落もあります。
「北の国から」を見ていればよく知っている地名かと思います。

八幡丘の富良野ゴルフ場近くにはこんな風景が。
b0243727_192742.jpg

八幡丘の「赤い屋根の小屋」

ここは普通に車を流して走ってると見つけにくい場所。
牧草地の中ほどが窪んでいて、赤い屋根の小屋がポツンと。
隣の松の木と奥のポプラが良い味出してます。

場所は説明しづらいのですが、
地形図を見て富良野ゴルフ場の西、標高441m地点付近です。

くれぐれも牧草地には入らないように。
公園の芝生ではありません。
牧草も大切な「作物」なんですよ。

b0243727_11125838.jpg

こちら同じ八幡丘の「春よ来いの一本の木」
起伏のある牧草地にポツンと立つヨーロッパトウヒの木です。

コチラは道路から良く見えるのですぐ分かるでしょう。
ここから少し麓郷へ向かったところが赤い屋根の小屋です。
「春よ来い」っていうか「春よ戻って来い」って言いたくなる暑い日でしたが(笑)

この辺は美瑛の〇〇の木周辺よりも静かでゆっくり廻れます。
若干他から離れているせいかも知れませんね。
by yamakawawalk | 2013-07-21 19:34 | 名水スポット | Comments(0)

札幌市内ポタリング

金曜の夜、ちょっとばかり(?)ビールを頂きすぎて、
これは体重的にとてもマズイのではないかと思い、
朝、藻岩山タイムアタックを敢行する予定が、頭が痛く断念(苦笑)。

何とか回復した午後から自転車で思いつきで廻ってきました。
自転車の時は一眼レフは重くて邪魔なので今回の相棒は「PowerShot S95」で。
まずはいつもの北大構内へ。
b0243727_19555560.jpg

大野池のハス。

今回実はちょっとしたアイディアをいずれ実行するためのロケハンも兼ねています。
ここは家からも近いし十分使えるな。

さて、どんどん先へ進みます。
どこへ向かうのかは特に決めていませんが、なんとなく南へ(笑)

更に先へとペダルをこぐ方はコチラ
by yamakawawalk | 2013-07-20 18:51 | 自転車 | Comments(0)

星寂の池Ⅱ

b0243727_21272596.jpg

美瑛、白金の青い池と天の川。
LEDライト未使用バージョン。
左端の明るい部分は白金温泉の明かり。
若干トリミング。

昼間は観光客でごった返す青い池も夜はいたって静か(当たり前だ)。
願わくば今後もライトアップとか田舎臭い余計な演出がされませんように。


撮り始めた頃は誰もいませんでしたが、後から2人カメラマンがやってきました。
僕みたいな”夜行性”の物好きが2人も(笑)


もっと良く撮れたはず。
もっと色んな形で撮れたはず。
後になって気づくところが腕の無さか。

b0243727_9433016.jpg

秋までにまた行って来よう。
夏よりも羆がヤバイですけど。

今や一大観光地と化した「青い池」。
昼間の観光客が多いのでゴミの放置等が増えれば、
場所が場所だけにそれに誘引された羆が出没する事は想像に難くない。
”今のところ”大丈夫そうですが、この地域の羆への意識は知床方面よりもかなり”緩い”。
だから余計アブナイ。

b0243727_10432840.jpg

せっかくなので日中の写真も。

「限りなく ”不透明” に近いブルー」

去年の秋に撮った普通の「青い池」。
Googleで画像検索かけたら星の数ほど引っかかる構図の写真(苦笑)
by yamakawawalk | 2013-07-18 22:41 | 星景写真 | Comments(0)

札幌 ”活動夜景”

何ヶ月もかかって撮り貯めた、
「札幌の夜景」微速度動画がついに完成しました!


結構前にyoutubeへアップしたのに、
山や星の写真ばかりupしていてコチラに紹介するの忘れてました(汗)

b0243727_20263794.jpg

↑コチラは微速度動画に使用した藻岩山からの札幌中心部の写真。
クリックで拡大します。



HD画質に変更してみてもらえるとより細かい”動く街”の様子が分かると思います。
動画右下の歯車マークで変更可能です。

円山山頂→JR TOWER T38→大倉山シャンツェ展望台→大通公園→札幌テレビ塔→藻岩山山頂
の順番です。


)
個人的にはテレビ塔と藻岩山がお気に入りです。
テレビ塔の展望室は結構揺れるのでここはダメかと思いましたが、
動画にしたところ問題ないようです。

綺麗にフリー音源の再生時間ピッタリに収まるように調整しました。

いやぁ、これ完成させるのにかなりシャッター耐久削りました(苦笑)
使ったもの以外にも雲が邪魔だったり、途中でガスってNGだったりでボツになったものがあるわけで・・・。
某展望台で会ったプロの方曰く、
「初代5Dで40万回シャッター切れたから大丈夫♪」
って励まされたけど・・・。

それはともかく、札幌観光の参考にどうぞ(笑)
by yamakawawalk | 2013-07-17 23:39 | 風景 | Comments(0)