<   2013年 02月 ( 21 )   > この月の画像一覧

糠平湖 氷上トレッキング①

翌朝は林道ではなく、ワカサギ釣りのポイントでもある五の沢から降りました。
ワカサギ釣りのおじさん曰く「かんじきなんかイラネーど(笑)」だそうなので、
信じてポールだけもって降りましたが、本当にいらない。

タウシュベツ橋梁まで踏み跡を外れなければ楽勝で歩けました。
昨日の苦労はなんだったのかと・・・。
情報収集はちゃんとしておくべきでした。
失敗も良い思い出ですけどね^^
いや、本当に前日の夜は辛かったので一生忘れられない思い出になりました。

b0243727_19532153.jpg

遠く対岸に目指すタウシュベツ橋梁が見えます。
遠いけど、昨日に比べたら楽勝だ。
今時期ならではの湖上横断トレッキング開始で~す。



b0243727_19502531.jpg

速攻着いたし(笑)
道は踏み固まっていて、ブーツが埋まりもしなかった・・・。
どうりで昨日の夜に着いた時、妙に長靴の足跡がいっぱいあったわけだ。

橋の背後の丘の上には、僕と同じように写真を撮りにきた方が既にいました。
ジモティーのおじさんと本州から来たニペソツ山をこよなく愛する男性のふたり。
目的は僕と同じで橋梁の背後の朝焼けに染まるニペソツ山ですが、残念ながら最後まで拝めませんでした。
「ダメだね~」「ダメっすね~」と残念な会話を続けて解散しました。



b0243727_2034472.jpg

冬はやっぱり寒ぃなぁ~(笑)
計ってないし調べもしなかったのですが、氷点下20℃以下は余裕だったでしょうね。
でも歩いた後だし、身体も完全防備なのでカメラを弄る手以外は問題なしでした。

因みにこのひび割れた氷の山の下に隠れているのは切り株です。
建設年度の古いダム湖は元々生えていた木を伐採しても切り株は残していました。
ダム湖の放水で水位が下がり、それに伴い湖面の氷も下がった結果、
切り株にぶつかりこのように割れます。

これが原因で現れる糠平名物の不思議なモニュメントがありますがそちらは次回のお楽しみ。

b0243727_17574499.jpg

糠平湖は夏季に来るとわかると思いますが、それほど水質はクリアーとは言えません。
なのに不思議と氷はブルーで美しい。

ふむふむ、氷の日さしだな・・・。

b0243727_17594151.jpg

頭から潜ってみた(笑)
バキって割れて下敷きになったら抜け出せないよな~と思いながら。
良い子と女性は真似しないように。野郎は自己責任で勝手にどうぞ(笑)
氷のなかの小さな気泡が星みたいで綺麗です。

さてと、ワカサギテント村方面へ戻ってもう少し散策するかな♪
典型的な十勝晴れで楽しい~
(札幌はその頃大雪だったらしい・・・。)
"Gym class heroes ft. Adam Levine "のStereo heartsのPVみたいな写真が撮れました。
②へつづく。
b0243727_19525844.jpg



by yamakawawalk | 2013-02-27 20:56 | 風景 | Comments(0)

タウシュベツ橋梁の夜

上士幌町、糠平湖。
北海道遺産のタウシュベツ橋梁へ行ってきました。

ここへの林道は、北海道遺産に登録された後、不慣れな林道走行で路肩に落ちるレンタカー等が多くなったため、
数年前から通行止めになっています。

タウシュベツ橋梁へは、
①許可を取って車で入林する。
②見学ツアーに参加する。
③対岸の展望台から遠望する。
④冬季の湖上を横断する。

などがありますが、今回僕は月明り狙いなので帰路は夜です。
そのため未経験でルートがわからない湖上横断は避け、
丸山橋から夕方に出発し林道をスノーシューで歩いてアプローチすることにしました。
こちらが林道ゲート。
b0243727_22492652.jpg

ここから3kmくらいありそうです。
ま、この計画が翌日相当無駄なルートだったと気づくんですが(笑)
この頃はイケイケです。
b0243727_2252521.jpg

準備万端で出発!

えーっと現地までの行程は思い出したくも無いので省略しますが、
スノーシューでもツボ足気味になるラッセルだったことは書いておきます。


b0243727_22533294.jpg

タウシュベツ橋梁到着。
久しぶりだなぁ。高校生くらいに親父と来て以来かな?
当時はまだ車で来る事ができました。

右端には僕の大好きなニペソツ山が。

まだ明るいので適当に周囲を散策して良さそうな場所を探しながら暗くなる&月明かりを待ちます。

いつもは星空狙いなので月明かりは避けるのですが今回はあえて月光で狙いました。

b0243727_22552456.jpg

アーチの上にオリオン座とシリウス♪
シリウス君今晩もピント合わせ役ありがとう。

と、静かな湖上にある不気味な音が・・・。

ピシッ、ピキピキピキッ・・、ミシミシ・・・。
「な、なんだ?」と思ったのもつかの間。
バキバキバキッ!!ドゴォッ!!
なんと氷が割れる音(怖!)
氷の上にいるから気が気でありません。

ここは先日の然別湖と違い発電用のダム湖なので、発電で放水すれば当然水位が下がります。
そうすると氷も一緒に下がるので、岸際の傾斜部分の氷が引っかかった後、
自らの重みに耐え切れずに割れるんです。

氷上ワカサギ釣りや、レースコースを作ってタイムトライアルやるくらいだから、
60kgちょいの男が乗った程度ではいきなり氷に穴が開いて湖に落ちる心配はありませんが、
夜ってのも手伝ってなんとなく落ち着かない。

なんてビビッていたら背後から!

・・
・・・
月が出てた(笑)

b0243727_2364351.jpg

月明りのタウシュベツ橋梁完成♪
なるべく他人と被らない写真を撮ろうとするといろいろ大変です。
さぁて目的は達したので車に戻ろう。

このあと地獄のラッセルでした。
暗闇の林道を孤独に歩く薄気味悪さなんかどうでもよくなる程の地獄の行軍でした(苦笑)
林道ルートを選択した自業自得なんですけどね。。
林道ルートならもう少し硬雪の時期かスキーですね。
因みに春以降は羆の巣なのでやめた方がいいです。

こうやって更新してるので無事に戻った訳ですが、
もう二度とあのルートは使わないと車を照らす月に誓ったのでした。

翌朝、朝焼けに染まるニペ狙いでもう一度タウシュベツ橋梁へ向かいました。

つづく!
by yamakawawalk | 2013-02-26 23:27 | 風景 | Comments(0)

Angel's Ladder

b0243727_10501844.jpg

”薄明光線”
「天使の階段」とか「天使の梯子」とも言われますね。
故 ”開高健” 的に言えば「レンブラント光線」

洞爺湖へ向かう途中、ルスツにて。



b0243727_10502862.jpg

こちらは道南日本海にて。
これは「Ladder(はしご)」と言うよりスロープかな?



b0243727_10563270.jpg

十勝、剣山山麓にて。
2010年11月、様似・えりも・広尾を廻って南十勝経由で帰った際のもの。
予定外の悪天候で何の成果もなかった帰路に見れたご褒美。


b0243727_10504722.jpg

明け方の十勝連峰。
これは空から地上へではなく、雲の切れ目と山の陰から空に向かって伸びる光芒でした。
写ってる山は左から、オプタテシケ山、石垣山・ベベツ岳、美瑛富士。
早朝、これから登る山を眺めて・・・。

季節や場所がバラバラですが、どれもとても綺麗でした。
帰路に見かけると思わず車を停めて見入ってしまいますね^^



こっちは ”スポットライト” ですが、好きな曲。

by yamakawawalk | 2013-02-24 21:49 | 風景 | Comments(0)

ミクロの世界

湖上の足跡に見つけた酷寒がくれた小さな芸術品。
b0243727_1057251.jpg

息がかかるとすぐに溶けてしまう繊細な結晶。
壊さないように呼吸を止め、慎重かつ静かに撮りました。
雪の結晶同様、どうしてこんな芸術的な形が作られるんでしょうね。
自然って凄いな。。
by yamakawawalk | 2013-02-23 18:37 | 風景 | Comments(0)

冬の湖畔

b0243727_9293623.jpg

夏の喧騒はどこへやら。
人の気配のない静かな冬の湖畔が僕は好きです。

静かな分、たまに動物の鳴き声がするとドキッとしますが(笑)
by yamakawawalk | 2013-02-21 21:23 | 星景写真 | Comments(0)

SOREL 2態

b0243727_204234100.jpg

北海道はまだまだ寒い日が続いています。
写真はウインターブーツのド定番「SOREL(ソレル)」の「カリブー」と「ベアー」です。

え?そのカリブーなんか違うでしょ?って?
まぁボロボロなのは確かですが、間違いなく正真正銘カリブーでございます(笑)

インナーのボアは無いし、シューレースを通すリングも両足ひとつづつぶっ飛んでるし・・・。
これ古い「Made in CANADA」のカリブーなんです。
b0243727_20492260.jpg

ね?メイプルリーフがカナダっぽいでしょ?
インナーも今みたく「ウールカリブー」って別モデルじゃなくレギュラーでウールのインナーです(たぶん)。
ソールのパターンも今のイボイボタイプとは異なります。
見た目以上に逝っちゃってますが、一応まだ履けます(笑)

これくらいの貫禄がついてこそのアウトドアブーツですぜぇ。
こちとら地下街で履いてるような軟派な使い方じゃないぜぇ。
なんて言ってみた(笑)

ただしインナーのボロさが証明するようにカリブー自慢の耐寒性は最早無いといっていいです。
(インナー買い換えろよと言われそうですが、外観もアレなんでインナーだけ新品っておかしいでしょ?)
なんとか我慢していましたが、昨年末の芽室での-19度で足先の感覚が消えて諦めました。

そして仲間入りしたのがこちらの「ベアー」
b0243727_2052318.jpg

まだ2回しか履いてないからピッカピカ072.gif
新しいのも手伝って文句なしに暖かいです。
グレイシャーって選択肢もありましたが、-73度対応ってさすがにそこまでは必要ない。
ゴツいから履いたまま運転して移動し辛そうだし。

カリブーに比べてアッパーにコシが全く無いので、脱ぎ履きでちょっとイライラしますね(苦笑)
いちいちインナー外れるし・・・。
あとカリブーみたく見た目オシャレではないので街履きはしにくいかな?

ベアー君にはもうちょっと活躍してもらいますね。
by yamakawawalk | 2013-02-20 21:19 | 物・服 | Comments(0)

六花亭 本店

インデアンカレーまちなか店のすぐそばに「六花亭」の本店があるので当然寄ってきました。
b0243727_9335321.jpg


他の店舗同様、とても贅沢にスペースを使った店舗です。
b0243727_20195329.jpg

店内は通路が広く商品ケースが最小限。
たくさんお客さんがいても身動きが取れないって事はないでしょうね。
駐車場は裏手に10台分程あります。
インデアンカレーのある交差点から北向きの一通を通って裏手にまわると入れます。


せっかく本店に来たのだから札幌では買えないものを。
b0243727_2021672.jpg

サクサクパイを7本お買い上げ。
なんで奇数かと言えば、1本はここで食べるから(笑)


b0243727_20223270.jpg

セルフサービスですが無料でコーヒーが飲めます。
その名の通りのサクサクな食感と、甘さ控えめのクリームがブラックコーヒーに良く合います^^
コーヒーもなかなか美味しい物が置かれています。
こういうコーヒーって安い豆が使われてる上に、
回転が悪いと時間がたった煮詰まったコーヒーで、とても飲めたものじゃないんですが、
さすがにそんなミスはしませんね。美味しかったです。

サクサクパイの残りはおみやげで持ち帰りですが、賞味期限が3時間らしいです。
3時間で食べられなくなるのではなく、あの食感で食べられる限界が3時間って事だと思います。
せたなの「岩シュー」はたしか1時間だったかな?
あれもあそこでしか食べられない名物です^^

保冷材入れてもらって昼に帯広を発って夕方帰宅で問題ありませんでした。
美味しかった~

しかし、ちょっと前なら絶対こういうの食べなかったんだけどな・・・
身体絞ると甘い物を欲するみたいです。
by yamakawawalk | 2013-02-18 22:40 | | Comments(0)

インデアンカレー

先週の然別湖の帰り、帯広へ寄ってきました。
以前であれば帯広で昼食と言えば迷わず、
駅前の豚丼店「ぱんちょう」でしたが、
今回は前から気になっていたお店へ向かいます。

かねてより美味しいと耳にしていた「インデアンカレー」です。

行ったのは「まちなか店」
b0243727_20122791.jpg

「インディアン」だと思ってたら「インデアン」なんですね。

開店前に着いてしまったので、ちょうど雪かきしていた店員さんがいたので許可をもらい、
駐車場に車を停めたまま、開店まで周囲の街中を散策しました。

毎年雪まつり期間の週末は、ちょっとコーヒー飲みたくてもあちこち激混みでイヤなので、
天気さえ良ければ札幌から地方に避難します。
帯広駅周辺は空いていて快適でしたよ。
良いことかどうかはわかりませんが・・・。

駅舎内の物産館が面白かったですね。
「黒ニンニク」ありましたが、高かったです(笑)
さらに・・・
b0243727_9213953.jpg

・・・。うーーーん・・・。
いや、遠慮しておきます(笑)

ウロウロ歩いたあと、いよいよ入店しました。
頼んだのは「ハンバーグカレー(¥577)」
b0243727_20141352.jpg

いただきま~す!


ん?んん!?美味しい!
これは確かに美味しい。
僕が良く行く国際ビルの「コロンボ」とはルーの性格も味も真逆な感じですが、
こちらもとても美味しいですね。
値段もリーズナブル!

札幌に出店していないのが残念です。
また帯広に行ったら食べたいと思います♪

お次はおみやげを買いに、斜め向かいに見えている有名菓子店の本店へ向かいました。
by yamakawawalk | 2013-02-18 22:11 | | Comments(0)

街角スナップ

5DIIに15mmFisheyeをつけて街歩きしてきました。
さて何処でしょう?
って、わかりますよね(笑)
b0243727_17575347.jpg

b0243727_1758239.jpg

b0243727_17581228.jpg

このレンズ、やっぱり楽しいです。
星専にするのがもったいない。
純正レンズじゃないからDPPで補正できないけど全く問題ないですね。
端っこまで綺麗に写ってます。

うーん、昼間に普通に撮る分には横縞出ないよなぁ。
なんで夜間の長秒連写の時だけああなるんだろう??

b0243727_1759189.jpg

楽しみにしていた番組。
録画したのでこれから見ます♪

追記
見終わった~。ブルーレイに保存しておこう。
またトムラウシ行きたいなぁー
ナキウサギにもまた会いたい。ほんとうにかわいいなぁ、頬ずりしたい。
北海道にいる生き物の中でも、動物園では絶対見ることのできない動物ですからね。
大雪に行かないとね!
b0243727_20412158.jpg

とにかく早く雪融けろ~
と、言いたいところですが、冬の間にある場所にアタック計画中~♪
フフフ・・・
あそこ、夏は行けないからなぁ、色んな意味で(苦笑)
by yamakawawalk | 2013-02-17 20:42 | 風景 | Comments(0)

然別湖ブルー

b0243727_9262271.jpg

アイスバーの入り口を形作ってた氷。
もちろん然別湖の氷です。

湖水を照らしていた月の光も一緒に閉じ込めたような見事なレイクブルー。

これこそが、
"限りなく透明に近いブルー"

b0243727_10545716.jpg

by yamakawawalk | 2013-02-16 21:12 | 風景 | Comments(0)