<   2012年 07月 ( 35 )   > この月の画像一覧

静寂の湖畔

 
b0243727_1831216.jpg

夏場の喧騒が落ち着いた初秋
キャンプ地は道東、とある湖の畔
キャンパーは少ないが、皆落ち着いた雰囲気の方ばかり
ゆっくり流れる時間を楽しむには秋のキャンプが一番だ

日の出前、紅に染まる東の空が無風で鏡面と化した湖面に映る
来てよかった、
早起きしてよかった。
by yamakawawalk | 2012-07-31 18:58 | 川・湖 | Comments(0)

Deep Forest

b0243727_21172136.jpg

人の手が加えられていない苔生す森
同じ針葉樹林でも単一植生の人工林にはこの温かみはない

DAISHI DANCE - MUSIC LIFE IN FOREST

アルバム「MELODIES MELODIES」から
ジャケ写がモロに僕のツボ
入ってる曲も大好き
よく車でかけてます^^
by yamakawawalk | 2012-07-30 21:26 | 風景 | Comments(0)

FILSON トートバックその後

購入してまもなく1年経とうとしています。
どれだけくたびれたかと言うと・・・
b0243727_1836544.jpg

全然(笑)
もち手の革がしなやかになった位かなぁ?
この取っ手が長すぎも短すぎもなく絶妙なんですよね。
綿100%の丈夫な コットンツイル素材の強さは伊達じゃない。
見た目だけのヤワなトートじゃ到底真似のできない耐久性です。

b0243727_18364945.jpg

このように1年経ってもクタっとせず、パリっと自立します。
サイドポケット部分は財布や携帯を出し入れするので若干擦れていますが
破れなんか全くないです。底面の四隅も同様。
内側の縫製部分にも妥協のないパイピング処理で強度upがされています。
b0243727_18385623.jpg

こういう所の作りの良さは流石FILSON
アメリカンですなぁ(笑)
b0243727_1844464.jpg

タグには・・・
「MIGHT AS WELL HAVE THE BEST(どうせもつなら良い物を!)」
FILSONの製品全てに注がれている精神です。
まさに質実剛健。
永く使える物って愛着沸くし、大切にし甲斐ありますよね。
時間はかかりますが、ちょっとづつ味が出てくれるといいなと思ってます。
また1年経って忘れてなかったらレポしますよ(笑)
by yamakawawalk | 2012-07-30 20:31 | 物・服 | Comments(0)

風不死岳 

樽前ヒュッテからのコースは一昨年に登ってるので
今回は北尾根コースで登ってみました。

国道から地上高の低い車だと慎重に走らなければならない
砂利道を100mほど進むと登山口です。
b0243727_16375672.jpg

なんてことない林道ゲート前の広場ですね。
駐車は10台でギリギリって所でしょうね。

歩き始めは林道歩きですが
2合目の標識のあるところから本格的な登山道になります。
ここからが笑っちゃうほど真っ直ぐ。
5合目までは斜度もそれなりですが、
8合目からは急坂の直登&ロープ場の連続です。
b0243727_1642027.jpg

こんな感じ。
それでも歩かされる距離はそれほどないので
ぐんぐん標高も上がり、1時間ちょっとで頂上到着です。
樽前ヒュッテコースよりもかなり早く着きますね。
曇りの予報だったので眺望はあまり期待していなかったけど、御覧の通り・・・
※各画像はクリックで大きくなります。
b0243727_16442225.jpg

支笏湖温泉方面
b0243727_16444147.jpg

恵庭岳、オコタン、美笛方面。奥には羊蹄山も。
空の色が映った蒼い湖面が美しい。
この風不死岳は頂上からだと尾根が邪魔して支笏湖の全景を一望できません。
西側、東側をそれぞれ別々に眺めることになります。
支笏湖が大きいのと、標高が足りないせいで、17mmの広角でも全景は映りません。
b0243727_16491010.jpg

苔の洞門付近の国道。
普通に走ってるだけではなかなか見られない風景でしょ?
b0243727_16502310.jpg

後ろを見ると樽前山。
こちらは活火山なので樹木はありません。
線のようなものは登山道です。
b0243727_16512493.jpg

お向かいの恵庭岳。
下に見えるのは丸駒温泉(左)と伊藤温泉(右)。

直登の急登は登るのがキツイけど
帰りはやたら早い。40分で下りちゃいました^^

それにしても暑かった・・・。
by yamakawawalk | 2012-07-29 16:56 | ~~~支笏・洞爺周辺 | Comments(0)

秋撒き小麦

b0243727_1943622.jpg

秋撒き小麦が実っています。
小麦が黄金色になると美瑛の丘の風景も一層美しくなりますね^^
by yamakawawalk | 2012-07-28 19:12 | 木・植物 | Comments(0)

ラベンダー

吹上の露天に入った後、カミフに下りると
札幌へ帰る途中イヤでも通るのでついでに寄りました。
中富良野の有名なラベンダー畑です。
相変わらず凄い人ですね。駐車するのも一苦労です。
ここ来るの何年ぶりかなぁ?
リフトある方が比較的空いているんですが、今時期はどっちも激混みです。
駐車場待ちは覚悟したほうが良いです。

b0243727_19201563.jpg

今がまさにベストタイミングです。
あたり一面紫色とラベンダーの香りで満ちています。
b0243727_19221160.jpg

b0243727_1923261.jpg

部屋にぶら下げるのに二束ほど買いました^^
いい香り。
b0243727_19234993.jpg

カットメロンも。
この後らいでんメロンもらう予定だったので我慢しましたよ(笑)
そのかわりに
b0243727_19252211.jpg

ラベンダーソフト。
うんまい^^

しばらく富良野ネタでなんとかなりそう(笑)
by yamakawawalk | 2012-07-25 21:08 | 風景 | Comments(0)

夕張岳花編②

忘れてた夕張岳花編②です。
こちらも日が経ってるので現状とは開花状況が違います。
ご注意を。

湿原の木道を越えて頂上手前のピークを越えると
ハイマツ等のない砂礫帯があって吹き通しというそうです。
そこには有名な
b0243727_1921796.jpg

ユバリソウがあったんですが
花は終わっていてただの雑草じゃなくて草になってました(笑)
他には食虫植物の
b0243727_19221855.jpg

ムシトリスミレが一輪だけあって

b0243727_19231620.jpg

名前を調べたのですがわかりませんでしたが、小さくて白い花もありました。
頂上の登りに
b0243727_19234562.jpg

ミヤマオダマキもちょっとだけでした。

ユウバリソウの花を見たいならもう少し早く登るべきですね。
そうすれば石原平のシラネアオイ群生も見られると思います。
by yamakawawalk | 2012-07-25 19:29 | 木・植物 | Comments(0)

吹上露天の湯

富良野岳下山後に行ってみました。
たくさんいたらやめようと思ったのですが意外に空いていたので
タオル一枚もって初体験です。
b0243727_2123937.jpg

※知らないおじさん2人写ってるのでぼかしました(笑)
上下2つの湯舟からなっており、どちらもとても熱い!
b0243727_2135416.jpg


下の湯に足入れて熱いなぁとためらっていたら
入っていたおじさんが
「お兄ちゃん上のほうが丁度いいぞー」
と言うので入ったら更に熱い(怒)。だ、だまされた。
「な、熱いべ、48℃あるからな(大笑)」とおっさん。

その後ちゃんと適温の位置を教えてくれてやっと入れました。

それにしてもここは流石に女性は入りづらいでしょうね。
水着で入る方もいると聞きますが、大方フル〇ンのおっさんなので相当の勇気いりますよ。

逆に僕が入りに行って、女性ばかり、おばちゃんばかりだったらどうだろうな?と考えましたが、
僕はたぶん平気かな?見られて恥ずかしいような体型してないし(笑)

それよりも上に見学しにきた観光客に
入浴風景を激写されるほうがいかがなものかと思うんですが。。。
by yamakawawalk | 2012-07-24 21:18 | 温泉 | Comments(0)

オロフレ山

ホロホロ・徳舜瞥(トクシュンベツ)登山で物足りなかった僕は
すぐ近くの(でもないか)オロフレ山へおかわり登山に向かいました。

羅漢岩付近ではちょっぴりスリルを味わえます。
b0243727_18545368.jpg

尾根道に進み頂上方面をみると思っていた以上に距離があります。
コースタイム1時間半ってことで軽い気持ちで登り始めたことを少し後悔。
b0243727_18572859.jpg

あらら、なんか素敵な急登が見えるぞ(笑)。
道端にはすっかり花の終わったシラネアオイが既に実になってます。
b0243727_18585432.jpg

豆?みたい。
b0243727_18592531.jpg

白い花に囲まれた尾根道はよく整備されていて快速コース。

ノウゴウイチゴもたくさん実を付けていましたが今はイチゴ狩りしてる場合じゃない(笑)

最後に待ち受けていたとんでもない急登を両手両足4WD(?)で登って頂上到着。
b0243727_191966.jpg

フラットで広い頂上は大勢いても大丈夫そうな広さです。
奥にはさっき登ったホロホロ・徳舜の双耳峰が見えます。
b0243727_1954638.jpg

頂上直下の急登から来し方を見る。
結構風が強いので、涼しくて快適。
倶多楽湖、地獄谷、洞爺湖周辺が一望できる素晴らしい眺望です。
車に相棒待たせてるのでちょっとの休憩後下ります。
なんかもったいない。もう少しゆっくりしたい眺望でした。

b0243727_1993776.jpg

とても歩きやすい登山道でした。
維持管理されている方々に感謝しながらの下山でした。

ようやく満足した僕は車でいびきかいて寝ていた相棒を優しく(?)起こし札幌へ帰りました。
by yamakawawalk | 2012-07-23 21:36 | ~~~支笏・洞爺周辺 | Comments(0)

スイカとメロン

今日は午後から親戚の家にスイカとメロンをもらいに行って来ました。
b0243727_1822794.jpg

「らいでんスイカ」です。
目の前でもいでもらって、せっせと車に積み込みます。
全部でスイカ14玉、メロン8玉・・・。
「多い方が車の中で転がらないだろ」って(笑)
流石に全部は食べられないので友人達にお裾分けします。
後ろのネギは防虫用だそうですよ。
b0243727_18242014.jpg

メロン畑。たくさん花が咲いているので、まだまだこれからです。
いったい何玉採れるんでしょう?
b0243727_18244931.jpg

メロンの花にミツバチ。
畑の端には蜂箱が置かれていて
そこから飛んできた働き蜂が受粉のお手伝いをします。
メロンの花の蜂蜜ってどんな味なのかな?

毎年こうやっていただくので
実はメロンもスイカも一度も買ったことありません。
よく考えたら贅沢ですね。
いつもありがとうございます。

早速もぎたてスイカ食べよーっと♪
メロンはもう少し室温で置いておかないとね~。
b0243727_2040576.jpg

んーー果汁たっぷり、あま~い♪
ごちそうさまでした^^
by yamakawawalk | 2012-07-22 20:21 | | Comments(0)