カテゴリ:星景写真( 246 )

カムイの星

ランタンの灯りから離れて夜空を見上げると満天の星。
昼間あんなに曇っていたのにいきなり星空になってびっくり。

早速三脚を担いで撮影へ。
b0243727_7193367.jpg

神威岬公園下に降りる階段より。
神威岬と北斗七星&北極星。
神威岬灯台の灯がサーチライトのように沖を照らす。
フィルター使うべきだったかな?



b0243727_7193657.jpg

ここ、風景は良いのだけど、
星景となると微妙な要素が一つある。
すぐそばになる「北オホーツクトンネル」入り口に並ぶナトリウム灯だ。
全部で6灯あってその影響が大きく、ナトリウム灯まで見通せる範囲は全てオレンジに染まってしまう。

フォトショでオレンジを抜いたり彩度を落としてごまかせるけど、
今回はあえてそのままで。


b0243727_719406.jpg

このエリア(というよりオホーツク全般)は南天の天の川を海岸地形と絡めるのはほぼ不可能だ。
これはこれで良いんですけどね。

写っている線は流星じゃなく人工衛星です。
by yamakawawalk | 2015-08-20 00:57 | 星景写真 | Comments(0)

ペルセ群 in 函岳 

お盆休みの初日は、札幌市内でキャンプの買い出し。
御墓参りは少し前に相方ちゃんと2人で済ませていたので、
1日かけてしっかり準備して出発。


出発前にお仕事中の相方ちゃんに会って差し入れをいただき、
R275を通って一路道北へ。

北見枝幸へは275号から朱鞠内経由で美深に出て、
音威子府村咲来から歌登に抜けるのが最短ルートです。

道中275号のお盆限定休日ドライバーのヘンテコ運転にイライラしながらも、
予定より早く美深に到着。
ここから素直に行かないのが僕(笑)


ちょうど星空だったので美深歌登スーパー林道から函岳に寄って星景撮影をすることに。
翌朝そのまま歌登に抜ける。



b0243727_522192.jpg

函岳山頂。
山頂まで車で登れる。
27kmという長いダートを走らなければならないけど、
路面は荒れていなくて乗用車でも問題ない。

山頂部には気象レーダー施設があって、前々からここで星景を撮りたかった。



b0243727_5213228.jpg

南天は名寄の光害が若干影響するも、
周囲よりも高い位置にあって麓まで見通せるから、
星空の広がり方が独特。
目線より低い位置まで星が見えるのがたまらない。
宇宙に浮いているようです。

白雲のテン場の方がすごい星空だけど、あちらは周囲も高いから
アイレベルより下に星が見えるなんて体験はできない。

b0243727_522493.jpg

雨量レーダーだとか。
函岳の山頂標識側に回ると、低周波音が響いていてちょっと不気味(笑)
北海道本土で最北の1000m越えの山で標高は1129m
周囲は森林限界を超えていてハイマツが広がっている。
たまに風に乗って獣臭がしてくるけど気にしない気にしない(笑)
たぶん狸だろ。


EOS6D + SIGMA24mm f1.4
ISO3200 f1.4 15sec

やっぱりこのレンズは優秀。
解放だけど周辺減光以外は素晴らしい。
コマ収差も気にならないレベル。
周辺減光はLR4で補正しています。


お盆と言えば毎年恒例のペルセウス座流星群
13日の未明が極大だけど、その前後もダラダラと見られる。
ペウセウス座は"W"のカシオペア座の隣。
輻射点のペルセウス座が見える北東方面にカメラを向け固定して流星を狙う。

16mmだと写る範囲が広いから捉えやすいけど、
どうしても長いもの以外は小さくしか写らないから、
確率は減るけど24mmで狙う。

あとは流れる位置は神のみぞ知る(笑)



b0243727_5223816.jpg

レーダーサイトと北天。
北の天の川周辺は派手ではないけど星数が多く写って好きです。
右上にアンドロメダ星雲。
レーダーサイト右手にプレアデス星団。

アンドロメダの右下に流星の端っこが写った(笑)
この流星はかなりゆっくり長く流れてくれたけど、残念ながらフレームアウト(笑)

かなりの数が流れていて、
流星群のピークほどではないけど、割合からして5分に1個以上は確実に流れている。
明るく長いものも多くて観測だけであればかなり楽しめた。
撮影となると運も左右するわけで・・・。


b0243727_5221377.jpg

んで捉えた。
(トリミングしています)

レーダーサイトの左に明るい流星が一筋。

この後間も無く雲が広がり撮影は強制終了。


クマの出そうな駐車場にテントを張って朝まで寝ました(笑)
by yamakawawalk | 2015-08-17 06:00 | 星景写真 | Comments(8)

When you wish upon a star

b0243727_2316816.jpg

6D + Tokina AT-X16-28mm f2.8 FX

retinaディスプレイのiMacにしてから、撮った写真を現像したり鑑賞するのが楽しくなったのだけど、
一つだけモヤモヤしていたことがありました。

それはブログにアップして、iMacから自分のブログを見たときに、
どうも画像がぼやけて見えていたこと。

以前のwindows機で見ていたときは、同じアップの仕方で全く問題がなかったのだけど、
iMacではすべての写真がぼやけてる。

なぜだろうと色々現像後の出力設定を変えながら色々試してやっと解決。

どうやらモニターが高解像度であるがゆえに、アップする画像も2倍のサイズが必要らしい。
ただしそのまま表示したいサイズの2倍、
僕の使っているスキンだと横幅800pxの2倍1600pxだとやはりぼやけたまま。
そこでアップした後に編集欄にある
『|mid|1400|2100#』
↑を画像のアップロード後に|mid|700|1050#と変更する。

すると撮ってLightloomで現像した物と同等のシャープな画像をブラウザを通しても見ることができました。

少々面倒ですが次からはこうするようにします。


ちなみに普通のモニターだと今回アップした画像はきれいに見えているのでしょうか?




さて「明日は」山登りはお休み。
その代わり・・・・♫


b0243727_6171714.jpg

6D + EF50mm f1.8 STM
by yamakawawalk | 2015-07-04 23:35 | 星景写真 | Comments(2)

Mt.Youtei Starscape

b0243727_2343794.jpg

星景撮影をしていると、星空の綺麗さも大事だけど、
"景"の要素の方が大事です。

星空だけを撮るのなら、正直『真っ暗なら』どこでもいい。
でも僕らが撮っているような写真はそうもいきません。

そうなると事前のロケハンが大事になってきます。
明るい時間帯に数カ所ピックアップしておいて、シミュレートしておく。
特に今時期のような夜が短い季節は、
撮影時間中に無駄な移動をできる限り少なくするためにも重要な準備になります。

でもいつもそうできるとは限らないですよね?

登山をしていると地形図を見る機会があると思うのですが、
地図を見るんじゃなくて「地図を読む」ことに慣れていると、
どうしてもロケハンができなかった夜でも、結構ぶっつけ本番でどうにかなるものです。
あと必要なものは多少の星空の知識と、方向感覚でしょうか?
地図読みに関しては釣り人時代、いや子供の頃からの趣味みたいなもので楽しく身につきました。

早い話が地図オタクなんですよ(笑)
だから道内に関しては移動しながら頭の中でコンパスが作動してるので方向音痴とは無縁です。

僕の場合、一番大切な撮影センスが欠如しているのが痛い所ですが(笑)

by yamakawawalk | 2015-07-01 06:01 | 星景写真 | Comments(2)

Galaxy & Mt.Youtei

b0243727_231336.jpg



EOS6D + EF50mm f1.8 STM
ISO3200 f/1.8 10sec

星景撮影には16mm〜24mmの焦点域をよく使うのだけれど、
悪い癖でどうも同じような構図になりがち。

以前から試してみたかったのが、50mm以上の標準域や中望遠での星景撮影です。
天体撮影ではよく使われているようですが、それらは赤道儀を使ったガイド撮影。
固定撮影で使っているのはあまり見かけません。

星を点像で写すのに16mmだと30秒開いても問題ありません。
50mmとなるとせいぜい10秒が限界。
そうなると必要なのがレンズの明るさとボディの高感度性能です。

6Dと50mm f1.8でどれくらい撮れるもんだろうと試したのがこの一枚。

いんでないかい(笑)

もう一段づつ感度を上げてシャッタースピードを早くしても良かったかな?
ちょこっとピンずれもしてる気がするなぁ。
広角よりもシビアですね。

こうなるとEF50mmf1.2LとかEF85mmf1.2Lが気になる今日この頃だけど、
PC買い換えたばかりだから考えないようにします(笑)
by yamakawawalk | 2015-06-26 06:05 | 星景写真 | Comments(4)

ニセコ双子の木 天の川アーチ

b0243727_20561660.jpg
クリックで拡大します。

以前の記事にも書きましたが、
ここはニセコエリアでも超有名な撮影スポット。

中央の2本あるサクランボの木ごしに羊蹄山をフレーミングする構図で撮られてる定番スポット。

なんだけど・・・
試しにGoogleで「ニセコ双子の木」って検索すると分かるかと思いますが、
誰かと違った写真を撮るのが非常に難しい。
思いっきりサクランボに近づいたりできればまた違うのだろうけど、
周囲は普通に農作物を栽培している畑。
道路脇の駐車スペース以外には立ち入ることはできません。

人とは違った写真を撮りたい、となると僕の場合は夜に行く事になります。

事前に天の川の方角を調べて、
ちょうど羊蹄と双子の木の上空にアーチを描くっていう狙い通りに撮れました。



iMacの壁紙にしました♫
b0243727_19541547.jpg

by yamakawawalk | 2015-06-24 20:32 | 星景写真 | Comments(7)

登るその前に 2015

b0243727_69279.jpg

クリックで拡大します。

羊蹄山に比羅夫コースから登ってきました。
登山前夜に倶知安周辺で星景撮影。

非常に好条件の夜だったらしく色々楽しみつつ、気になっていた事も試せました。

写真は京極町の某所です。
山菜採りで入ってきて偶然見つけた場所で、
今まで場所も公開せず誰も連れて行かずで楽しませてもらっています。
今時期ちょうど羊蹄の上に天の川が立つのでお気に入りの場所です。

場所は申し訳ありませんが内緒です^^;


羊蹄山登山編は後日up予定です。




by yamakawawalk | 2015-06-21 21:21 | 星景写真 | Comments(10)

Star Tractor 2

b0243727_19225182.jpg

by yamakawawalk | 2015-05-30 06:00 | 星景写真 | Comments(1)

アーチ

b0243727_19114283.jpg

麓郷展望台にて。
クリックで拡大します♪

トラクターが100倍格好良く見える写真(笑)

ここ麓郷展望台は真っ暗で見晴らしが良くて星景には一見良さげですが、
いまいち星と一緒に写すものがないんですよね。

今回は非常に美味しい場所にトラクターが放置されていてラッキーでした。
by yamakawawalk | 2015-05-20 00:35 | 星景写真 | Comments(12)

Star Tractor

b0243727_18581520.jpg

6D + SIGMA Art 24mm

ISO1600 f1.4 20sec

丘の畑にポツンとトラクター。
頭上には夏の大三角と人工衛星。
彦星さんの愛車はトラクター?(笑)

銀河を耕す!

(笑)

レンズが明るいと無駄に感度を上げなくていいし露光時間も短く済むのでいい。

14mm f1.4なんてレンズ作ってくれないかな?
前玉がバカでかくても良いから(笑)

やっぱり星撮りは楽しい!
by yamakawawalk | 2015-05-18 18:00 | 星景写真 | Comments(12)