カテゴリ:~~~夕張山地( 5 )

道央の鋭鋒 芦別岳再訪 【2014】

芦別岳に登ってきました。

芦別は2012年の7月以来です。
前回は好天だったにもかかわらず、空気の透明度が悪すぎて遠望が利かなかったので、
そのリベンジも兼ねて。

b0243727_9411076.jpg

こちらは昔撮った写真。
左が芦別岳、右に2つ並んでいる岩峰が夫婦岩。


b0243727_9421447.jpg

こちらも一昨年撮った夕張岳山頂からの芦別岳。


前日の夜になってから富良野に到着。
ちょっとだけ素敵な場所で観光して、一箇所だけで星撮り。
そして登山口の太陽の里キャンプ場の駐車場で車中泊し、朝早くから登りました。

天気予報などを色々検討したら、午後には高山周辺に雲が湧くのが間違いないため、
AM5:30にスタートです。
雲が沸く前になるべく登る作戦です。

More
by yamakawawalk | 2014-09-01 22:18 | ~~~夕張山地 | Comments(26)

芦別岳 2014 速報版

b0243727_18394367.jpg


2年ぶりに芦別岳に登ってきました。

オホーツクから張り出す気圧の尾根の影響で大気の状態が不安定とのこと。

おそらく昼前にはモクモク積乱雲の可能性が高いので、
朝5:30に登って天気の良いうちにサクッと下山してきました~。

詳細は後日!
by yamakawawalk | 2014-08-31 18:42 | ~~~夕張山地 | Comments(13)

夕張岳 2012

夕張岳に登ってきました
コロコロ変わる予報に、予定先をトムラウシ、ニペソツ、ニセカウと二転三転した後
3時間メッシュ予報で一番無難そうだった夕張岳へ向かいました。
睡眠時間をあまり取れなかったのでむしろ良かったのかもしれません。

出発後、大問題(?)が。
先日紹介したローソンの小さい大福が数店寄ってもどこにもない!
気に入ったとたんに廃盤になったのでしょうか?
無い物はしょうがないですけど、コンビニってパンにしてもコロコロ商品変わりすぎですよね。

ガッカリしつつ夕張へ向けて走って、長めの林道を走りAM4:00過ぎに到着。
札幌から100kmないので近いですね。
車びっしりかと思いきや駐車場には数台しかいなくて拍子抜け
のんびり用意してLet's Go!
b0243727_17321066.jpg

ちょっとの林道歩きの後、登山道は左右に分岐します。
左は夕張岳ヒュッテ経由で馬の背コース、右は冷水コース
今回は右の冷水コースから行って帰りは馬の背コースで下ります。
分岐の巨大熊出没の警告にビビッて出発。
よく見たら2008年じゃないか。
それから熊も4歳歳食ったのなら闘って勝てるんでねーか?(無理だって)
と強がって歩き始めますが、すぐに熊の事なんか忘れてしまいました。
こっちが気にしすぎると逆に出てくるような気がしませんか?

More
by yamakawawalk | 2012-07-15 18:07 | ~~~夕張山地 | Comments(0)

芦別岳②

雲峰山での休憩後登山道に復活すると
いきなりの下りです。
山頂直下での下りってなんかすごくもったいない気がします。
ただ実際に下ってみるとそれほど高度を損する訳でもなくコルに下りられました。
天狗からニペ山頂への下りに比べれば1/3以下です。

ただコルから見た崖下が・・・
b0243727_8335671.jpg

うわああああああ、断崖絶壁(笑)
写真よりも急で高さがあります。落ちたら痛いどころでは済みません。
下腹部がキュッとなります。

そんな断崖絶壁を見ながら、尾根伝いに平らな道を行き
笹に付けられたジグザグの登山道を登りきると頂上です。
心配していた雪渓横断もなく通過。
雲峰山から山頂まで30分弱って所でしょうか。
b0243727_8365279.jpg

到着~♪
雲峰山での30分休息を含め登山口から頂上まで4時間でした。
流石に夕張山地の最高峰、絶景ですね。
想像していたより広かった頂上で、一番乗りだったので汗で濡れたシャツを脱ぎ乾かします。
速乾素材って良いですね。アッという間に乾きます。
下りでアッという間にベショベショになりましたが(笑)

雲峰山方面を見ても後続はいまのところ誰もいません。
しばらく頂上独り占めだ~。

b0243727_8413797.jpg

ユーフレ本谷。
ここを登って来られる方がいるとか。
そういえば去年ニペのテン場でお話した旭川の方がGWにここから登ったと仰ってました。
いやぁ凄い。素直に尊敬します。僕みたいな素人には想像も付かないルートです。
b0243727_8445046.jpg

来し方を見る。
なんちゅうところに道作ったもんだか(笑)
岩稜ということでイワツバメがたくさん飛んでいました。
大空を気持ち良さそうに滑空する彼らを見ていたら、
飛んで下山できたら楽だろうなぁなんて妄想が膨らみます。
残念ながら2足歩行しかできない僕は歩いて下るしかありません。
行程の長さを思い出すと下りは憂鬱です。
b0243727_8475440.jpg

南方。
手前の山(ポントナシベツ?)もこう見たらいい山なのに残念ながら登山道はありません。
さらに奥には夕張岳も写ってます。
空気が澄んでいたらもっと遠く羊蹄山まで見えるそうです。
手前は見通しが利くので羆でも歩いてないか目を凝らしましたがいませんね(笑)
これだけの炎天下だと毛皮着た羆は涼しい場所でじっとしてるのでしょうね。
b0243727_8534121.jpg

旧道方面
真ん中の尾根に見える踏み分け道が旧道。
とんでもない尾根道ですね。でもいつかあっちからも登ってみたいです。
奥に写ってる岩山は崕山。
高山植物の盗掘が横行して登山禁止になった山です。

予想よりも早く、AM8:30に到着したので、風も弱く涼しいのでのんびり休みました。
ただこの天気、麓の気温が気がかりです。下りの暑さで消耗は確実です。
あまり長居すると最高気温時間に下りることになります。
雲峰山方面からチラホラ登山者が見え出しました。

AM10:00に山頂を後にして下りました。
とにかく暑い暑い。
久々にタオルを首に巻きましたがすぐにベチョベチョ。
こまめに水分を補給しながら一気に下りました。

そういえば久々に登山道で女の子に会いませんでした。
すれ違ったのは年上のおじ様ばかり。
確かに長いしキツイだろうから敬遠されているのかもしれませんが、
景色が良いのでぜひチャレンジしてもらいたいですね。花がないと寂しいですよ(笑)

下り後半の樹林帯がかったるいったらありません。長い長い。
b0243727_9242368.jpg

単調な樹林帯の下りで唯一綺麗だった道
ダケカンバに緑の草が綺麗でした。

登山口の魔境の門を内側から開けたのがちょうど正午。
2時間で下っちゃいました・・・・。

いやぁ、よい山でした。
秋の澄んだ空気の頃にもう一度登りたいと思います。
by yamakawawalk | 2012-07-02 19:33 | ~~~夕張山地 | Comments(0)

芦別岳①

芦別岳(1726m)登ってきました。
ニペソツ、利尻などと並ぶ北海道の数少ない鋭鋒。
富良野に遊びに来る度にいつかはと思っていましたが、ようやく決心して登ってきました。
夕方までには札幌戻らないといけなかったので時間微妙でしたが、
朝が早いからなんとかなるさと向かいました。

b0243727_19251155.jpg

AM4:30スタート。魔境の入り口です。柵はエゾシカ避けですね。
単独で初挑戦なので新道コースです。旧道の方が写真的には美味しいようですが、流石に自信ありません。
新道コースでも往復12km、標高差1400m、登り4時間半といわれる行程です。
なかなか手強そう。初挑戦の期待と不安が入り混じって変なアドレナリンが出てます(笑)

More
by yamakawawalk | 2012-07-01 19:26 | ~~~夕張山地 | Comments(0)