カテゴリ:~~~支笏・洞爺周辺( 10 )

恵庭岳 2015/5/31

b0243727_6363541.jpg

恵庭岳に初めて登ってきました。

日曜の天気は朝から雨。
前日の天気図やGPVの予想を見る限り、
午後には雲がとれて好天になりそう。
雨後の好天だから空気も澄んで遠望が効きそうなので、近場の未踏の山ということで恵庭岳へ。


12時少し前はまだ写真のように山頂付近に雲がかかっていたけど、
天気予報を信じて11:45登山開始~♪

More
by yamakawawalk | 2015-06-02 21:14 | ~~~支笏・洞爺周辺 | Comments(8)

快晴の漁岳~オコタンペ山

21日の祝日、朝から晴天が期待できたので札幌から近い漁岳へ登ってきました。
漁岳は夏道がないので冬季から残雪期に登られるとのことで、
以前から登ってみたい山でした。

5時にアラームをかけたけど4:30に目覚める見事な体内時計のおかげでのんびり準備(笑)
市内からでも登山口までは1時間足らずなので思い立ったらすぐに行けるのも魅力なのかも?


b0243727_5474092.jpg

道中、南大橋あたりから恵庭岳がクッキリ見えて俄然テンションUP↑
登山口となる林道入り口に着いた頃には3台ほどだった車も、
準備している間に続々と到着してきました。


b0243727_5475145.jpg

さ~てと、行きますか^^

More
by yamakawawalk | 2015-03-22 07:05 | ~~~支笏・洞爺周辺 | Comments(10)

本貫気別山 2014/3/29

b0243727_9463866.jpg

洞爺湖町の本貫気別(ポンヌキベツ)山へ登ってきました。
天気予報では晴れとなっていましたが、実際に現地に着くと一面の霧。
ウインザーホテル洞爺へ行って朝陽を撮った後は、
一旦洞爺湖畔へ下って時間つぶし。

ポンヌキベツへ
by yamakawawalk | 2014-03-30 17:21 | ~~~支笏・洞爺周辺 | Comments(2)

樽前山 夏道ラスト②

さて、腹ごしらえもしたし、樽前登山再スタートです。
写真はクリックで大きくなります。
b0243727_10183438.jpg

まずは支笏湖を背に再び東山へ向かいます。

続きはこちら
by yamakawawalk | 2013-11-19 20:56 | ~~~支笏・洞爺周辺 | Comments(4)

樽前山 夏道ラスト①

樽前山7合目ヒュッテへ続く「樽前錦岡線」が18日に冬季閉鎖に入ります。
天気予報も良好だったので、土曜に夏道ラストの樽前山へ登って来ました。

午前2時に札幌を発ち、3時半に7合目ヒュッテ駐車場に到着。
僕は夜行性なのですぐに出発します(笑)

今回もまずは御来光狙いです。

途中風不死岳の向こうに沈むほぼ満月を横目に見ながら、
正面に輝くオリオン座へ向かってゆっくり汗をかかないように登ります。

東山の山頂には既にお一人いてスタンバっていました。
僕は月が沈み日が昇るまでの合間に星を撮って時間つぶし。

東の地平線が染まりだしました。
b0243727_12183769.jpg


続きはこちら
by yamakawawalk | 2013-11-17 17:42 | ~~~支笏・洞爺周辺 | Comments(0)

秋のダブルヘッダー その2 【ホロホロ山・徳舜瞥山】

樽前山を離れ、美笛峠を越え大滝の三階の滝公園から少し走ると、
徳舜瞥山の登山口です。
樽前に登った後に到着したので既に駐車場はビッチリ。
なんとか駐車は出来ましたが、ギリギリセーフって感じでした。


AM9:30本日2座目スタート!
b0243727_732699.jpg

ん?コースタイム100分のはずだけど、150分に変えてある?
いたずら?
にしたってかなりゆっくりでも150分も掛からないと思うけど・・・。
ホロホロまでって言うなら納得。

ホロホロ山・徳舜別山はコチラ
by yamakawawalk | 2013-10-21 21:32 | ~~~支笏・洞爺周辺 | Comments(2)

秋のダブルヘッダー その1 【樽前山御来光登山】

先日の降雪であちこちの山が真っ白になってしまった北海道ですが、
本来ならまだ1000m前後の山であれば普通に登山が出来る時期です。

ちょこっと雪が降ったくらいでめげていられないので、
日が短くなったこの時期に強引に2山をやっつけて来ました。

1座目は「樽前山」です。
以前からここで御来光登山をやってみたかったのを今回実行しました。


スタートはAM4:30です。
b0243727_19411678.jpg

入山届けを見ると既に1名登ってるようです。
既に天文薄明は過ぎています。

常用薄明がAM5:22なので、それまでに東山山頂へ立つ予定です。

樽前東山からの御来光はコチラ
by yamakawawalk | 2013-10-19 20:29 | ~~~支笏・洞爺周辺 | Comments(0)

風不死岳 

樽前ヒュッテからのコースは一昨年に登ってるので
今回は北尾根コースで登ってみました。

国道から地上高の低い車だと慎重に走らなければならない
砂利道を100mほど進むと登山口です。
b0243727_16375672.jpg

なんてことない林道ゲート前の広場ですね。
駐車は10台でギリギリって所でしょうね。

歩き始めは林道歩きですが
2合目の標識のあるところから本格的な登山道になります。
ここからが笑っちゃうほど真っ直ぐ。
5合目までは斜度もそれなりですが、
8合目からは急坂の直登&ロープ場の連続です。
b0243727_1642027.jpg

こんな感じ。
それでも歩かされる距離はそれほどないので
ぐんぐん標高も上がり、1時間ちょっとで頂上到着です。
樽前ヒュッテコースよりもかなり早く着きますね。
曇りの予報だったので眺望はあまり期待していなかったけど、御覧の通り・・・
※各画像はクリックで大きくなります。
b0243727_16442225.jpg

支笏湖温泉方面
b0243727_16444147.jpg

恵庭岳、オコタン、美笛方面。奥には羊蹄山も。
空の色が映った蒼い湖面が美しい。
この風不死岳は頂上からだと尾根が邪魔して支笏湖の全景を一望できません。
西側、東側をそれぞれ別々に眺めることになります。
支笏湖が大きいのと、標高が足りないせいで、17mmの広角でも全景は映りません。
b0243727_16491010.jpg

苔の洞門付近の国道。
普通に走ってるだけではなかなか見られない風景でしょ?
b0243727_16502310.jpg

後ろを見ると樽前山。
こちらは活火山なので樹木はありません。
線のようなものは登山道です。
b0243727_16512493.jpg

お向かいの恵庭岳。
下に見えるのは丸駒温泉(左)と伊藤温泉(右)。

直登の急登は登るのがキツイけど
帰りはやたら早い。40分で下りちゃいました^^

それにしても暑かった・・・。
by yamakawawalk | 2012-07-29 16:56 | ~~~支笏・洞爺周辺 | Comments(0)

オロフレ山

ホロホロ・徳舜瞥(トクシュンベツ)登山で物足りなかった僕は
すぐ近くの(でもないか)オロフレ山へおかわり登山に向かいました。

羅漢岩付近ではちょっぴりスリルを味わえます。
b0243727_18545368.jpg

尾根道に進み頂上方面をみると思っていた以上に距離があります。
コースタイム1時間半ってことで軽い気持ちで登り始めたことを少し後悔。
b0243727_18572859.jpg

あらら、なんか素敵な急登が見えるぞ(笑)。
道端にはすっかり花の終わったシラネアオイが既に実になってます。
b0243727_18585432.jpg

豆?みたい。
b0243727_18592531.jpg

白い花に囲まれた尾根道はよく整備されていて快速コース。

ノウゴウイチゴもたくさん実を付けていましたが今はイチゴ狩りしてる場合じゃない(笑)

最後に待ち受けていたとんでもない急登を両手両足4WD(?)で登って頂上到着。
b0243727_191966.jpg

フラットで広い頂上は大勢いても大丈夫そうな広さです。
奥にはさっき登ったホロホロ・徳舜の双耳峰が見えます。
b0243727_1954638.jpg

頂上直下の急登から来し方を見る。
結構風が強いので、涼しくて快適。
倶多楽湖、地獄谷、洞爺湖周辺が一望できる素晴らしい眺望です。
車に相棒待たせてるのでちょっとの休憩後下ります。
なんかもったいない。もう少しゆっくりしたい眺望でした。

b0243727_1993776.jpg

とても歩きやすい登山道でした。
維持管理されている方々に感謝しながらの下山でした。

ようやく満足した僕は車でいびきかいて寝ていた相棒を優しく(?)起こし札幌へ帰りました。
by yamakawawalk | 2012-07-23 21:36 | ~~~支笏・洞爺周辺 | Comments(0)

ホロホロ山・徳舜瞥山

ちょっと前に、以前から気になっていた
道央圏の山、ホロホロ山・徳舜瞥山へ登ってきました。
登ってから少し日が経ってるので、
花などの状況が直近とは違っていると思いますがご了承ください(笑
b0243727_20165981.jpg

登山口は車が15台ほど駐車できるようになっています。
目指すは奥の尖った徳舜瞥山です。

More
by yamakawawalk | 2012-07-22 10:25 | ~~~支笏・洞爺周辺 | Comments(0)