月下の海岸

b0243727_21555548.jpg

弁慶岬から連なる山々は「月越山脈」

島牧村の東はずれに”歌島”という集落があって、
そこから月越山脈上の電波塔群まで続く道があります。
路面は砂利になったり簡易舗装になったり。
入り口がちょっとわかりにくいのですが、
登るにつれ眺望が開けて島牧の海岸線を一望する良い景色が広がっています。
一番奥の山塊が翌日に登った狩場山です。


この夜はほぼ満月の月明かりで良い雰囲気の写真が撮れるかな?と、
車を山の上に走らせました。
b0243727_10423100.jpg


ちなみにこの前日はブルームーン。
ブルームーンといっても月が青いわけではなく(笑)
ただ単純にひと月に2度満月がある2回目のことです。


b0243727_10431029.jpg

こちらは寿都町樽岸。


寿都湾は波が穏やかなので牡蠣の養殖なども行われています。
季節風の吹き荒れる厳冬期でも西側に山があるこの付近は凪ていることが多いです。
島牧方面が西や北西風でシケていて釣りにならない場合の逃げ場ですね。

その代わり長万部からここ寿都湾までの黒松内低地帯は、
太平洋〜日本海を目立った山がなく風がそのまま抜けるため、
日本海沖に向かって吹くダシ風の強いところとして有名です。
春の釣りの際にここを車で走ると強風で走行中の車が横揺れするほどです。
その証拠として湾奥の海岸には風力発電が数基設置されています。

「風のまち」寿都たる所以です。
by yamakawawalk | 2015-08-11 21:01 | 風景 | Comments(2)
Commented by rin_pr at 2015-08-11 21:29
月夜は、実は明るい(特に冬の凍て月)のを思い出しました。
懐かしい、ほっとした気分がします。
Commented by yamakawawalk at 2015-08-13 08:21
rin_prさん、コメントありがとうございます(^^)

そうですね、満月の明るさは想像以上です。
雪原に満月は特に。
以前札幌市内の藻岩山にナイトハイクしようと向かったら、
ヘッデン忘れたのにきづきましたが、
満月だったのでそのまま登れました(笑)

月夜の写真的には満月だと少々明るすぎかな?と思います。
個人的な好みですけど(^^;;
<< 北へ モッタ海岸温泉 >>