砂湯 de キャンプ

体育の日絡みの連休は屈斜路湖砂湯でのキャンプがメインだった。


キャンプと言っても人それぞれいろんなスタイルがあるだろうけど、
僕が一番好きなキャンプは紅葉の綺麗な今時期のキャンプ。


秋のキャンプの何が良いかって言うと、
静か、暑くない、虫がいないの3点に尽きる。

特に静かなのは重要な要素で、
一度秋の大人なキャンプを経験すると、夏の騒々しいキャンプ場でなんか泊まれない。


今回最初に予定していたのは和琴のキャンプ場。

しかし、土曜の道東は台風並みの風が吹き荒れていて、北西の風が吹き付ける和琴キャンプ場は閉鎖。
前日も危険だからといって強制撤収させられたらしい。
(キャンプに来ていきなり撤収せよって言われても困ると思うのだが・・・)

新設されたビジターセンターの愛想の悪いおばちゃんに聞いたら、
和琴周辺のキャンプはダメよ~ダメダメ(笑)、
私が怒られる(笑)とのこと。

水も何も使えなくていいなら砂湯へどうぞ、あそこならキャンプしてもいいよ。
(和琴がダメで砂湯がOKな理由が不明だが)
と、いうことなので車3台は砂湯へ。

砂湯へ着くと雨も風もひどくなく、なんとか設営作業が出来そう。
と、言うよりスクリーンテントさえ張ってしまえば、外の天気が少々ひどくても全く問題ない。
キャンプでの悪天候など修羅場は散々経験してきてる。
もっと凄まじい暴風時にやったことあるし、去年のお盆なんか豪雨落雷の中だったし(笑

問題は悪天候時にどう臨機応変に対応できるかだ。
この辺りは場数を踏まなきゃどうしようもないことだけど。

いろいろチェックしたら確かに水場は使えないし、ゴミ箱も閉鎖。
どちらも僕らには何の問題でもない。
トイレは砂湯のパーキングに365日24時間暖房付きの立派な物があるのでそれも問題なし。
和琴の『用足し中に電気が消えるトイレ』よりマシだ(笑)

んでスクリーンテント&テント4張り設営完了~♪
b0243727_9205374.jpg







今年の湖畔の足元は凄いことになってる。
b0243727_9215834.jpg

一面どんぐり。
前夜からの強風で余計に落ちているのだろうけど、
それにしても大豊作ではないかと。
歩くたびにパチパチと潰れる音がする。

今年は麓に下りてくるヒグマは少ないだろう。
んで来春は子クマがたくさんだな。。



最初の晩は雨風だったのでスクリーンに引きこもって呑んだくれ。
寒いから焼き物メインで。
炭を囲んでバーベキューと焼き魚、ウイスキーと焼酎。
そしてバカ話(笑

水場は水が出ないので使う水は屈斜路に来たら必ず立ち寄るいつものところで汲んでから来た。
b0243727_9264085.jpg

美留和にある摩周湖の伏流水スポット。
b0243727_927611.jpg

ここでたっぷり汲んでから行く。
お酒用、調理用、コーヒー用に摩周湖の伏流水。
超贅沢。
これで水が出なくても問題なし。


----------------------------------------------



翌日は朝から快晴。
んで、最初にマイホームを設営した場所だと、
テントを含めて撮影する場合どうもお隣が近か過ぎだから、
お得意の引っ越し(笑)


移動したのがこちら。
b0243727_9463317.jpg

なかなかのロケーション。
(摩周岳から下山後に撮影)

奥の山は藻琴山。



b0243727_9481287.jpg

スクリーンテント内から見た我が家。

別にイビキがうるさいから隔離されたわけじゃありませんよ(笑)

砂湯周辺の紅葉はちょうどピークだった。
b0243727_1865350.jpg

b0243727_18415100.jpg

b0243727_1873596.jpg


日曜は天気もよく星空が望めそうだったので、
日没後ちょっとだけ近くに撮りに行った。
天文薄明→月出までの僅か1時間ほどしか満天の星は期待できない夜だった。


戻ってくると煌々と明るい僕らのキャンプスペース。
その光源はこれらのランタン達だ。
b0243727_9501987.jpg

ガスランタンを含めて5灯のコールマン。
これら全部をフル稼働させ明るく楽しむ。

キャンプ場で明かりが暗いほど寂しい物はないので、
僕らはいつもありったけのランタンを照らす。

んで、また酔っ払ってしまい、肝心なランタンの使用風景を撮って無いわけだが(笑)




b0243727_955395.jpg

暮れゆく屈斜路湖と、マイハウス。


b0243727_9554535.jpg

キャンプ場ではビーンブーツがピッタリ。
つま先が濡れず水も入らず、それなりに温かい。
秋のキャンプだと他にはバーバリアンのブーツあたりを履いてると格好いいですね♪



b0243727_9562481.jpg

僕は10インチを春秋のキャンプで長靴代わりに履いている。
無造作に扱えて、汚れたらザブザブっと洗える所がこのブーツの良いところ。
もともと泥濘地でハンティングする際に履くように作られたブーツなので、
小奇麗に履くようなものではない。
10インチは上からデニムを被せたり、中に入れたりといろいろな履き方ができる。

ソレルカリブーはすっかり市民権を得たようだけど、
これをタウンで履いていると未だにガン見される(笑)



b0243727_9575115.jpg

これも何度も登場させてますね。
L.L.ビーンのフィールドコート。
焚き火や炭起こし時の最強アウターです。
火の粉?かかってこいや(笑)
コイツをガバっと羽織って炭起こしですよ。
高価なナイロン製アウターで格好つけても、火の粉で速攻穴あきますよ(笑

L.L.ビーンと言えばこれらの2つとトートバックが定番中の定番です。
昔から愛用者のいる定番のものというのは、大事に使ってさえいれば、一生ものの相棒になってくれる。
新しいものも良いけど、昔の物ほど長持ちしないのは気のせいだろうか?

フィールドコートの現行品はタウン着に方向転換していて質感使い勝手共に微妙になりましたが、
探せば昔のタイプが結構安く投げ売りされています。


夕焼けも綺麗だった。
b0243727_9534968.jpg




ここ砂湯は、その名が示す通り、湖畔の砂を掘るといたるところからお湯が湧く。
そのためこの付近だけは厳冬でも結氷せず、白鳥のたまり場になっている。
b0243727_10114027.jpg

掘れば掘るほどお湯が出る。
湯温は意外に熱い。

土産物屋の近くに3人ほどが入れる浴槽があって、昼間はお湯を張ってあるのだけど、
閉店後は全て捨ててしまう。
でも浴槽の横にバルブがあって、それを調整すれば垂れ流し状態の温泉を自分で貯めることができるので、
僕らはいつも宴会中に「ちょっと風呂のお湯入れてくるわ(笑)」
と言って貯めておく。
宴会終了の頃にはしっかりお湯が張られている。


いつもは激熱で足湯しか出来ないのだけど、
今年はなぜか超適温。
適温となれば当然全身浴でしょ。
誰もいないし真っ暗なので昼間は観光客でごった返す土産物屋の前で全裸になって全身浴♪
b0243727_15242564.jpg

星見風呂だよ~♪

幸せ~。


頭上を流星が流れる。

オリオン座流星群はもうすぐだな♪

みんなが入浴後、しっかり排水しておやすみなさい...zzz
by yamakawawalk | 2014-10-16 07:00 | キャンプ | Comments(14)
Commented by yukki6727 at 2014-10-16 08:34
おはようございます♪

屈斜路湖というから、和琴かと思ったんですがダメだったんですね
本当、いいじゃ~ないのぉ♡ですよね~♪(笑

砂湯でもゆっくり秋キャン堪能できたようで良かったですね
ランタンすごい数ですね。オドロキ~(;゚Д゚)
我が家のランタンはノーススターで始めた頃に明かるいほうが良いでしょ!!
と思って購入しましたが、ちょっと灯り方がレーザービーム的で失敗でした(;´Д`)
このランタン達なら、やわらかな光で照らされて雰囲気があって良さげですね

最後のサービスショット、どうせならこっち向いてて欲しかったですぅ(/ω\)
いいじゃないのぉ~(笑
Commented by yamakawawalk at 2014-10-16 12:15
yukkiさん、こんにちは♪

本当は和琴をベースにして、和琴周辺の野湯探訪の予定でしたが、
あいにくキャンプお断り&強風大時化で叶わずでした(^^;;

ランタンを多く使う程ガソリンの消費も馬鹿にならないわけで(苦笑
ノーススターは確かチューブマントルタイプですよね(^^)
明るそうでいいなぁと思っていましたが、
レーザービームですか(笑)
僕の使ってるランタンはたまに不機嫌になったりと気難しいヤツですが、
長年使ってる可愛い相棒です(^^)

正面向き写真の公開はさすがに恥ずかしいです(//∀//)
ダメよぉ〜♡ダメダメ♡(笑

現場にいればお見せしますよ。
生で見せるのには全く抵抗ありません(爆
Commented by yah-_-yah at 2014-10-16 17:19
L.L.ビーンのビーンブーツとフィールドコートですかー。
お友達もビーンブーツのようですね。
今まで興味なかったんですが、ちょっと興味出てきました。
(こういう靴をビーンブーツと呼ぶことさえ知らなかった)
これらは普段着でもOKですか?
ビーンブーツでクルマの運転も大丈夫ですか?
大丈夫なら冬靴として買おうかな?短めのやつを。。。
Commented by yamakawawalk at 2014-10-16 18:44
yahさん、こんばんは^^

ビーンブーツは普段着でも大丈夫ですよ~。
僕もこれからの時期はデニムにビーンブーツはよく履きます。
ビーンブーツはデニムに合いますよ~。

写真の通り、半分ゴム製なので、つま先に付いた雪が溶けても滲みてきたりしないので良いですよ。
クリマの運転は僕いつもしています^^
防寒インナー仕様の物とかいろいろなバリエーションが有ります。

冬靴として履くのであれば6インチ(くるぶしの上位の高さ)モデルがオススメです。
因みに砂湯を掘っている写真の人物は親父で(笑)、
履いているのはガムシューと言います。
同じビーンブーツでも一番短いのだけはガムシューと呼ばれてます。
三井アウトレットのL.L.ビーンに各種置いてありますので、
フィッティングして見て下さい♪
Commented by bulanchan at 2014-10-16 19:05
yamakawawalkさん☆
こんばんは~

屈斜路キャンプいいですね!
静か、暑くない、虫がいないなんて最高~!

可愛く点在した仲良しテント
最高のロケーションだし~♪

わ~!一面のドングリ^^
スゴイ事に~(笑)

摩周湖の伏流水、美味しそう~
そっか~これで、ウイスキーと1:1なら、美味しいに決まってる~☆
勿論!コーヒーも~♪
飲みた~い(笑)

お得意のテント引っ越しは、これまたnice viewで~☆

紅葉が綺麗だな^^
その赤い紅葉、本の栞にしたいな~☆彡
ちょっと大きいけどね~

5つのランタン☆雰囲気良さそうだわ~(^_-)-☆

落ち葉を踏むビーンブーツね~
その下の写真なんかL.L.のカタログにしても良い感じだよ~
宣伝料貰わないと~(笑)

湖に溶け込む夕日が優しい~☆

星見風呂~☆
何て贅沢な~!!!


Commented by yamakawawalk at 2014-10-16 19:51
bulanさん、こんばんは♪

その3条件が揃うのは秋ならではです。
特に蚊やブヨなど吸血系の害虫がいないってのはそれだけで快適極まりないです(笑

仲良く張りましたが、翌日僕だけ離れました(笑
テントの引っ越しは得意技です。
どんぐりの上に張ったら背中のツボが刺激されて安眠だったかも^^;

そ、ウイスキー1:1やりました^^
ただ、今回は呑んべぇばかりだったので、高いやつではなく富士山麓(爆
山に背負って行った水も摩周湖の水ですよ、マグカップ忘れてコーヒー飲めませんでしたが。

紅葉はベストタイミングでした。
去年も同時期に行ったけど、紅葉の進みが全く違っててビックリです。

ビーンブーツは何度も取り上げてるからね~
そろそろお礼会っても良さそうだわ(笑

星見風呂は最高だったよ~♪
湯加減もちょうどよかったし^^
Commented by legacy_bg5a at 2014-10-16 21:23
いやぁ、よさそうな風呂ですね。

スワンボートがあるあたり確かに昼間は入れそうにないですね^^;
Commented by yamakawawalk at 2014-10-17 06:42
legacy_bg5aさん、おはようございます(^^)

最高のお風呂でした。
ここ、昼間に全身浴は絶対に無理です〜。
写真右手に土産物屋があって、
道路を挟んだ向こう側の駐車場は満車になる時があります(^^;;
Commented by kyuujitunituki at 2014-10-17 13:58
yamakawawalk 様、こんにちは。
最後の写真、哀愁の漂う一枚ですね。

黙々と一人の男が風呂を掘る。
まさに、掘削作業。どこまで掘れたんだろうか?
これで、入浴すれば自然との融合間違いなし。

麓では、まだまだ紅葉が楽しめて良いですね。
星景は、いつ見ても素晴らしいの一言に尽きます。
何時も楽しいレポありがとうございます。
Commented by yamakawawalk at 2014-10-17 19:24
kyuujitunitukiさん、こんばんは^^

哀愁ですか(笑
背中で語れる大人になれてるでしょうか?

掘削の方の湯船は足首浴レベルでした(笑)
砂なんで掘っても周りから崩れてきて難易度が高かったようです。

こちらはそろそろ紅葉も終盤です。
札幌市内でも色づきだしました♪
もうすぐ雪です~。。
Commented by Rin at 2014-10-17 21:40 x
こんばんは。

そちらは紅葉真っ盛りなんですね!!
とっても綺麗な赤です。
そして、初めて知った秋のキャンプに
興味津々で読ませてもらいました。

私は今年9月に初めて屈斜路湖を見てきましたが、
こんな楽しみ方があったとは…!!
星空の下でのキャンプも、
開放感たっぷりのお風呂も
とっても羨ましいです〜。^^
Commented by setti at 2014-10-17 21:46 x
こんちは yamakawawalk さん

おお~やっぱり大人ですね~
大人のキャンプ! かっけぇ~

あんなとこに、伏流水あるの知りませんでした。
って、久しく行ってないものな~ ですけど。

ガムシュー、ワイも持ってましたよ。
ダチが茶を履いてたんで、ワイは青いのを。
これがウエアの色と合わないですわ、がはは

フィールドコートまで決めちゃって、にくい!あは
もう10年くらいに前になりますか、LLビーンとか、REIとかの通販してたのは。

バーバリアン!
ワイのは、アングラーズ・ハウスで、今も二足目で使ってますですよ。

そうか~来年でも屈斜路湖でキャンプしてみようかな~
二ブシのもっと奥から、湖畔に行けるとこ知ってます?
プライベートビーチっぽくて、お気に入りの場所でしたわ。

アメマス川ってのがありましてね、魚がウヨウヨしてましたよ。
なんでも、その上流が元鉱山跡なんだとか。

ではまた!
Commented by yamakawawalk at 2014-10-17 21:54
Rinさん、こんばんは〜(^^)
ありがとうございます(^^)

3連休の屈斜路湖畔は紅葉真っ盛りでした。
湖畔って湖の水温の影響を受けるので紅葉は遅れ気味になりますが、
今年はベストタイミングでした。
秋のキャンプの良さは体験してみないとなかなか理解してもらえませんねー。
現に最初に行った和琴のビジターセンターの女性には、
「普通キャンプって9月までなんで」
って言われました(笑)

ちょっと寒いですが、楽しいですよー。

こちらの紅葉は都市部まで近づいて来ました。
いよいよ冬へのカウントダウンです。
Commented by yamakawawalk at 2014-10-17 22:04
settiさん、こんばんは(^^)

お、なかなかマニアックですね!
かなり出来ると見ました(^^)
ブルーのガムシューありましたねー。
コーデ的にはかなり難易度高いですよね。
レギュラーなガムシューはデニムに合わせれば鉄板コンビですけど(^^)
REIとかランズエンドの個人輸入は僕もしました〜(^^)
到着までのドキドキが癖になります(笑)

僕もアングラーズのブーツ持ってます。
黄色いのとか、インナーがウールのとか(^^;;
なんせ、元アングラーですから(笑)

仁伏の奥って屈斜路湖林道でしょうか?
小清水峠に登る途中から入る林道ですよね?
プライベートビーチは碁石浜の事だと思います。
釣りで毎年通って屈斜路湖は何周もしてますので隅々まで知ってますよー(^^)
アメマス川は摩周湖の水が湧き出て流れる川です。
屈斜路湖の魚の種川にもなってますよ。

<< 大草原の星 カムイヌプリ(摩周岳)に登る >>