カムイヌプリ(摩周岳)に登る

b0243727_5243639.jpg

道東、阿寒国立公園摩周湖の横に位置する摩周岳に登ってきました。

今回は5人で砂湯キャンプ場でキャンプをしていて、
中日の日曜は、めいめいにやりたいことやろうということで、
釣りに行くもの、温泉行くもの、キノコ採るものと分散し、
僕は摩周岳へ。

登山口は摩周第一展望台。
駐車料金420円がかかりますが、日中であれば料金徴収のおじさんがいるので、
車上ねらいとかは心配せず登れそうです。
ちなみにここで駐車料金を支払うと、切符の半券?で硫黄山駐車場も駐車出来ます。

さて、前夜に飲み過ぎて体が重いけど登りましゅ~(笑
往復14.4kmです。



b0243727_5331143.jpg

展望台から少し進むと見晴らしの良い場所が。
ここ、星撮りにいいな。
後ろの藪からなんか出てきそうだけどね~。

第一展望台からの星景は撮っている人が多すぎて正直飽きていたのでここはいいかもしれない。

因みにここ摩周湖は、本当かどうか知らないけど、
自殺者がでても捜索をしないらしい。
遺体も浮いてこないとか・・・。
夜の第三展望台のゾワッと感は半端ないからなぁ・・・。
てかなんで第一と第三はあるのに第二は無いの?
なんかあるんだろうな・・・。

たしか裏摩周は有名な心霊スポットだった気がするけど、
僕は以前からそういう物は全く見えないし、
ヒグマの方がよっぽど恐ろしい。


b0243727_5354137.jpg

登山道は軽くアップダウンがあるものの概ね平坦。
山頂まではそれなりに距離がありますが、
普段から登山されてる方なら問題なく歩けるでしょう。
それよりも特筆すべきは、進むにつれ刻々と摩周湖の見え方が変わること。
これは車で展望台に来ただけでは味わえない僕ら登山者だけの特権。



b0243727_5384243.jpg

今日は乾燥してる。
枯れ葉の音が秋を感じさせる。



b0243727_5392462.jpg

振り返ると阿寒の山々。
右手に目立つ成層火山は雄阿寒岳。
雄阿寒岳は去年の秋に雌阿寒とセットで登った(←クリックで記事に飛びます)んだけど、ガスガスで何も見えなかったっけな(笑)
手前山頂施設のある山は美羅尾山。



b0243727_540731.jpg

目指す摩周岳。
まだまだ遠いがキツくはない。



b0243727_540434.jpg

カルデラ壁内側のダケカンバは既に落葉してる。
枯れ死したように見えるけどそうじゃない。

ダケカンバは葉が落ちて幹が見えるようになった晩秋の装いが好きです。



b0243727_5433838.jpg

三等三角点「摩周湖峰」(683.22m)を越えると、摩周岳のお隣西別岳がお目見え。
たおやかな山容が特徴的だけど、
地形図を見ると北西斜面が吹き飛んだ爆裂火口を持っているみたい。
活動が終わって侵食された旭岳って感じかな?

登山道の前半部分で登りといえばここ摩周湖峰の登りくらいです。



b0243727_5532745.jpg

ほんとこの登山道は、景色の変化が面白いですね。
摩周湖、摩周岳共に、立ち止まるたびに見え方が違う。



b0243727_5535774.jpg

ポツンと



b0243727_5542571.jpg

爽やかな高原歩き♪
摩周湖峰を越えるとこのように視界の広い尾根歩きになって気持ちが良い。



b0243727_5552977.jpg

お?こんなところに展望スポットが。
超裏摩周展望台か(笑)
歩いてこないと見られない風景。

湖にあるポッチはカムイッシュ島。



b0243727_5591491.jpg

西別岳との分岐まで来た。
余裕があったら踏もうと思っていたけど今日は体が重いのでパス(笑)



b0243727_5594352.jpg

気持ちのよい青空とカンバのトレイル♪
分岐からは思っていたより眺望がない。
落葉しているから樹間からチラチラ山頂付近が見えるけど、
葉の茂ってる盛夏なら何も見えないだろうと思う。


b0243727_613761.jpg

山頂が間近に迫ってきた。
断崖絶壁だ。



b0243727_6251.jpg

登山道は終始素晴らしく整備されていた。
こういう自然の岩を利用した段差は好感持てる。
白雲でアンケートに協力した時に、
こんな感じの段差と丸太の階段などどれがいいですか?って項目では、
迷わずこの石段を選択した。




b0243727_644188.jpg

山頂到着~♪
3時間弱。


b0243727_65421.jpg

ものすごい高度感。
火口側はほぼ垂直の崖。
火口の底までの落差は480m。



b0243727_684191.jpg

摩周湖側。
手前の855m峰が邪魔で足元から湖って眺望はない。



b0243727_694585.jpg

摩周岳の火口。
火口底面は湿地化してるとか。
摩周湖もこのように噴火後に陥没した窪地に水がたまったカルデラ湖。

日本最大のカルデラ「屈斜路カルデラ」の外縁に後カルデラ火山として古摩周岳が出来、
それが噴火して「摩周カルデラ」できた。
その外縁に摩周岳が噴出して、山頂部が陥没してできたのが今の状態。

親亀の背中に子亀状態だな(笑



b0243727_78292.jpg

摩周湖唯一のシャロー(浅場)
屈斜路湖と摩周湖は隣同士並んでいて、
中島、東側に後カルデラ火山、北東に浅場と、
大きさこそ違うけど姿形はよく似てる。




b0243727_7113917.jpg

そのシャロー越しに斜里岳。
斜里岳に去年登ったのはちょうどこの体育の日絡みの連休だった。



b0243727_7305197.jpg

斜里岳。
どっしりしているけど、厳しい山容にも垣間見れる素晴らしい山。
今年はいけなかったな。
大物系は1年置きくらいにしようかな?
トムラ、芦別、ニペ、オプタテ、全て1年あいだを置いてから今年登った。
再訪的にはそのくらいが丁度良いのかも。

この山頂、先に書いたとおり火口側は断崖絶壁で、
撮影のために近づいてファインダーを覗いていても下腹部がキュイってなって恐ろしいったらありゃしない。
いろいろ撮っていると若い女の子2人組が登ってきた。
挨拶して奥へと向かって行ったのだけど、
後から彼女たちの休憩している場所をみて愕然とした!!
崖ギリギリの岩に座ってる!!

怖くないの~!!!(笑
高所恐怖症ではないけど僕には絶対無理!
b0243727_7373646.jpg

その2人。
僕的には撮影してるこの位置が限界。
奥の女の子の下は火口底まで高度差400m以上の断崖絶壁・・・・。

ありえん・・・。
オマケにあの場所で帰り際レインウエアの脱ぎ着をしていた((((;゚Д゚))))ガクガクブルブル



b0243727_741115.jpg

摩周カルデラの外輪と摩周岳火口の外縁。
境界が分かりますか?



b0243727_7441245.jpg

山頂からのパノラマです。
クリックしてご覧ください。



若干風はあったものの、穏やかだったので食事をして、
山頂コーヒー・・・・。

あ、キャンプ場にマグ忘れた(爆

だめじゃ~ん(笑


山頂コーヒーを諦めて下山開始。
b0243727_7435357.jpg

広角で火口壁。




帰りはサクサクと進む。
なぜだか外人さんが異常に多い。
話している言語からして多分ロシア系。
b0243727_749742.jpg

展望台まで戻ってきた。
ここみて一発で思ったこと。
「テン泊してぇ」(笑)


ただ、ここは阿寒国立公園の特別保護地区にギリギリかかっている可能性があり
(ここから湖側のカルデラ内部は全て特別保護地区)、
だとしたら一般者の無許可野営は禁止だろう。
国立公園の特別保護区は厳しい規制が設けられている。

札幌の近くだと支笏洞爺国立公園のオコタンペ湖。

オコタンペ湖は湖全域が特別保護地区に指定されており、
湖面へは立入禁止。


意外に知らない人が多い。
冬季は草木に影響がないとのことで、立ち入りに関して厳密ではないようだけど、
はっきりと「いいよ」と明言されているわけではないので、グレーでしょうね。
いずれにせよ、積雪期以外は間違いなく立入禁止です。
自然公園法違反?になるのかな?

よく展望台横の沢から下りてゴムボートで釣りをしている人がいるけど、
「アウト~」ですのでお気をつけを。
てか柵に立入禁止って書いてあったはず。
あとあそこは有名な車上荒らし出没ポイントでもありますのでご注意を。



b0243727_814316.jpg

カムイッシュ島を望む。
紺碧の湖面が美しい。



b0243727_822185.jpg

摩周湖周辺の紅葉は終わっている。
今回は、今まで見たことのない摩周湖の風景を楽しめて良かった♪



b0243727_832549.jpg

久々に登山靴が全く汚れなかった。
ゲイターも不要。
全線乾いた登山道で快適そのものでした。




b0243727_84839.jpg

良い景色をありがとう、カムイヌプリ。




第一展望台の駐車場に着くと観光客と登山者の車でほぼ満車だった。
車に積んであるマグでコーヒーを、と思ったけどそんな雰囲気じゃない。
そそくさと弟子屈へ下った。


b0243727_855525.jpg

弟子屈のコンビニでビールを買い、
紅葉のトンネルを抜け、みんなの待つキャンプ場へ♪



b0243727_863866.jpg


おしまい。
by yamakawawalk | 2014-10-14 20:40 | ~~~道東 | Comments(16)
Commented by bulanchan at 2014-10-14 21:07
景色の変化を楽しめる摩周岳・・・魅力的ですね~♪

向こうに見える西別岳が美しい~

尾根歩き・・・ここなら私も歩けそうな・・・(*^^)v気もしなくはない?

いいな~♪

石段いいですね!きっちりしてますよね~(^_-)-☆

登りやすそう♪

山頂は凄い断崖なんですね(@_@;)

ちょっと怖いかも~(笑)

それにしても摩周湖の何とも美しい蒼☆彡

素敵ね~

最後の写真の紅葉がとってもキュート❤
Commented by yamakawawalk at 2014-10-14 21:15
bulanさんへ。

8割位が平坦路だからいけなくもないかなぁ?
でも往復14kmって藻岩2往復半だよ~(笑

いや~山頂はめっちゃ怖かったです^^;
高所恐怖症の方は絶対無理!

摩周湖ブルーは綺麗だったよ~。
Commented by yukki6727 at 2014-10-14 21:25
こんばんは♪

スッキリ秋晴れで見ていて気持ちの良いハイキング~♪ですね
二日酔いとは思えない爽やかなレポと思いましゅ~(笑 (*^。^*)

今頃はカンバの林の黄葉の景色かと勝手に思っていたら、もう綺麗さっぱり落葉しちゃってるんですね
もちろん、それはそれで良い景色ですよぉ♪ 
笹も草原も秋の装いで、摩周ブルーが良く映えますね♪

展望台、私も泊まってみたいと思いましたよぉ
なんかテント張ってくださいみたいな雰囲気で地面も良い感じなんですよね(笑

我が家は、冬に歩いてみたいと思っています!!と3年前から言っていますが
今年はどうかな? ますます楽しみになりました(*^。^*)
Commented by yamakawawalk at 2014-10-14 21:37
yukkiさん、こんばんは^^

日曜だけ見事に晴れてくれて気持ちのよい山歩きでした♪
そうなんです、ダケカンバは殆ど落葉しちゃってましゅ~(笑
摩周湖ブルー最高でした~!

あの展望台地面が柔らかくてめっちゃ寝心地良さそうですよね?
ご飯食べるベンチもあったし~^^;

冬ですか~!
尾根道は風が強そうですね!
無理せずに実現されたらレポ楽しみにしてますよ~♪
Commented by runa_yuzu_love at 2014-10-14 21:38
あの美しい摩周湖が!そんな話があるんですか!
今度行った時に思い出したらいけんので!
聞かなかったことにしょう(笑)

しかしお天気も良くて 景色も最高ですね
湖の色も 引き込まれそうに綺麗で~す ♪
あっそれでか!って自分も言ってるし~(笑)

女子は怖いもの知らずですかね
私も多分その場所に立ってると思いますわ~♪
Commented by yamakawawalk at 2014-10-14 21:45
るなりんさん、こんばんは~^^

摩周湖に限らず、カルデラ湖ってどうもそういう類の話って付き物のような気がします。
支笏湖も、ここのお隣屈斜路湖も。。。
屈斜路湖では湖畔の某所で釣り人が車中泊していますが、
そこはやめとけ~って場所ですからね~^^;

引き込まれないでくださいよー。

あの子達はマジですごかった。
僕は絶対に真似できません。

って立っちゃうんですかっ!!(笑
Commented by daydreamdriver at 2014-10-15 10:35
どーもーこんにちはーだ〜いすけです。
素晴らしい展望ですねマシュー!
湖面と青空が凄いです。
仕事とプライベートで全然山に行けてないので山川歩さん(直訳w)の写真で癒やされました^_^
いつか同じ道を歩いて登ってみたいです。
気のおけない仲間とのキャンプも楽しそう( ´ ▽ ` )ノ
Commented by shizuko0421 at 2014-10-15 11:00
yamakawaさん、こんにちは(^^)
摩周岳、すっごーく気持ち良さそうー♪
ゆるやかな稜線も萌え萌えだし
石段にも萌え萌えですw
私も、木の階段より石派です(`・ω・´)

摩周岳、結構高度感あるんですね!
私好みの断崖絶壁感は見るだけで興奮してきますw(;´Д`)ハアハア

ゆっきー姉さまも書かれてたけど
確かに!冬も!!
良さそうです♪
Commented by kyuujitunituki at 2014-10-15 12:00
yamakawawalk 様、こんにちは。
台風前の素晴らしい天気と絶景に恵まれましたね。
摩周湖はやはり晴れた時に来るべきですね。

最後の秋の便り、そろそろ終焉を迎えているのでしょうか?
シューズもyamakawaさんの人柄を物語るように
綺麗に手入れもされて履きこなしてあるようですね。
細かい所まで行き届いているのがわかりますよ。
今週末はようやく天気にも恵まれそうです。
娘と紅葉狩りに行く予定です。
Commented by yamakawawalk at 2014-10-15 12:06
だ〜いすけさん、こんにちは(^^)

ふふふ、晴れ男の異名は伊達じゃないっす(笑)
お忙しいようですね。
僕のブログでバーチャル登山をお楽しみ下さい(^^)
今回釣り人も一緒にいましたが、屈斜路湖でちっこいアメマス数匹だったようです(爆

僕?やりませんよ。
登山者なんで(笑)
Commented by yamakawawalk at 2014-10-15 12:11
しずさん、こんにちは〜♪

距離は長かったですが、キツイ道ではなかったので、
秋晴れの下、ゆる〜いハイキングを楽しんできました(^^)

石段が違和感なく作られていて好感もてました。
上富良野岳のあの階段も石段にして欲しいです(笑)

山頂の高度感は想像以上でした〜。
しずさんならきっと際どい場所で面白いポーズしてくれそうですね(笑)
僕は怖くて無理〜(^^;;

冬、確かに楽しそうですね!
僕は西別岳から歩いてみたいです♪
Commented by yamakawawalk at 2014-10-15 12:16
kyuujitunitukiさん、こんにちは(^^)

こちらは徐々に冬の足音が迫っています。
今回一緒にいた仲間がさらにもう一泊した者がいましたが、
帰りの峠で雪に遭ってかなり遠回りして帰宅したようです。

写真のシューズはまだ一年程ですが、
ソールが減ってめっちゃ滑ります(^^;;
ちょうど今回の前に気合い入れて革靴よう洗剤で洗ったのでたまたま綺麗なだけです〜(^^;;

娘さんとの紅葉狩り楽しみですね。
紅葉前線のバトン、そちらにお渡ししました。
あとはよろしくお願いします(^^)
Commented by miwa-art-life at 2014-10-15 19:08
摩周岳からみる摩周湖はまたまた絶景なんですね!
パノラマ拡大サービス、こんな位置に湖があるんだって驚き、楽しめましたm(__)m
摩周湖が濁ってきたとか、新聞で読みましたが、yamakawawalkさんの写真からは摩周ブルー健在に見えますね。

カラッと秋晴れの最高の天気、自由にお過ごしのお友達たちも、一緒に行けば良かったのに…なんて思ってしまいました。でも、それぞれ好きなことしてキャンプ場に戻ってくるっていうのもなんか素敵なお友達ですね(^^)
Commented by ganbaru-hirotan at 2014-10-15 20:48
こんばんは。
摩周湖を眺めながらの爽やかな高原歩きイイですね!
青空とダケカンバのトレイルもグッド。
北海道って、本州にはない魅力的な山が多いので、
山歩きしてみたいとは思っているけれど、遠いな~。
ヒグマもちょっとだけ怖いし。。。
山頂の断崖絶壁度、イイですね~。
私もあの赤い服を着た女性のところまでだったら行ける。
でもレインウエアの脱ぎ着は無理だ。
あんなところで着替えするなんて、よっぽど肝が据わっているだろうな。
Commented by yamakawawalk at 2014-10-16 07:04
miwaさん、おはようございます^^

絶景でしたよ~。
あそこまで歩くとどんな観光パンフレットにも載っていない摩周湖が堪能出来ましたよ。

摩周湖の透明度の低下は数年前の地震で摩周岳の東斜面が崩落して土砂が流れ込んだのが原因と言われています。
ちょうど展望台から見た時の摩周岳と摩周湖の境目辺りなのですが、
赤茶けた地肌が見える箇所があります。

みんなそれぞれやりたいことやって楽しんだようです^^
比較的良い天気に恵まれて楽しい連休でした♪
Commented by yamakawawalk at 2014-10-16 07:12
ganbaru-hirotanさん、おはようございます♪

そうですね、まさしく「高原歩き」がピッタリとくる快適な道でした。
僕からすると本州には北海道にはないアルペン的山容の山が多くて憧れです。
釣り人時代は北海道が一番と思っていましたが、山に関してはそちらに行きたい山が数えきれないほどあります。
ヒグマはそちらで想像しているほど遭遇するものではないので安心して下さい。
こんな遊びを長年やっていて、山や川でクマに遭遇、発見したのは3回だけですから。

レインの脱ぎ着を見た時はまさに愕然としました(笑
<< 砂湯 de キャンプ 摩周岳に登ってきた >>