避暑のカミホロ ”山キャンプ” ②

PM23:00

見覚えのない誰かにテントを揺すられる夢を見て目が覚めた(笑

「ねぇ、星出てるんだけど?撮らないの?」

って事かな?
入り口を開けて見上げると星は出てるみたい。
誰か知らないけど、起こしてくれてありがとう(笑

b0243727_20184479.jpg

※写真入れ替えました。

テントと十勝岳。
テントの上にはプレアデス。
フィルター無しなのにソフトフィルターを使ったように星が滲んで写っている。
恐らく高層を漂うPM2.5の影響だろう。

星空の状況はあまり良くありませんでした。
写真左手、美瑛方面から薄い雲が常に供給されていて、
その雲に麓の街明かりが拡散していて夜空全体にオレンジ色が付いてしまいます。
悪条件は覚悟していたのでショックはないですけど、
久々に新しい場所での撮影だったのでワクワクして挑んだのに残念です。

もう一枚、まともな方の一枚がありますがそちらはちょっとタイミング良くupしたいので別記事で。

数枚撮った後も状況が好転しないので、
テントに戻って再び夢の中・・・zzz


----------------------------------------------------------------



AM3:00、
今度は帰りに入る温泉を何故か弟子屈の川湯温泉で探している夢を見て目覚める(笑

どうやら十勝岳は山頂まで出ているので、朝焼けを狙って登山靴をしっかり履き、
三脚担いで良い位置を探しながら上ホロの山頂方面へ向け崖際の登山道をヘッデン頼りに登る。

b0243727_22475029.jpg

僕の好きな、
夜と昼の境界。
宇宙と地球の境界。


よく見ると・・・。

オリオン座だ!

お帰り。
ベテルギウス無事だったね。

もう、そんな季節か・・・。



b0243727_2251936.jpg

十勝岳と避難小屋周辺。
十勝川源流部は雲海。
先週登った石狩岳を含む石狩連峰も見えている。
石狩連峰の右から太陽が昇るはず。



b0243727_22514139.jpg

ちょうどニペソツの左から御来光がきた!



b0243727_22522228.jpg

チングルマの綿毛と朝日。



b0243727_22524863.jpg

朝の十勝岳。




b0243727_2253166.jpg

一旦我が家に戻ってきた。
軽く朝食を摂ってコーヒーを淹れ、テント放置でサブザックを背負い十勝岳へ向かう。
帰ってくる頃にはテントの朝露は乾いて撤収しやすくなる。



b0243727_22552313.jpg

朝のコーヒーだけはモンカフェ式ではなくしっかり淹れたかったので、
豆を挽いて持参した。
やっぱり美味い!
モンカフェ式とは比べるのも馬鹿らしいくらい美味い。
雲海を愛でながら飲む朝のコーヒーは究極です。


b0243727_5393958.jpg

さぁ、十勝岳に向かって歩きましょう~。
この辺りの早朝は10℃台。
日が昇っても14℃くらいでしょうか?
涼しくて気持ちいです。
あんなに麓は暑かったのに、夜に外で撮影するときにはダウンが必要でした。




b0243727_5515291.jpg

北海道第3の大河「十勝川」の源頭部です。



b0243727_5523495.jpg

上ホロ~富良野岳方面を振り返る。

十勝連峰の夏道がある山は全て登りました。
ただ、唯一、上ホロと十勝岳間の道のみ未踏でした。
今、その未踏部分を塗りつぶしながら歩いている。



ここの尾根上に降った雨粒は落ちた位置で運命が大きく変わる。

右に落ちれば美瑛川となり、あの美しい丘陵地帯を流れ下り旭川市郊外で石狩川に注ぎ、
札幌の北で日本海へ流れ出る。

左だと十勝川本流となり、日本有数の穀倉地帯「十勝平野」を潤し、
早春に氷塊と星を撮った豊頃町大津にて太平洋へ注ぐ。



b0243727_5553054.jpg

十勝岳へは上ホロのテン場から片道1時間かからない。
少し高度が上がるとテン場がよく見えます。
オレンジの我が家目立つな(笑



b0243727_5574371.jpg

十勝岳山頂到着!
麓が霞んでいるけど、ここ数日に比べると遠望が利く感じです。
美瑛岳の爆裂火口かっちょいい!

そのすぐ背後には三角のオプタテシケ山頂と更に奥に鎮座するトムラウシ山!
左手奥に特徴的な崖地形の忠別岳。
前回の白雲テン場はそのさらに奥。



b0243727_611056.jpg

ニペソツ山!
霞が山頂まで届いていなくて水墨画のようないい感じ!
朝早く登らないと見られない風景です。
左手奥にオッパイ山。




b0243727_623812.jpg

グラウンド火口縁の登山道。
午後くらいになったら灼熱の砂漠状態だろうな・・・。



b0243727_632655.jpg

美瑛岳へ続く登山道に2人の登山者。
雨裂が美しい。



b0243727_2065892.jpg

石狩連峰遠望。
先週これくらい遠くが見えてればなぁ・・・。
石狩連峰のすぐ手前に見えるのは沼ノ原岳ですね。
その左手の平坦なのが沼ノ原。




b0243727_64568.jpg

山頂から北方面の全景。

ん??あれ?



b0243727_65511.jpg

トムラウシ上空に虹が!

太陽は右上なのですが太陽に向かって凸状の虹が縦に。
どういう光学現象なんでしょうか?
よく見ると日暈も起きてる気がする。

トムラウシが俺を呼んでるのか・・・?




b0243727_704854.jpg

十勝岳の山頂からテン場に戻ると、
残されているテントは僕のだけになっていた。
それじゃ、ゆっくり腹ごしらえをしつつ撤収作業に入りますか。



b0243727_7135187.jpg

巻層雲か・・・。
天気、いつまでもつかな?




b0243727_7143579.jpg

ビシッと片付け完了!
竈も破壊しておいた(笑

飛ぶ鳥跡を濁さず。



b0243727_7153719.jpg

一晩お世話になりました~。
帰りのザックは飲み食いでかなり軽くなった(減った食料・水を考えて19kgくらい?)。
軽くなったので帰りはちゃんと上ホロの頂上を経由していく。



b0243727_7171165.jpg

上ホロ頂上より十勝岳を望む。


yahさんの記事でニセイカウシュッペ山が「ニセカウ」か「ニセイカ」か?
とあったので、僕もその話題に乗っかってもう一つ・・・。

カミ・ホロカメットクヤマ?
カミホロ・カメットクヤマ?
カミホロカ・メットクヤマ?
カミホロカメット・クヤマ?(笑

こちらは略称ではなく、イントネーション?息継ぎ?の問題なのですが、
最後は冗談ですが、どれが正しいのでしょうね?
以前雪崩遭難のニュースで某地方局の女性アナウンサーが、

「カミホロ・カメットクヤマ」と読んでいたけど、
どうもしっくり来ない。

漢字表記が上ホロカメットク山だから”上”で一区切りするのが本当だろう。
と思うのだが・・・

上の写真の山頂標識の改行位置が更に僕の頭を混乱させる・・・(笑

なぜそこで改行するかな・・・。




b0243727_7223922.jpg

カミフ・ラノダケ(笑)についた時、時間・体力・水、全て余裕があったので、
せっかく晴れているんだし三峰山を経由して富良野岳へ登ってから凌雲閣へ下ることにした。

早い話300階段の下りが嫌なだけ(笑





b0243727_7292116.jpg

三峰山。
文字通り3つの小さいピークをUpdownで越えていく。



b0243727_73068.jpg

三峰山の南峰を越えると富良野岳の全貌が見渡せる。
この富良野岳~三峰山間のコースは大好きなコースで、
毎年1回は必ず歩いている気がする。

なにせ久々に登山を始めた5年前の1発目にいきなり超快晴のこの周遊コースを歩いたのだから、
その後の山へのハマり様は推して知るべしです。



b0243727_7342283.jpg

車が通った跡みたい(笑



b0243727_7344160.jpg

富良野岳分岐。
ここに大ザックをデポして空身で山頂へ向かいました。
身体が羽毛のように軽い!
スイスイ登れて超人にでもなった気分(笑



b0243727_736959.jpg

ド定番の景色と構図の写真。
今朝は一番奥のあのとんがりにいた。
よう歩けるもんだな。


b0243727_7364626.jpg

最盛期は過ぎても満開の花もあった。



b0243727_181905.jpg

山頂到着。
老若男女で激混み!(苦笑
休憩は分岐ですることにして、ささっと下山します。



b0243727_7404053.jpg

山頂から北方面の眺望。



b0243727_741935.jpg

下ってても次から次へとよく登ってくる。
山頂は完全に定員オーバーだろうなぁ。




b0243727_18192916.jpg

カミホロへの分岐を過ぎ、D尾根を越えると凌雲閣が見えてきた。



b0243727_18202689.jpg

最後のかったるい平坦路が見えたら行程は殆ど終了。

いつも思うんだけど、ここに吊り橋作ってショートカットしてくんないかな?(笑



駐車場へ戻り車の無事を確認したら、とりあえず冷たいものを飲みたい!
ということで凌雲閣の自販機へ。
コーラ♪コーラ♪コーラ♪コーラ♪コーラ♪(笑

・・・・。
コーラ全部売り切れ(笑
みんな考える事一緒か。

仕方なくファンタグレープ(笑
久々に飲んだがこんなに甘ったるかったか?


着替えはせずに車に乗って白銀荘へ。
温泉に入ってスッキリして帰ります♪
b0243727_18233640.jpg

吹上温泉白銀荘。
四季を問わずよく来る温泉です。

その証拠に、
b0243727_18243215.jpg

半券10枚コンプリート!
今回はタダ風呂だもんね~♪
システム終了してたらイヤだな~と思ったけど無事無料で入れました。
また10枚貯める?
カミホロ荘にしばらく浮気するかな?(笑

と、いうことで終了~♪
by yamakawawalk | 2014-08-04 21:14 | ~~~十勝連峰 | Comments(28)
Commented by yah-_-yah at 2014-08-04 21:50
漢字で「上ホロカメットク」と書くくらいだから
「カミ・ホロカメットク」でしょうね。
「シモ・ホロカメットク」もあることだし。
山頂標識は長いから2行にしたんでしょうが、区切り方がおかしいですよね。
「ッ」が一番上に来る区切り方はないでしょう、普通・・・(笑)

雲海の墨絵の景色はホント美しいですねぇ!
山に泊まった特権ですね!

富良野岳もカッコいいけど、富良野岳から見る稜線もいいですよね~。
ホント、カッコいいです。

重い荷物担いでの階段下りはキツイですね。膝に悪い(笑)
Commented by yamakawawalk at 2014-08-04 21:57
yahさんへ。

ですよね、カミ・ホロカメットクですよね。
あの時ニュースを聞いて「え?何て?」ってなったので鮮明に覚えてます。
スペースの問題とは言え「ッ」が頭は絶対おかしいです(笑

高いところまで霞んでいたら先週同様遠望も利かなかったでしょうけど、
ほどほどな高度に立ち込めていたから良い感じに写ってくれました^^

僕荷物の大小にかかわらず、あそこの階段は必ず膝を痛めます。
膝が痛いと下山が切ないので出来る限り注意しているのですがあそこはダメですね。
最近はお年寄りみたいにグルコサミン飲んでます(笑
効果の程は謎です^^;
Commented by runa_yuzu_love at 2014-08-04 22:17
こんばんは~
前編、後編 じっくりと満喫しました
でも!25kgの荷物に 口がポカ~~ン ヒェーッ 無理無理
あの景色には憧れちゃうけど、、、

夜明け前の青の世界 本当に綺麗ですね
少しずつ色が変化していく様が大好き ♪ ♪

Commented by yamakawawalk at 2014-08-04 22:24
るなりんさん、こんばんは~♪

いや、多分不通の人なら25kg担がなくてもテン泊できますよ。
僕の場合カメラの交換レンズ3本、三脚、その他カメラ関係小物、お酒、暇つぶし用の文庫本など、
僕以外の人なら必要のないものまで背負ってますので、
それらを省けばかなり軽くなりますよ~。
あとは重いものを代わりに背負って登ってくれる逞しい方がいれば完璧です(笑

よく御来光と言って皆さん撮影していますが、
僕は日の出1時間前くらいからの地平線のグラデーションの方が好きです。
そうそう、あの変化の過程が良いですよね~!
Commented by bulanchan at 2014-08-04 22:35
yamakawawalkさん☆
こんばんは^^
2枚目の写真、何とも言えない宇宙感で美しい~☆彡
大好きなオリオン☆
ペテルギウスにリゲル♪嬉しいですね~

で、次の十勝岳と雲海^^
ん~美しい朝だぁヽ(^。^)ノ

そしてご来光~
きゃ~美し過ぎる~☆
雲海も花々も朝陽に染まって。。。

いい空気を感じる朝の十勝岳はカッコイイなぁ~^^

こんな素敵な朝の中での本格コーヒーは最高~!じゃないですか^^
なるほど、、こうやって淹れるのですね(^_-)

山々の何と美しい事!青い石狩連峰が素晴らしい☆

あれっ!虹じゃないですかぁヽ(^。^)ノ
ラッキーですね~☆

良いお天気だぁ~

テントの撤収、流石ですね(^_-)-☆

いや~ずいぶんと長い事歩きましたね。カッコイイですよ~いつもながら^^
本当に、お疲れ様でした。他では見られない素敵な写真とレポートに感謝です!楽しませてもらいました~<m(__)m>♪♪♪
Commented by flat_white at 2014-08-04 22:40
①と②、続けて読ませていただきました。
素晴らしい風景のオンパレードで
出血大サービスですね、ありがとうございます^^
コーラは売り切れで残念でしたが、
お子ちゃま大好きな甘々のファンタグレープに
夢での星のお告げ・虹等々
25kg担いだ分、楽しいハプニング満載でしたね~^^
Commented by yamakawawalk at 2014-08-04 22:51
bulanさん、こんばんは(^^)

2枚目みたいな時間帯って何度見ても綺麗で見惚れます。
星と朝焼けが同居する時間帯ってほんの一瞬です(^^)

コーヒー美味しかったぁ〜。
飲ませてあげたかった〜(笑)
本当は黄色いフィルターにペーパーフィルターを重ねたら掃除楽なのに、
ペーパーフィルター忘れました(^^;;
淹れる段階まで気づかないんですよね、ああいうのは(笑)

石狩連峰まで綺麗に見えてました。
久々に遠望が利きましたが、時間の経過と共に徐々に霞は増えていきました。
前週に登った山を反対から眺めるのは不思議な感覚でしたよ。

なんだかんだで結構歩いちゃいましたね〜。
ずっと左側から日を浴びたので。
左耳と首の左側が日焼けで大変でした。
温泉で痛〜い思いをしました(笑)

カッコイイ!ありがとうございます(^^;;
いつも最後までしっかり見ていただきありがとうございます(^^)
励みになります。
Commented by yamakawawalk at 2014-08-04 23:02
flat_whiteさん、こんばんは(^^)

テン場とテントが快適で、一瞬どこで寝てるか分からなくなります(笑)
だからか夢も妙にリアルです。
ファンタグレープ、久々に飲んだら懐かしい味がして美味しかったです(^^;;

重荷は辛くて、2度と重いの背負わない!
って思うけどまた登っちゃうんですよね(笑)
Commented by yukki6727 at 2014-08-04 23:16
こんばんは♪

もうもう素晴らしい写真の数々で、疲れた目には眩しすぎますよ♪
綺麗な写真をありがとうございます

大正解の上ホロカメ・ットク山テン泊でしたね(笑
25キロ担いでご無事に下山、お疲れ様でした~♪
Commented by yamakawawalk at 2014-08-04 23:30
yukkiさん、こんばんは(^^)

出発前は微妙な天気予報だなぁーと思いましたが、
行って良かったです。
次テン泊どこにしようかな〜って妄想してます(笑)
Commented by ydc0997 at 2014-08-04 23:56 x
こんばんは~
十勝岳から富良野岳の稜線、あらためていいなあと思いました。
あと山で見る夜明けの景色撮ってみたいですね。
オーバーに言えば地球という存在を感じ取れる瞬間のような気がします。
下山のコーラ、私の時も自販機売り切れでした^^
Commented by yamakawawalk at 2014-08-05 06:31
ydc0997さん、おはようございます(^^)
十勝連峰の稜線は僕も大好きです♪

山でのテント泊は、
夕焼け、星、朝焼け、と日帰り登山ではちょっと見るのが厳しい光景を楽しめますよね(^^)

あそこの自販機は週末はすぐに売り切れになりそうです。
建物の中にもありますけど、自販機利用だけで入るのは気が引けます(^^;;
僕的にはノンアルコールビールも売って欲しいなぁと思います(笑)
Commented by kyuujitunituki at 2014-08-05 07:27
yamakawawalk 様、おはようございます。
いつながらの満天の星空
オリオンも復活
素晴らしいご来光の絶景
私には虹が2つあるように見えましたよ。
中央やや左よりと右端から1/4位行ったところ
違ったら済みません。
この時期のそちらの山々は最盛期ですね。
Commented by kentucky-a at 2014-08-05 11:13
yamakawawalk ワールドって感じでね~ 素晴しいの一言につきます
普段スマホでブログ見るのですが パソコンで見ると写真が美しい(^o^)
yamakawawalkさんはロマンチストだね~
Commented by legacy_bg5a at 2014-08-05 12:03
1枚目、2枚目綺麗だなぁ。と思ってみてましたが、5枚目までは すべて絶景ですね^^

テントの明かりと星空みたいな場合は、ハーフNDフィルター付けたりするんでしょうか?
Commented by yamakawawalk at 2014-08-05 12:16
kyuujitunitukiさん、こんにちは^^

もうオリオンですよ~
毎日暑いですけど、星空はしっかり季節が進んでますね。

虹ですけど色々調べましたが僕も?です。
右側は虹っぽく見えますけど、おそらく日暈の一部ですね。
北海道も1000mクラスの山は灼熱地獄で厳しいです。
2000m級まで上がれば一転清々しい風が吹いていて気持ちいいです。

今日の北海道は大雨です。
Commented by yamakawawalk at 2014-08-05 12:19
ケンタさん、こんにちは♪

独自性出ているでしょうか?
なるべく僕ならではって記事を心がけていますが、
知らずに色んな方の影響を受けちゃって没個性化するのがちょっと恐くもあります^^;

僕も自分の写真をスマホでチェックするのですが、iPhoneで見るとイマイチ色が違うんですよね~。
黄色っぽいと言うか・・・。
Commented by yamakawawalk at 2014-08-05 12:24
legacy_bg5aさん、こんにちは^^

ハーフNDは使いませんよ。
テント内にヘッデンを点灯して放置するのですが、
ヘッデンは最低光量まで落して、更にティッシュペーパーを数枚被せて光量調整しています。
びっくりするくらい内部の光量を落とさないと、30秒露光だとテントが明るく飛んじゃいます。

以前、夜釣り用の「ぎょぎょライト」って言うのを試したことがありますが、
黄色とか赤っぽいものが多くてダメですね~。
iPoneのライトアプリも使えますが天井から吊るせないのが弱点ですね。
Commented by akko-kornblume at 2014-08-05 15:45
こんにちは!

北海道の山は雄大ですね~!
どの写真も溜め息が出るほど美しいですね。
星空も圧巻!!
やっぱり空気が違うのかしらん?

朝の雲の流れる山々は神々しい。
自分も今、そこに立っているような気持ちです!

こちらは不安定なお天気ばかりだし、
何しろ暑いです(笑)
こんな清々しい景色を早く見たいです♪
Commented by yamakawawalk at 2014-08-05 19:59
矢車草さん、こんばんは。
コメントありがとうございます^^

北海道の中でも大雪山は特に雄大というか、広大です。
高さは本州の3000m級には遠く及びませんが、
横の広がり、大きさ、果てしなさでは負けませんよ!
大きな都市からも遠いので、大雪の中心で一夜を過ごすと星も圧巻です。

朝の神々しい風景は山中泊ならではですよね!
あと2ヶ月もすると大雪山は積雪です。
残り少ない
夏山をもっと楽しみたいと思ってます^^

そちらは暑いようですね・・・。
30度前後で泣き言を言っていたら叱られそうです(笑
今日は道北で大雨でした。
釣り人時代に馴染みのある川も軒並み濁流のようです。
農業や人的被害がないことを祈るばかりです。

またあちこち林道決壊で登れない山が出なければ良いですが・・・。
Commented by だ〜いすけ at 2014-08-05 23:54 x
ブラボー!!
山の切り抜き方がどれも素晴らしいです!
なるほどなるほど、勉強になりました。
テントの写し込みは、なるほど、ティッシュですか。30秒も開けててどうして飛ばないのか不思議だったんです。
いやはや、恐れ入りました〜。
十勝岳から富良野岳まで20kg背負って歩くその体力にも驚かされましたけど(笑)

次回のテン泊はどちらまで?
楽しみにしております^_^
Commented by yamakawawalk at 2014-08-06 05:47
だ〜いすけさん、ありがとうございます(^^)

テント内の明るさ調整は結構苦労しました。
僕もはじめは何も分かってなくて普通にヘッデン点けて放置して失敗しました。
とにかくテント内で何もできない位の明るさまで落とさないとダメですので参考までに。

登りが超重量だったので、帰りはやたら軽く感じました。
手で持ち上げると重く感じますが、背負うと意外と大丈夫なもんですよ(笑)

次のテン泊登山はお盆明け以降ですね(^^)
2箇所程計画しています。
その内の1箇所はかなり長く登りもハードで、気象条件次第では危険ですので確実な天気の日に行きたいです。
誰も撮ったことのない星景が撮れるはずです(^^)
条件が合わなければ実現まで数年かかりそうな計画ですが(笑)
Commented by ひっぽ at 2014-08-06 06:07 x
おはようございます。
連日の暑さでやられています。が、清々しい画像で
私も山に行きたくなりました。
6月に見ることの出来なかった、富良野岳の姿。やっぱりかっこいい。
しかし、悲しいかな… まさしくあの階段で膝を痛めてしまった私です。
昨年は、登りでぶーたれてました。今年は下りだからと喜んだのですが、
やられちゃいました。
いつになったら、治るんだろう。
暑いから、登れない、登りたくない。何て言っているけれど、本当は膝がいたいのさ。
綺麗な画像ありがとう。勝手にお見舞いということで受け取りました(笑)
Commented by yamakawawalk at 2014-08-06 06:28
ひっぽさん、おはようございます。

暑いですね~。
ついつい冷たいものばかり摂ってしまって気怠い毎日です^^;

ほんとあの階段は膝壊しの階段ですよね。
今回は登りだけ通りましたが、あの長さの階段を重荷で下ると考えただけで膝が疼きます・・・。

僕はC3fitを履いていますが、それほど効果もない気がします。
普段気をつけてるのは無理に急がないことと膝を連続稼働させすぎないように、下りは頻繁に歩を止めることでしょうか。
重荷の時は慎重に歩くし急がないので逆に日帰り装備時より痛まない事に最近気づきました。
膝サポーターも効果があるようですよ。
テーピングも勉強してみようかと思ってます。
グルコサミンはここ数ヶ月毎日飲んでいますが、どうでしょうね?
去年よりは膝痛が少ない気がします。


膝が痛むと楽しい登山も辛いですよね・・・。
すごくよく分かります。
なにか良い対策があったら報告しますね。

因みに友人はひざ痛でヨレヨレの下山がむしろ快感と言ってましたけど(笑

分かりました、お見舞いってことでOKです^^
Commented by ひっぽ at 2014-08-06 07:46 x
仕事に行く前に、もう一度眺めました。
6月に登った富良野岳から上ホロコース。晴れていたらこんなコースだったんだなぁ~と、改めて写真眺めました。
景色が少ししか見えなくてもあの稜線歩きは楽しかった。
次回は地獄の階段登りを選ぶか、膝壊しコースを選ぶか悩むところです。

へっちゃらで山を登っているものと思っていましたが、やっぱり膝に来るもんなんですね。
私はCWXはいてます。いま一つ良いのかどうかわから無いのですが、
履かずに登山というのも出来ません。
膝ベルト、購入しようかしら。
何か良い情報あったら、よろしくです。
今日は雨ですが、涼しいので歓迎です。
Commented by yamakawawalk at 2014-08-06 19:04
ひっぽさんへ。

富良野~上ホロ間の稜線歩きは楽しいですよね♪
僕も大好きなコースです。
運が良ければナッキーも見れますし^^

問題は時計回りかその逆かですね。
今回僕は時計回りって形になりましたが、下りにあの階段を降りるより楽かもしれませんよ。

サポートタイツの効果って確かにイマイチ分かりませんね。
でも履かずに登れない、仰るとおりです^^
山スカートにサポートタイツスタイル、僕は好きですね(笑

膝のサポーターを用意しておいて下りで装着がいいかもしれません。
膝の調子早く良くなるといいですね。
遅くても紅葉には回復間に合うように祈ってます^^

今日は少し過ごしやすかったですね~。
ここの所寝不足なので、今夜は安眠できるかな?
Commented by fu-raibo at 2014-08-10 19:27 x
上ホロのテン場でお会いした東京からのもんです。楽しいお話など聞かせていただきありがとうございました。
あれから一週間、もう北海道の山に戻りたいっ…
たまにこちらにお邪魔して雰囲気を楽しませて頂こうと思います。
写真いいですねぇ〜
あの時の景色を思い出します。
Commented by yamakawawalk at 2014-08-10 21:20
fu-raiboさん、こんばんは!
コメント嬉しいです^^
上ホロではお世話になりました~。

あれからもう一週間経つんですね、早いですね。
ご夫婦で山を楽しんでおられる姿、素敵でした。

僕のブログで北海道の雰囲気を楽しんで、
我慢できなくなったらまた遊びに来てくださいね(笑

結構マニアックな場所ものせていますので、次回の北海道観光の参考になれば嬉しいです♪
<< 星合い 避暑のカミホロ ”山キャンプ” ① >>