避暑のカミホロ ”山キャンプ” ①

b0243727_18452594.jpg

カミホロカメットク山避難小屋テン場に避暑へ行ってきました。

本当は麓のキャンプ場で久々にマッタリソロキャンの予定でしたが、
ここのところの暑さで身体がへばっていたので山にテント上げました(意味不明笑

そっちのほうがキツくね?
と思うでしょうけど、北海道といえども麓でのキャンプは確実に暑い!
オマケに夏休み中ですので、静かな大人のキャンプを楽しむには厳しい季節です。
だったら山でしょ!
ってのが山屋なら当たり前(?)の思考。

なんやかんやザックに突っ込んだら、
今季最大重量の25kg!(笑)
ここ最近ダルダルな体調なのにもうアホかと・・・。
完全に山ジャンキー・・・。

いったい何故そんなに重くなったかは追々・・・。

カミホロのテン場は登山口からそんなに遠くないので、
涼しい山上の風を求めてレッツゴー♪



b0243727_18453252.jpg

凌雲閣前の駐車場は普通な感じ。
これが7月の頭とかだと停めきれずに下の道路まで路駐が続きます。



b0243727_18454351.jpg

安政火口をすぎて、D尾根に取り付くと富良野岳がコンニチハ。
コチラこそコンニチハ。
4月以来だね。



b0243727_18455389.jpg

富良野岳とカミホロの分岐。
いつもならここから富良野を踏んで三峰山、上富良野岳のコースなんですが、
今回の目的地はカミホロのテン場。
左へ進みます。
実はこのコース登りで使うの初めてです。



b0243727_184634.jpg

このコースの何が嫌だっていうとこの「300階段」。
スリーハンドレッドですよ。
下りでしか通ったことがないのですが、本当にここ嫌い。
歩幅が合わないんですよ足が長いんで(笑)



b0243727_18461682.jpg

重荷を担いでヒーこら300階段をクリアすると八つ手岩と4月に登った三段山と十勝岳の山頂が見えます。
とは言えここまで1時間20分ほど。
最近重荷に慣れてきてるのかもしれません。



b0243727_18462677.jpg

上富良野岳の登りで雲が湧いてきた。
予想はしてたけどちょっと早いね。



b0243727_18463946.jpg

上富良野岳からの眺望をパノラマでどうぞ。
クリック拡大で御覧ください。

稜線を吹き抜ける涼しい風がキモチイイ~~~~~~!!
やっぱ山だな。
ダルダルがデトックスされて生き返るわ~。


b0243727_18465074.jpg

何度来ても、何度見ても素晴らしい眺めです。
富良野岳はやっぱ男前。
彫りの深い山は男前だ。
待っててね、後で行くから。



b0243727_1847149.jpg

国境稜線にさえ出てしまえば、きつい登りもなく、
カミホロカメットク山は目と鼻の先。
さっさと進みましょう。



b0243727_18471180.jpg

安政火口を左手に見ながら進みます。
落ちたら危ない崖ですが、
よほどのドジでもない限り落ちません。



b0243727_18472376.jpg

荷物が重いんで、カミホロの山頂はトラバースしました(笑
良いんです、だって重いんだもん。
全然平気風を装って見栄張るメリットがわからんし。
正直でいいでしょ~(笑



b0243727_18473492.jpg

ふひ~着いたぁ。
お疲れさん。
6時に出て8時20分に着いた。



b0243727_18474845.jpg

早速我が家建設。
今日は今のところ貸し切り(笑
強風に備えてフル張り綱仕様。
雲行きがアヤシイ・・・。

b0243727_19222528.jpg

張り綱2本だけ自在が付いてなかったから、自在結びで。
アウトドアの基本。
結べますか?

設営後手で揺すってみたけどビクともしない。
すんばらしい剛性です。
コレなら烈風吹きすさぶあの稜線でも耐えられるか??



事前に調べたんですが、水場の最新情報を得られなかったので今後の参考にご報告。

~2014年8月2日の上ホロカメットク山避難小屋水場の状況~
b0243727_18495744.jpg

水場の雪渓の大きさは15×15㎡ほど。
それほどもう大きくはありません。


b0243727_18504172.jpg

汲むのは問題なさそう。
2箇所から流れ出ていてどちらでも汲めます。

雰囲気的には8月いっぱい保てば御の字って感じでしょうか。

僕は水の確保が困難と判断して全部で6Lを下から担ぎました。
これが重量物その1(笑)


ここで避難小屋もご紹介。
b0243727_19302126.jpg

b0243727_193030100.jpg

全景。
奥の小屋はトイレ。
更に奥にマイ・ハウス。
風向きによってはトイレの臭いが漂ってくるのでテント設営場所に注意。


b0243727_19305856.jpg

内部。
コレは1F。
2階建てです。
こんなところで知らない汗臭いおっちゃんと雑魚寝は嫌だなぁ・・・。
僕はやっぱり重くてもテント上げる方がいい。


b0243727_19312247.jpg

だって(笑)
んなこと言われてもねぇ~。
アイディアはいいんだけど誤字で減点だわ(笑


b0243727_1932521.jpg

扉のノブなんだけど・・・。
自転車好きならピンと来るはず。
チェーンリングとクランクじゃねぇーか(笑


b0243727_19341129.jpg

参考までにマイ・ハウス内部。
めっちゃ快適空間。

あ、隣にもう一人寝れますよ(笑
かなり密着しますけど~。


暇なのでサブザックで富良野岳方面へお散歩。
雲行きが怪しいけど行けるところまで行ってお腹を空かそう。
b0243727_1927469.jpg

三段山直下。
ローソクのような岩はかつての溶岩の通り道がそのまま固まったもの(火道)。



b0243727_19273927.jpg

避難小屋側から見たカミホロの登り。
結構急です。
横はメッチャ崖だし。



b0243727_19401938.jpg

八つ手岩。



b0243727_19411161.jpg

上富良野岳の山頂に戻ってきた。
山ガールさんがいっぱい。
が、構わず進む(笑



b0243727_19423032.jpg

三峰山のナッキーマンションに来た。
ここでレンズ交換してしばら~~~く待ったけど見れず(泣
鳴き声は聞こえるんだけどね~。
ここで本格的に富良野岳方面にガスがかかりだしたので無理せず撤退。
富良野は翌日でもいいや。



b0243727_19451672.jpg

コヒオドシ?でしたっけ?
これめちゃくちゃたくさん乱舞してました。



b0243727_1946192.jpg

めっちゃダサダサの日の丸ですが(笑
ボッチで咲いてたから気になって撮りました。
俺もボッチだわ(笑
がんばれよ(お前もなw



b0243727_19492673.jpg

普通はこう咲いてるようです。



b0243727_19502514.jpg

戻ってきた。
ムムッ!俺の冷蔵庫近くにテントが?
ってかあそこで張っていいのか?



小屋からスコップを持って行って、
袋に雪を入れ保冷剤代わりにして、冷やしていたものを回収。
b0243727_19522696.jpg

中身はコレ(笑
十勝岳だも十勝ワインだべさ。
この他にプレモル1本。
重量物その2(笑



b0243727_2075864.jpg

結構テント増えましたね。
お隣さんは東川からのご夫婦。
MSRのハバハバHP

奥の遊牧民のパオみたいなのは、
ツアーガイド達が寝る予定の簡易ツェルト(マウンテンハードウエア製)。

結局なんやかんやテン場は満杯になった。
ここ、指定されている敷地面積のわりにはテントスペースが少ない。
対策して欲しい所。


さて夕食の用意です。
材料はコチラ。
重量物その3
b0243727_1953275.jpg

これで分かりますよね~。



b0243727_19543661.jpg

暇だったんで、風よけの竈作った(笑
板は小屋から借りた。
キッチン完成(笑


b0243727_1958354.jpg

茹でるお湯を沸かしておく。
塩を入れるのは当たり前。


b0243727_19583851.jpg

ストーブが1つなので茹でながらの同時進行ができない。
お湯が沸騰したら一度下ろして。
フライパンでソースを作る。
オリーブオイル+鷹の爪+ガーリック
ガーリックは普通生だけど、刻む道具等を省略のためやむなく乾燥スライスガーリック(中国製)。
砕いて粉々にしておいた。
生と違って火が強いとすぐ焦げるので要注意。

b0243727_19595898.jpg

あさりの水煮を汁ごと投入。


b0243727_2004767.jpg

白ワインも投入。


b0243727_201425.jpg

端っこに寄せてアルコールを飛ばす。
ソースから炎が出てるんだけど上手く写らない。



b0243727_201517.jpg

もちろんワインの残りは呑みながら作る。
キッチンドリンカーかよ(笑



b0243727_2025066.jpg

ソースができたらお湯を再沸騰させてパスタを茹でる。
ガス節約のため、茹で上がり4分のサラスパで。
茹で時間が短いタイプのペンネとか生パスタでもいいと思う。


茹で上がったらパスタとゆで汁を少々加えてソースを絡ませながら軽く炒める。
b0243727_2032587.jpg

ボンゴレビアンコ完成~♪
皿なんて洒落たもん山に背負って来るわけないので、
フライパンまんま喰らう!
これぞアウトドア男メシ(笑

うんま~♪


b0243727_20617100.jpg

お腹いっぱいになったので、テント内でプレモル飲んで~。



b0243727_2064423.jpg

星空まで一旦お休み~。


続く。
by yamakawawalk | 2014-08-03 20:42 | ~~~十勝連峰 | Comments(18)
Commented by ひっぽ at 2014-08-03 23:08 x
 おかえりなさい
このバカみたいに暑い中 どこに出掛けたのだろうかと思ってました。
何処かの湖畔でまったりとキャンプでもしながら 新しいフライパンの使い心地の確認して
夜は美味しいウィスキーを飲んで、日中は本を読みながらまったりしているのかと思っていました。
しかし  違ったのですね。 25㎏・・・  信じらんねぇ・・・
子ども達の間で流行っている 妖怪ウォッチの何かに取りつかれたんじゃなかろうか・・・
違った意味で心配だぁ~
Commented by yamakawawalk at 2014-08-03 23:16
ひっぽさん、ただいま(^^)

湖畔マッタリキャンプの予定だったんですよ〜。
でもこの暑さだと涼しい湖畔なんか無くね?
って事で山へ。
比較的楽にテントを上げれそうで札幌から一番近いカミホロにしました。

25kgは殆ど水とお酒のせいですね(笑)
8割がた消費したら、今日はザックが軽くて笑いました(^^;;
んで、僕なんでただでは下山しませんでしたけどね〜
続きは次回!

大丈夫です。
取り憑かれてません。
全て自らの意思でし。
マゾっ気が強くなっただけだと思います(笑)
Commented by bulanchan at 2014-08-03 23:37
yamakawawalkさん☆
こんばんは~
先ずは、生きかえって良かったですね~(笑)
ゆっくりニヤつきながら見させて頂きましたよ~
ザック25㎏重量の山Junkyですかぁ~(笑)
それも避暑を求める故の選択な訳ですよね~

それにしてもあの300階段は凄すぎる!気失いそう~((+_+))
でも歩幅は私向き(笑)

上富良野からの大パノラマは最高!!!ですね~
雲も、いい感じに流れていて、稜線の何と美しいこと!
風を感じますよ~☆彡
本当、いい眺めだ~☆

あら、、水6Lですかぁ。。それは重くなる筈で。。
マイハウスは快適そうですね(^_-)-☆

カミホロの登りも凄そうですね(@_@;)
横が崖とは。。怖いですw
八つ手岩って、恐竜の背中みたいですね~

途中、ナッキーに会えなかったのは残念でしたね。。
薄紫色の花が綺麗!

わっ!さすがトカップとエビス冷やしてたんですね(^o^)/
これは、間違いなくボンゴレじゃないですかぁ^^

キッチンも上手にセッティングして~☆
わ~♪♪♪美味しそうに出来上がりましたね~
これは文句なしに、まいう~でしょう(^_-)

しかもその後の、プレモルは最高!ですよ~☆
Commented by yamakawawalk at 2014-08-04 05:28
bulanさん、おはようございます^^

6Lの水は2.5Lの水入れ×2、行動用のスポーツドリンク500ml×1、保冷用の凍らせた500mlペットボトル×1の内訳です。
下山したら500mlしか残ってませんでした^^;

300階段は重荷を担いでるとキツイですが、下山よりもマシかも。
いつもあの階段の下りで膝逝っちゃうんで嫌なんですよ~。
登りはキツイけどモモの筋肉使えるんで・・・。

マイハウス快適ですよ~。
頭側はシングルベッドくらいの幅で、足元に向かって細くなる造りです。
一人だと荷物を置くスペースも十分ですし、細かい部分も気が利いていて良いですよ~。

ボンゴレ上手く出来ました。
サラスパを持っていった分、全部茹でたらちょっと多かったです^^;
あさりは貝付きのが見た目美味しそうだけど、
そこまで拘ったらさすがにやり過ぎかな?と。
ゴミも多くなっちゃいますし。

お酒は記事に書いたものに加えてスコッチを150mlほど持って登りました。
白雲でお酒が少なくてひもじかった(笑)ので今回はたっぷりでした♪
おかげで目を瞑ったら即落ちましたw

雪渓で冷やしておいたビール最高!でした^^
Commented by yukki6727 at 2014-08-04 06:07
おはようございます♪

いいなぁ~!! まったり山キャンで良いですね~♪
気持ちの良さが伝わって来ますよ~
カミホロ水場がどうなっていたか、気になっていましたが
まだいけそうですね~♪ 
今週末はテン泊したいのでリストに入れておきま~す♪

蝶は正解です♪ 覚えましたね~◎です

山めしも美味しそう♪
ヨダレが…たまらんなぁ

我が家は日曜しか山登りできなかったので、日帰りでした
そしたら、またyahさんとばったり☆ビックリでした~!!
Commented by yamakawawalk at 2014-08-04 06:20
yukkiさん、おはようございます~♪

僕は今週末、何処にも行けないので、
今回は雨さえ降らなければどこかでキャンプしようと思っていました^^
で、結局山になっちゃいましたけど(笑
十勝連峰って札幌から意外に近いんですよね~。

今週末なら水場まだまだ大丈夫です!
水を掬いやすい物さえ持っていけばバッチリですよ~。

コヒヨドシで合ってましたか!
良かたです^^
たくさん飛んでいました♪
他にも色々乱舞しててすごかったです^^

え!?またyahさんにお会いできたんですか?
いいなぁ~(笑
何処だろう??ニセカウとか北大雪かな~?
暑いし道央からは遠いかから阿寒3山は無いな~。
ん?ニペの可能性も(笑

全然想像付かないのでレポ楽しみにしてます(笑
Commented by kyuujitunituki at 2014-08-04 07:54
yamakawawalk 様、おはようございます。
快晴の初日でしたね。意外に意外に残雪は無いようですね。
山ガールトラバースしてはいけませんよ(笑
山メシも良いですね。今回は、ワインまで。パスタにはワインですか。
かなりの重量でしたが、ほぼ体に吸収されたようで。
こちらは、お盆まで休み無しです。
12号は余り影響は無かったんですが、11号は嫌なコースに
なりそうです。
Commented by yah-_-yah at 2014-08-04 09:32
25kgは重い、重いっすよ~!
食材が豪華すぎます!
インスタントラーメンとアルファ米の僕とは大違い・・・(;^_^A
しかし頑張って重い荷物担いだだけあって、超快適そうなテント生活ですねぇ~!
しかし、あの雪渓近くにテント張ってるのは気になります。
Commented by アラゴルン at 2014-08-04 10:25 x
え〜と〜…ボ、ボンゴレビ…ボンゴレビンゴと。_φ(・_・
つくレポ、メモりましたww

ていうか、25kgって!
いやはや、そのうちロッキンチェアーとか担いで行っちゃうんじゃあ…(笑)
ワタクシをお酒専用ポーターとして雇いませんか?報酬はお酒でww

カミホロは候補に挙がっているので大変参考になります^_^
Commented by yamakawawalk at 2014-08-04 11:48
kyuujitunitukiさん、こんにちは~。

もうさすがに残雪は限られた場所にしか無いですね^^
こうも暑いと雪渓歩きなんかがあればクールダウンできていいんですけどね~。

そうですよね、ザックは軽くなっても身体に取り込んだだけですもんね(笑
麓の温泉で計ったら63kgと体重変化がなかったのが不思議??でした。
台風嫌らしいコースですね。
被害がないことをお祈りしています。
Commented by yamakawawalk at 2014-08-04 11:54
yahさん、こんにちは^^

25kgキツかったっす(笑
たぶん限界値超えていたので、風の当たらない階段エリアでは僕の目逝ってたと思います(笑

雪渓に設営していたのは15人ほどの大学生パーティーでした。
彼らが到着した時点で正規のテン場には大型のテントを張るスペースが無くやむなくだったようです。
むしろ小屋周辺のテン場にスペースが足りなすぎに感じました。
敷地はあるのに平坦なテントスペースが少ないんです。

ツアーの荷物持ちが早い段階に来て大型テントを2張り設営して場所取りされてた影響もありました。
その段階でソロの方を含めてかなりの方が設営場所に困ってました。
(後に1張り撤収し、ガイドが寝る大型ツェルトに変わってましたが・・・)

しかし、登山ガイド付きのツアーってあそこまでしてくれるんですねぇ(笑
「食事の準備が出来ました」には笑いましたw
Commented by yamakawawalk at 2014-08-04 11:58
アラルゴンさんこんにちは^^

一瞬誰かと思いました(笑

僕のお酒専用ポーターだと相当な重量になりますよ~(笑


今回の25kgは良い練習になりました。
自分がどれくらい担げて、どれほどの登りに耐えれるか等色々分かって良い経験になりました。
カミホロのテン場は行儀よく張って10張り張れるかどうかなので、
もし行くのであれば早めにテン場到着することをオススメします。

今月中であれば僕見みたく6Lも水を上げなくて済みそうですよ~(苦笑
Commented by ydc0997 at 2014-08-04 13:19 x
こんにちは。
最初のテン泊は十勝連峰がいいかなと思っていたので、大変参考になりました。6月に富良野岳に行ったとき距離もそれほどないのでやるならここだと^^
いや~25Kgですか!昨日訓練を兼ねて10Kgを背負って樽前山行きましたがバランス崩すと転びそうな時がありました(汗
また夜のレポート楽しみにしています^^


Commented by kainaka-2 at 2014-08-04 17:52
今回も楽しく読ませて頂きました。まるで自分自
身が旅してる気分になれます。もっともこんな過
酷な登山は、とても真似できませんが。
このあとは素晴らしい星空かな?
Commented by yamakawawalk at 2014-08-04 18:54
ydc0997さん、こんばんは^^

富良野岳は僕も毎年登っていて、登山道の雰囲気とか距離感を大体把握いていますので、
ペース配分がしやすくて思っていた以上にすんなり稜線まで登れました。
重いザックは振られるとバランス崩しやすくて大変ですよね!
内部のパッキング次第で結構バランスも変わってくるので、色々試してみると良いですよ。
僕は最終的に担いだ状態で上下左右に身体を揺らして不快感がなければそれで登っちゃいます。
Commented by yamakawawalk at 2014-08-04 18:59
kainaka-2さん、こんばんは^^


ここは大雪山系でも比較的楽に到着できるテン場です。
もっとも今回のような重量を担いでしまうと、
体力的にはかなりキツかったです^^;

麓で撮っているとどうしてもあの上だとどうなのかな?
とか、あそこで撮ったら凄いだろうなって妄想が止まらなくなって、
山泊しちゃいます(笑
ここ最近の北海道は空気が霞んでいて星空的には微妙でしたが、
なんとか何枚か抑えておきました。

微妙な感じですが近々upしますのでお待ちください^^
Commented at 2014-08-04 21:01 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by yamakawawalk at 2014-08-04 21:06
鍵コメさん、こんばんは^^

25kgですか~?
お酒ですよ~(笑

食料と水、お酒の重量が嵩んだので、
一通り食べたら帰りは軽くなりました^^;
それでも19kgくらいはあったかもしれません・・・。
水場があの状態だと分かっていたらもう2.5kg軽かったはずですが、
たいした変わらないですね(汗

あと、ご指摘ありがとうございます^^
<< 避暑のカミホロ ”山キャンプ” ② 小屋と天の川 2014  >>