石狩岳 シュナイダーコース

b0243727_21265054.jpg

シュナイダーコースから石狩岳(1966m)へ登ってきました。

今回は久々に友人と2人で登りました^^
僕を登山の世界へ引きずり込んだ張本人です(笑

彼がいなければ恐らく登山をしていたかどうかわかりませんし、
そもそもこのブログをはじめてもいなかったと思います。

僕よりも年上ですが、スーパータフガイですので、
後ろからついていくのがやっとでした(笑



AM5:40分登山開始!
今日は午後には雨の予報ですので、昼ころまでに下山する予定です。
b0243727_21311470.jpg

ソニナイダーコース(笑)



b0243727_21323984.jpg

しばらくはダラダラと平坦な歩き。



b0243727_2133526.jpg

シュナイダーコースの看板。
結構しつこいくらいある。



b0243727_21333279.jpg

ユナイダーコス(笑)
何のコスプレだ?



b0243727_2134015.jpg

渡渉ポイント。
我々元釣り人にはこんなもん屁でもない。

身体能力の高い友人は木の上を行く。
進退能力に劣る僕はジャブジャブ漕ぐ(笑

超防水しておいたハイカットブーツにゲイターで浸水皆無。

沢にはたくさんのオショロコマが泳いでいます。
b0243727_6313678.jpg

オショロコマ(Salvelinus malma)です。
(写真は数年前にオホーツクの河川で釣ったもの)
性格は純真無垢ののんびり屋さんでおっちょこちょい。
厳しい環境で生息しているために、落ちてくるものは何でも口にしてしまう。
好き嫌いをしていたら生きていけないから。

故に誰にでも簡単に釣れてしまう。
僕らが彼らと遊ぶときはフライ(毛鉤)のバーブ(返し)を潰してダメージを与えないようにして釣る。
写真を撮るときは水から上げたりせずに優しくリリースします。

浅瀬で尾を振って泳ぎ、流下してくる虫に向かって浮き上がりパクンと食べる。
その行動がのんびりスローモーションで癒されます。


b0243727_5542038.jpg

この看板が見えるといよいよ急登開始!
一発目の急登はジグが切ってありそれほどでもなく、
尾根に上がると意外にも平坦な区間もあります。

しかし標高1200m付近からグイッと斜度が増しその後ほぼ直登に。


b0243727_21352741.jpg

その急登エリアはまさしく急登。
メッチャしんどい。
友人に付いて行くのがやっとです。



b0243727_2136992.jpg

これを登る(笑)
両手両足でよじ登る感じ。
ただ、このあたりの急登になると脚力に加えて腕力も利用できるので逆に助かります。
ただ掴んだハイマツの松脂が手についてベッタベタ(泣




b0243727_21363086.jpg

ロープ場はほぼ垂直。
しっかりしていますが、ご利用の際は強度確認をお忘れなく。



b0243727_213703.jpg

そんな急登の脇でクロウスゴ発見~。
もう色づいてるんだね^^
でも国立公園内だから採っちゃダメ~。

僕は今年もこれでジャムを作りますよ~。
もちろん国立公園内では採りません。



ゼェハェ言いながら急登エリアが終了すると、尾根に飛び出し視界が開けます。

バーンと稜線の先に山頂が見えるんだけど、霞んでる(泣
b0243727_21375397.jpg

友人は余裕で先に到着して下山者と話をしている。




b0243727_9451254.jpg

僕は急登にやられてバナナ片手に行き倒れ(笑




b0243727_21424065.jpg

冗談はさておき、
コルにはテン場らしき痕跡が。
良い感じのテン場ですが一応ここはテント設営はダメな場所だと思う。
指定テン場は音更山の東方にあるブヨ沼指定地です。



b0243727_21434420.jpg

こんな落とし物もあるからね~(笑
繊維たっぷりで、量もたっぷり。
乾き具合からして生後2日ってところかな?


b0243727_21445633.jpg

コルから山頂までは少々登りますが、気持ちのよい稜線歩き。
シュナイダーの登りからは比べ物にならないほど楽で景色もよい!
霞んでなければ絶景だっただろうになぁ。
憎むべきはPM2.5!
また来る理由を残しておいたってことで。



b0243727_65252100.jpg

分岐から頂上の間はピークは過ぎたっぽいけどまだ花が楽しめました。



b0243727_654243.jpg

b0243727_6551157.jpg

この花、蕊がカワイイ。



b0243727_6565311.jpg

b0243727_6582450.jpg

b0243727_6583474.jpg



b0243727_2146664.jpg

音更山方面を振り返る。
日高を彷彿とさせる稜線。

今回は天気が崩れそうなので無理せず音更山は登らなかった。
結果その判断は正解で、石狩岳ピストン下山後の14時くらいには結構強い降りになりました。
石狩連峰の山々の全てが山頂まで見えているのに降雨という不思議な天気でした。

稜線を歩いていたら山には雲がかかっていないので、
雨はまだって間違った判断をされた方もいたと思う。
降雨後は急激に気温が低下したので、
後続の方々(特に女性2人組)が無事に下山していれば良いけど。





b0243727_21485245.jpg

石狩岳山頂着。
標高1966mなんですが、隣のピークがここより1m高い1967m。
リアルピークを目指し標識ピークはとりあえずスルー。



b0243727_2150840.jpg

リアルピークにはすぐに到着します。
すでに頂上に立つ友人が見えた。
なかなかどうして、めっちゃカッコイイ山です!
実際に自分の足で登らないとその山の良さなんてわからないものですね。



b0243727_21531092.jpg

リアルピークにAM8:45着。
3時間5分でした。
奥への稜線は川上岳、ニペの耳を経て沼ノ原へ繋がっています。


b0243727_6471064.jpg

みんな大好きとんがりニペ様はギリギリ視認可能なレベル。
あーあ、もっとしっかり見たかったな。

とにかく霞がすごくてせっかくの頂上絶景が楽しめない。
なんとも残念。。。


さて、高層部分に濃い雲が広がりだしたのでそろそろ怪しい感じです。
下山しましょう。
b0243727_762224.jpg

う~ん、すばらしい!
良い山です!
奥の標識ピークに後続者が見えます。
好天時に再訪決定ですね~。

右下方に見える土場がシュナイダーコース分岐付近。
分岐までの標高差は190mほど。


b0243727_771143.jpg

シュナイダーの分岐からお別れの一枚。

ここからの下りは急傾斜なので、カメラをザックにしまい下山しました。

車についた頃からポツポツと雨が。
予定通り?といえば予定通りですが。


さて下山後にもう一つ楽しみにしていた事があります。

シュナイダーコース登山口の林道を更に奥へと進むと、
知る人ぞ知る山奥の秘湯があります。

b0243727_7104458.jpg

岩間温泉で~す♪


b0243727_711137.jpg

じゃじゃ~ん!



b0243727_711175.jpg

雨降ってるけどそんなの関係ないね~。
湯加減最高~!って事で撮ってもらいました(笑

ただ残念なことにここの途中の広場には「国立公園内の無許可建築物」ということで、
セメント等で湯壷などを設置した者は名乗りでて撤去するようにとある。

ひょっとするといずれ強制的に取り壊される運命にあるのかもしれません。
素晴らしいロケーション、お湯だけにすごく残念。

なんとか融通利かないものなのかな?
ま、無理だろうな(苦笑

ここまで来るには地上高の高い四駆で川渡りをしなければならないのでご注意を~。
渡渉部分を長靴でわたってもギリギリかな?
ウエーダー履けば余裕です。
渡渉部分からは徒歩だと10分位です。
by yamakawawalk | 2014-07-27 07:30 | ~~~東大雪 | Comments(16)
Commented by bulanchan at 2014-07-27 08:00
素敵!!!(笑)
Commented by yamakawawalk at 2014-07-27 12:55
ありがとうございます(笑)
Commented by yukki6727 at 2014-07-27 16:58
こんにちは♪
今回は友人さんと一緒で楽しそうですね~♪
しかも、めっちゃ素敵な石狩岳
格好良い稜線歩きですね。
霞んでいるのもこれはこれで雰囲気があって良い感じですよぉ!!

岩間温泉、何度か行った事がありますよ
山登り後の露天で最高に気持ちよさそうですね
Commented by yamakawawalk at 2014-07-27 17:16
yukkiさん、こんにちは~♪

たまにはソロでないのもいいですね!
風景撮っていても誰かが写っているだけで写真が締まります。
石狩岳の稜線の迫力は想像以上でした!
もうどんどん好きな山が増えて困っちゃいます(笑
霞バージョンも確かに悪く無いですね~。
でも今日一日喉ガラガラでハスキーボイスでした^^;

岩間温泉行かれてたのですね!さすがです!
行かれた際は入浴されたのでしょうか?
素晴らしい温泉ですね~。
ラッキーな事に僕ら以外誰もいなくて貸し切り~♪
結構混雑していることがあると聞いていたので幸運でした。

今度一緒にビールでも飲みながら入りませんか~?(爆
Commented by yah-_-yah at 2014-07-27 19:40
岩間温泉は行ったことないですが、結構人気みたいでいつも混んでるようです。
貸切だったのはラッキーでしたね。
わざわざ冬にスキーとかで入りに行く人もいるようです。
(でも帰ってくるのにまた汗だくとか)

yukkiさんと入る際は是非僕もお誘いください(笑)
Commented by yamakawawalk at 2014-07-27 19:52
yahさんへ。

絶対誰か居ると思ったのですが、貸し切りでビックリでした。
車中泊で長居する方もいるそうですよね。
あのお湯での湯治なら悪い病気も吹っ飛びそうです^^

スキーでですか!?
国道からは結構な距離ですけど、
積雪期にスキーなら最短で行けそうですもんね。
面白そうです^^

了解です、真っ先に声をかけさせて頂きます(笑
Commented by flat_white at 2014-07-27 22:45
行き倒れショット最高!!
PCに向かって声を出して笑ったのは久しぶりです~^^
急登はめちゃ大変そうで、
マジにコースなんですか…?と聞きたくなるくらいですね。
この素朴で贅沢なロケーションの温泉で疲れも吹っ飛びそうですね^^
Commented by yamakawawalk at 2014-07-28 06:25
flat_whiteさん、おはようございます(^^)
急登登っている最中に思いついて、
登りのモチベーションになりました(笑)

急登は途中まで、こんなもんかな?と思いましたが、
だんだん急になって、最後は両手両足駆使しなければ登れませんでした。

温泉はサイコーでしたー(^^)
Commented by kyuujitunituki at 2014-07-28 08:03
yamakawawalk 様、おはようございます。
天気予報では、余り良くない予報に思いましたが
登られたんですね。
急登の後の尽き果てたお姿、誰が見ても
星の王子様とは気づかないでしょうね(笑
熊さんがバナナ欲しさにやって来るかも(怖
お友達との山行、自分撮りも楽だったでしょう。
最後の秘湯、癒されるひと時だったでしょうが、
自然との融合は難しいですね。
お盆過ぎまでは山行には行けないので仕事に
頑張りま~す。
Commented by Kentucky-a at 2014-07-28 09:49
お疲れ様です
Yamakawawalkさん ひょうきんなんですね(笑)
相棒がいると たくさん面白い写真取りそう♪
Commented by yamakawawalk at 2014-07-28 12:32
kyuujitunitukiさん、こんにちは~。

現地は午後から雨予報でしたが、まさしくドンピシャで当たっていました。
”天気誤報”にも珍しいこともあるもんです(笑

行き倒れ写真は演出ですが(笑)リアルで行き倒れしかねない急登でした。
バナナ持って倒れてたらクマ寄せの罠みたいですね~。
カモネギか~(笑

温泉最高でした。
このお風呂が無料ですよ!
昔の映画で「星の王子入~浴~へ行く」って映画ありましたね。
あれ?微妙に違いますか?(爆
Commented by yamakawawalk at 2014-07-28 12:35
ケンタさん、こんにちは^^

山でお会いした際は僕がケンタさんのおもしろ写真を撮影して差し上げます(笑
ネタ帳用意しておいてください(爆
Commented by kyuujitunituki at 2014-07-28 12:38
yamakawawalk 様.
その表現がありましたね。
yamakawaさんへ、座布団1枚~差し上げて!
Commented by yamakawawalk at 2014-07-28 12:50
kyuujitunitukiさん、ありがとうございます。

山田く~ん(笑
Commented by kyuujitunituki at 2014-07-28 13:00
yamakawawalk 様。
モノクロ良く分かりません。
山に行けないから花になってます。
あぁ、山に行きたいけど暑いです。
Commented by yamakawawalk at 2014-07-28 19:06
kyuujitunitukiさんへ。

そちらは相当な暑さのようですね・・・。
お見舞い申し上げます。
札幌も今日は過ごしやすかったですが、明日からは暑いとか。
でも30℃前後で泣き事言っていたら道外の方に怒られますね^^;
<< 一夜を共に・・・Ⅰ 石狩岳 シュナイダーコース 速報版 >>