暑寒別岳 2014-06-29

b0243727_638424.jpg

暑寒別岳(1492m)へ登ってきました。

選択したコースは暑寒コース。
他に箸別コースと雨竜沼湿原から南暑寒岳経由のコースがあります。






b0243727_6405121.jpg

奥の建物はトイレです。
中はとても綺麗で臭くもなく素晴らしく管理されています。
夜は明かりが点かないのでヘッデンが要りますが、
登山者なら皆持っているはずなのでこれでいいでしょう。



b0243727_6422396.jpg

b0243727_6431149.jpg

暑寒荘。
中で宿泊もできます。
利用は無料です。
年配のご夫婦が泊まっていたようです。
中も綺麗です。



話には聞いていたけど、駐車場の段階からすさまじい蚊の攻撃(泣
まともに朝食も摂ってられない。
b0243727_6432960.jpg

のっけからたまらずエアーサロンパスを噴射!
DEET含有の虫除けスプレーより肌に良い気がする。
アユ釣りをする知人から聞いたアイテム。
「EXじゃなきゃダメだぞ!」と言ってたけど大した変わらんと思うよKさん(笑
今度報告しようと思うけど話が長くなるからなぁ(笑



b0243727_6481411.jpg

さてスタートです。
頂上まで10kmの長丁場です。



b0243727_649031.jpg

朝日に向かって歩く。
1合目までの樹林帯では、とにかくすさまじい蚊の猛襲に遭う。
高速で急登をクリアする。



b0243727_6502333.jpg

1合目を過ぎるとこんな平坦なトレイルが延々と続く。
暑寒荘に泊まっていた先行のご夫婦に追いついた。
あ、防虫ネット。
その手があったか。
車にあったのに・・・。



b0243727_652494.jpg

うう~ん、頂上が見えん。
この風向きと湿度だとたぶん雲は取れないだろうな・・・。
テンションダウン・・・。


登山道の周囲は結構太めの笹が密生していて、
あの感じだと出てくるネマガリも太くて良質なものが採れそうです。
実際に途中で数人タケノコ採りのおじさんとスライドしました。
b0243727_11434694.jpg

出とる出とる。
んが、登山ウエアじゃ藪こぎしたくないので泣く泣くスルー



b0243727_11442850.jpg

菫。



b0243727_11445172.jpg

シラネアオイがまだ見られるとは思ってなかったので、
ちょっとラッキーな気分♪



b0243727_11555578.jpg

これは何?





b0243727_65393.jpg

平らな登山道もたまに急登がある。
ダラダラダラ・・・グイッの繰り返し。




b0243727_11454412.jpg

5合目着。

6.2kmっちゃ、山によってはとっくに頂上でもおかしくない距離です。
まだ残り3.8km。
オプタテ日帰りと距離的には同じくらいなのかな?



b0243727_7102489.jpg

ノウゴウイチゴ。
これは分かる。
毎年このいちごにはお世話になってるから。
これでジャム作ると美味しいんですよ。
ジャムの作り方はこちら→いちご狩り




b0243727_11591898.jpg

これもわかんね。
こういう強風でレンズ交換の面倒くさい時は、
Tamron A09って便利なレンズです。
そこそこ寄れるし、明るいし、軽いし・・・。
安いんで岩なんかにぶつけても全く心が痛まないし(笑
今回レンズを3本背負って登ったけど、風強いし湿気ってるしで一度も交換しませんでした。



b0243727_7133478.jpg

7合目手前の急登ロープ場。
傾斜はそうでもないけど、浮石でグリップが悪く登りづらい。



b0243727_120568.jpg

あーあ(笑
ありゃ眺望は無理だろ・・・。

ここでしばらく休憩かねて20分ほど様子見。
しばらくすると先週芦別に登ったというソロの男性と、1合目で追い越したご夫婦が到着。
ご夫婦の旦那さんが「念力でどうにかしてやる」というので信じて進む(笑
あまり酷いようなら撤退も考えないと。



b0243727_717561.jpg

念力・・・。効いてるのか??
箸別コースも雲の中。



滝見台に到着。
b0243727_7174876.jpg

b0243727_7182534.jpg

もっと晴れていれば絶景だったろうなぁ。



b0243727_7184635.jpg

ゴゼンタチバナ、ですよね?



b0243727_1205432.jpg

ソロの男性(右)と念力のおじさん。



b0243727_7193239.jpg

うひゃひゃひゃ(笑
ガスと強風の中へダイビングだぜぃ、ヤッホーイ(頭壊
どういう状況かはこちらの動画をどうぞ↓

スピーカーONで風の音も聞けます(笑


b0243727_7345128.jpg

これが登りで最後に見えた下界の景色となったのであった・・・。




b0243727_7352296.jpg

ウコンウツギは満開状態。


9合目のロープがある急登は距離も長くなかなかしんどい。
足場も悪いので登山者が多い場合は落石に注意が必要。
その急登を登り切るといきなり平坦になってお花畑になっています。
b0243727_7354335.jpg

これ何??

※「マシケゲンゲ」という増毛山地固有種だそうです。


b0243727_7373210.jpg
b0243727_737571.jpg

b0243727_7382659.jpg

チングルマは終わりかけ?
中にはすでに「海原はるか」になっているチングルマもあった。
え?海原はるかを知らない?
Googleで画像検索を推奨します(笑

冗談はさておき、ガスの中の花も悪くないですね。



b0243727_7384523.jpg

この花が一番多く咲いてました。
メッチャ風が強くて被写体ブレがすさまじいので開放で感度を上げて撮りました。
上のはISO1600。


b0243727_7391155.jpg

一株だけあった花。



b0243727_7393093.jpg

ガッスガス、風ビュービューの頂上に到着。
休憩込で3時間ちょうど。
下山後暑寒荘の管理人さんに聞くとかなり早いらしい。
たぶん3合目くらいまで蚊の攻撃を避けるために早足で歩いたせいだと思う。



b0243727_7411521.jpg

半ば意地になって山頂コーヒー(笑
岩や植物に着いたガスの水滴が雨のようになって水平に飛んでくる。
たまらずカメラを仕舞う。



b0243727_7422696.jpg

増定????って?何?


レインを着ていても強風と水滴で体が冷える。
7合目を堺にして全く季節が違う。
さっさと下山することに。
b0243727_743538.jpg

滝見台再び。
結構な人数とスライドするんだけど、皆一様に「山頂は?」と聞いてくる。
期待持たせても仕方ないので真実を述べる(笑



b0243727_7453446.jpg

木漏れ日のスポットライトを浴びたシラネアオイ。


b0243727_7471836.jpg

たまに小さい登り返しがあるけど、5合目より下は概ね平坦。
んが!これがめちゃくちゃ長い!
イヤになるほど長い!
たまにある登り返しが心地よい程、平坦で飽きる。



b0243727_7491140.jpg

下山は2時間10分。
結構汗をかいたので冷たい炭酸系は美味い^^

暑寒荘のおじさんと暫し談笑。
結構バカにして登る方がいて、大概5合目くらいでヤラれて戻ってくるとか(笑
なんか分かる気がする。
地形図での印象よりずっとキツイ。

箸別コースの6合目付近には居着いている羆がいるので、要注意だそうです。
糞の数、掘り返し共に半端ないとか。
よかった、あっち行かなくて。
お花畑を見たいなら暑寒コースの分岐から少し下れば十分だそうです。

僕のぶら下げているカメラを見て管理人さんと写真の話になった。
管理人さんも写真をやるらしい。
山中で星空を撮っているんですと話したら、
山荘と星空の写真撮って中に今度貼っていってくれと言われた。
以前貼ってあった有名な方の写真(?)が盗まれたらしい。
了解です、僕のでよければ(笑



b0243727_7551086.jpg

暑寒別川の河口近くのパーキングで車中の片付けと、コーヒータイム・・・。
って山頂出とる!!

なんでやねん!!!(笑


ここで事件が。


まったり山を見ながら休んでいたら、窓にカーテン(笑)を付けた軽4が入ってきた。
何処行くんだ?女の子乗せてるから・・・。
いやいや炎天下の日中だし(笑

と思っていたら河川敷でおもむろに釣り竿を用意しているじゃないか!
ここ暑寒別川は保護水面で、一切の水生動物の採捕が禁止されています。
釣り行為自体も禁止。
警察に見つかると密猟行為で逮捕されます。

「ったくめんどくさいな・・・」と思いつつ歩いて行って注意すると、
「えっ!?」ってびっくりしてやめていった。

帰り際にお兄ちゃん最敬礼してった(笑
無知って恐ろしい・・・。

「釣りしてぇ~」なんて簡単に言って何処でもやるのは構わないけど、
注意しないと彼女の前でお巡りさんにつれてかれて恥をかきますよ。

道内には完全禁漁の「保護水面」と、魚種限定で禁止の「資源保護水面」があるので注意してください。
資源保護水面のほとんどが「ヤマベ(本州で言うヤマメ)」の保護河川です。
特に日本海側には多いので気を付けましょう。
この周辺だと増毛町内の「信砂(ノブシャ)川」と、
札幌からの道中に渡った「厚田川」が保護水面です。

たいてい大きく「禁漁」って書いてあるんですけどねぇ・・・。



b0243727_843280.jpg

さて帰ろ。
by yamakawawalk | 2014-06-30 21:52 | ~~~暑寒・樺戸 | Comments(25)
Commented at 2014-06-30 22:12 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by yamakawawalk at 2014-06-30 22:19
鍵コメさん、こんばんは~。

んん??なんでしょう??
大丈夫ですよ。
ちょっとドキドキしますが(笑
Commented by yukki6727 at 2014-06-30 22:30
こんばんは♪

昨日の初登頂の前に…の記事で薄々、登頂はガスってたのかな??って思ってましたが
やはりそのようでしたね。
今年は雨竜沼~南暑寒別に挑戦しようと思ってますが
やはり虫の事が気がかりで…
やっぱり虫対策はしっかりしないと泣きをみそうですね

それにしても相変わらずの綺麗な写真で、いつもより花写真も多かったような…
気持ち良く拝見することができました~!! ありがとうございます
ロング山行、お疲れ様でした♪
Commented by tarumae-yama at 2014-06-30 22:37
今晩は
暑寒別山ほど蚊の多い山は私は知りません。
私もこの山だけは防虫ネットを用意します。
この山はなかなか登り応えがありますね。タケノコを採りながらだと何時下山出来るか不安になります。
花はサンカヨウとマシケゲンゲが写っているように思います。
私は人に花の名前を教えるほど図々しくないのですが。
Commented by yamakawawalk at 2014-06-30 22:39
yukkiさん、こんばんは~。
今回はガスガスだったので花の写真が多くなりました^^;

虫が凄いと聞いてはいたものの、「どうせ尾ひれが付いてるだろ」と思っていましたが、
悪い方に想像を越えてました(笑
米軍仕様のお肌に悪い奴が必要かも・・・。
僕はあまり皮膚が強くないのでなるべくマイルドなものと思うと、ハッカ油になるんですけど、それじゃ多分ムリっぽいです。

でも、最近yukkiさん、ハット被ってますよね?
防虫ネット一択じゃないですか(笑
防虫ネットのためのハットですよ。
あの時masaさんからハットを借りたのも運命だったんですよ。
最初は鬱陶しいけどすぐに慣れますから。

僕なんて忘れてそのままポカリ飲もうとしたことがあるくらい(笑
Commented at 2014-06-30 22:41 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by yamakawawalk at 2014-06-30 22:44
tarumae-yamaさん、こんばんは^^

いや~聞きしに勝るモスキート地獄でした(笑
帰りは発汗もしていたので更に寄ってきて、
襟足付近はボコボコです(泣

タケノコ採りのおじさんたち元気ですね。
収量が多いと、テン泊ザック並みの重量になるはずですが、ものともしていません。
しかもニセコの大谷地付近見たく車から近くない、4合目付近に数名いました。
決して若い方たちではないのですが、凄いバイタリティーだと思います。

マシケゲンゲ?ですか?お名前から察するに暑寒の固有種でしょうか?
ちょっと僕も調べてみます^^
僕も花はさっぱりですので、教えるより教わるほうが得意です(笑
Commented by yamakawawalk at 2014-06-30 22:57
鍵コメさんへ。

あ!!え??あの時の方?お知り合いの方だったんですか??
ポーズを再現されたら覚えてくれていると思います。

うわ~狭いですね~(笑
結構長いことお話させていただいたんですよ~。
分かっていたら2ショット頂いたのに^^;

あの時撮っていただいた写真、僕も気に入ってます♪
撮影の際は結構細かい事言ってしまい恐縮です・・・。
ありがとうございましたとお伝え下さい(^^)/
Commented by yamakawawalk at 2014-06-30 23:09
tarumae-yamaさんへ。

グーグルさんに頼って調べてみました。
紫の花は確かにマシケゲンゲのようです。
固有種なんですね。
知っていたらもっとたくさん写真を撮っていました(泣
勉強不足ですね・・・。
がんばって色々覚えてみます♪
ありがとうございました^^
Commented by bulanchan at 2014-07-01 01:17
yamakawawalkさん☆
こんばんは~
暑寒別岳、ガスの中頂上到達お疲れ様です^^

木洩れ日射す樹林の中での、蚊の猛襲、、、、最悪でしたね(@_@;)
私も蚊には、人一倍刺されやすいので嫌ですね。。
エアーサロンパスって、効果あるのですか?

7合目付近の動画、Live感味わえました^^
すごい強風の音とガスですね。。

無事の登頂と下山が出来て良かったですね!

光る海、、、、きれいですね~☆
Commented by yamakawawalk at 2014-07-01 06:41
bulanさん、おはようございます(^^)

最悪撤退も考えましたが、後続の方も登ると言うので山頂を踏んできました。
エアーサロンパスは眉唾でした(笑)
いや、たぶんあの状況だと何を塗っても無駄だったと思います(^^;;

山菜採りの方は帽子のツバに湿布貼ってましたよ(笑)
顔の防御は防虫ネットが一番良さそうです。
帰宅したら化繊の長袖きていましたが、
肘もボコボコでしたし(^^;;

まだあちこち痒いです>_<
Commented by kyuujitunituki at 2014-07-01 07:50
yamakawawalk 様、おはようございます。
夏山満喫ですね。
山頂付近はかなりの強風とガス私も先日の由布岳と同じですね(笑
そちらの山は花盛りですね。
花の名前もかなりお詳しい様で。
登山口の花の看板アップ見たかったですね。
多くの花が記載されているようですね。
今回は、花鑑賞がメイン羨ましい。
yamakawaさんプロの方と間違われたんじゃないですか。
yamakawaさんの写真を見れば納得されるでしょう。

もしかして、壁早くものりこえちゃいました。
Commented by runa_yuzu_love at 2014-07-01 09:13
頂上までが10キロですか んーーっ!! まだ無理
でもこの時期の山は沢山のお花達に出会えるからいいなぁ

釣りなどが禁止ってのも知らないことありますが
きちんと最敬礼で去って行くって! 礼儀正しくて良かった
Commented by ydc0997 at 2014-07-01 09:28 x
こんにちは。以前雨竜沼湿原からみた暑寒別岳を見て、暑寒ルートもいいかなと思ってましたが、なかなか手強そうです。体力的にペース上げるのきついので防虫対策必須ですね。
タムロンA09お使いなんですね。意外といいレンズで私も一眼にはつけっぱなしです^^
Commented by rin_pr at 2014-07-01 10:18
夏山は上半身すっぽり被れる玉ねぎネットが必需品でしたね。
ヒュッテの中も虫が凄くて、同行した人が思わずバルサン焚いてしまった!
・・・当然、人間が外で虫にたかられます・・・
そんな時代もあったのを懐かしく思い出しました。
Commented by yamakawawalk at 2014-07-01 12:01
kyuujitunitukiさん、こんにちは~♪

そうでしたね由布岳レポ拝見しました。
できるだけ眺望の効かない日には登りたくない派なのですが、
この日は下界が快晴だっただけに残念でした。
(ヤマレコを見たら午後から山頂の雲が取れたそうです・・・)

いえいえ花は全然わかりません^^;
超有名どころはさすがに分かりますけど、菫系や◯◯キンバイなんかは、区別がつかずちんぷんかんぷんです(苦笑

ご指摘されて気づきました。
たしかに花の看板をもっと寄って撮るべきでした・・・。
申し訳ございません。
だって蚊が・・・プーンって・・・耳元に・・・・。
Commented by yamakawawalk at 2014-07-01 12:07
るなりんさん、こんにちは^^

10kmのうち4km位は平らですが、距離なりにキツかったですね^^;
とにかく虫が凄くて大変な山です。
残雪が多くて平坦だから常に地べたが湿潤で、蚊の生息環境としては最適なのかもしれません。

釣りをしようとしていたお兄ちゃんは完全に知らなかったみたいです。
注意したら怖い人で「なんだこらぁ!」って反撃喰らったらどうしようと思いましたが、
普通の若者で良かったです(笑
Commented by akko-kornblume at 2014-07-01 12:07
こんにちは!

山頂は雲で残念でしたけど、青空がこんなに綺麗な北海道が羨ましい!
さすがお花もいっぱいですね。
だぶん、長い距離の下りは飽き飽きして、もう嫌になっちゃうんでしょうけど(笑)
往復20kmはなかなか大変だとお察しします(^^♪

知らないってことは怖いけど、知っててもやる人を見るとどうしたらいいのかなって思います。
先日も土日は三脚&一脚禁止って大きく書いてあったのに、
木道で三脚広げて、湿原に足が入ってるしで、一言言おうかなって本気で
思ってしまいました。おっさん達でした(*_*;
尾瀬でも湿原にカメラバック放ってるおじさんが二名いたし!
って、ここで書いてもしょうがないですね、すみません。

早く青空の下を歩ける季節になって欲しいです。
そして星空撮影もしたいですー。なかなかチャンスないです(T_T)
いつも素敵な景色&星空見せてくれてありがとうございます。
あ、おまけになっきーも可愛かったぁ、会いたい気持ちが募るばかりです。
Commented by yamakawawalk at 2014-07-01 12:11
ydc0997さん、こんにちは~。

箸別ルートが楽そうですが、あちらも長そうですね。
管理人さんの言っていた熊の話もありますし、
悪天候時には歩きたくないルートです。

28-75は良いですよね^^
なにせ安いし、そこそこ写りも良いし明るくて軽い!
6Dとのバランスは最高です。
重いEF24-105Lは全く持ち歩かなくなりました。
ちょっと画角が狭いですけど星にも使えますよ。
Commented by yamakawawalk at 2014-07-01 12:21
rin_prさん、こんにちは^^

暑寒荘の中を覗いた時蚊取り線香の臭いがしたので、
小屋の中も結構虫がいたんでしょうね^^;
入り口には「ヘビが入るからしっかり閉めて」の看板も・・・。
ワイルドですね~。

防虫ネット系は作業服店あたりに結構種類があると聞いたので、
今度行って見てこようと思ってます。
Commented by yamakawawalk at 2014-07-01 12:35
矢車草さん、こんにちは^^

正解です!下りの平坦路は完全に飽きてました(笑
おまけにモスキート軍が待ってましたとばかりに襲来・・・。
でも、頂上付近の花が見れたので良しとします^^

禁漁河川での密漁行為は確信犯の方もいます。
今回のお兄ちゃんは知らなかっただけですけど、
密漁の確信犯は大概怖い方のケースが多いです・・・。
特に秋のサケ・マス密漁は・・・。
ちょっと前にはそれに絡んだ傷害事件も発生しました。

登山道&湿原の木道近辺での三脚おやじさん達には僕も何度か頭にきた事があります。
大雪では一度ほぼ喧嘩でしたし^^;
年配の方に僕ら若いのが注意するとプライドが許さないのか、筋の通らない言い訳をして逆ギレされるんですよね・・・。
自分だけ撮れれば良いのか、困ったもんです。
美瑛でも撮影マナーが問題になって久しいです。

そちらは梅雨空で大変だと思いますが、止まない雨はないのでその間にイメージを膨らませる充電時間だと思って我慢ですよー。
梅雨明けの素晴らしい写真と楽しい山レポ楽しみに待ってます♪
Commented by yah-_-yah at 2014-07-01 13:26
暑寒別岳は花がいいみたいなので、行ってみたい気持ちは山々なんです。
が、噂の蚊・ブヨ攻撃が怖くていつもためらっております。
「いや~~~~~っ!」って叫びたくなると思います・・・(;^_^A

A09は今まで何度も購入しようかと思ったレンズです。
この春先にもポチる寸前で思いとどまりました。
標準ズームばかり何本も持っててどうするんだ?と。
でもyamakawaさんオススメならまた欲しくなってしまいます。
登山中のレンズ交換って出来ればあまりしたくないですよねぇ。
埃やら虫やら入る危険もあるし、交換しながらだったら進むスピードもすごく遅くなっちゃいますし。

「これは何?」の花はツバメオモト、一番いっぱい咲いてた花はエゾノハクサンイチゲなんじゃないかと思います。
Commented by yamakawawalk at 2014-07-01 17:12
yahさん、こんにちは^^

今回はブヨはいなくて蚊ばかりでしたが、そのしつこさと数は半端でなかったです。
5合目くらいまでは常にまとわりついてる状態でした。
暑寒荘の管理人さん曰く、もうすぐアブがすごくなるとのこと><
例の1.5cm程のグレーのアイツです。
ダニーはそれほどでもないとか言ってました。

A09は稼働率NO.1のレンズです。
登山では最初から付けていくことが多いです。
6Dを持ち歩くようになってからは重量バランスが良くて気に入ってます。

下山後首が痛くなることがあるので、なるべく首に負担が少なくなるように、
軽量のこのコンビがメインになってます^^
「16-300mmf2.8マクロ」なんて便利ズームで高画質なレンズがあれば1本で済むんですけど、
めちゃくちゃでかいレンズっぽいですね・・・^^;

ツバメオモトとエゾノハクサンイチゲですね!
ありがとうございます。
虫や距離の長さ、今回のガス模様を除けば、素晴らしいお花畑の良い山でしたよ^^
Commented by flat_white at 2014-07-01 21:30
イチゴの花の下の白い花は
サンカヨウだと思います^^
野沢温泉の毛無山にも咲きます♪

蚊は壮絶そうですね。痒いのは我慢できそうにないです。
そういえば、渓流釣りでアブよけにハッカ油を持って行ったうちの連れに、エアーサロンパスEXを薦めておきます^^v
Commented by yamakawawalk at 2014-07-02 07:51
flat_whiteさん、おはようございます(^^)

サンカヨウなんですね(^^)ありがとうございます。
それにしても皆さんお詳しい。
僕も少し勉強してみますが、皆さんのレベルまで知識を得るまで何年かかるやら(^^;;
本で見るだけじゃ身につかないですよね。
予習して現地で目で確認、帰って復習が必要です。
少しづつで良いので覚えて行きたいです(^^)

これから暑くなるとアブには参りますね。
北海道も道東の牧場地帯へ行くと凄まじい数で襲ってきます。
車にも大挙して集るので、降りられません>_<
<< Sunset~黄金岬~ 暑寒別岳初登頂・・・の前に >>