オプタテシケ山 2014  【Day-2】

b0243727_21372214.jpg

美瑛岳のモルゲンロート。

前夜星撮りを終えてシュラフに潜り込み、
朝、隣人の話し声に起こされて外へ出ると、好天のまま夜が明けていました。

早速カメラを首からぶら下げて稜線まで朝の散歩。
風は夜と違って少し強めに西寄りで吹いているから、
麓の気温が上がったら恐らく各頂上には雲が湧くと思い、
早めに朝食を摂ってオプタテシケ山頂へ向かうことにしました。







b0243727_21412826.jpg

十勝側の沢筋は雲海に覆われている。
左手の山は今月頭に登ったニペソツ山。
もう天狗のコル付近の残雪もなくなり賑わってる頃でしょう。

因みにこれから登ろうとしているオプタテとニペソツ山は、ほぼ同緯度で標高も殆ど一緒です。



b0243727_21472646.jpg

夜明けのテン場。
あんな感じの場所で一夜を過ごしました。
奥の美瑛市街は雲の下。



b0243727_2148568.jpg

朝食。
これが意外に美味しかった。
インスタントのカルボナーラ?んなもん(笑)と思っていましたが、
アルファ米食べるよりずっと食える。
待ち時間もカップ麺レベルの3分とアルファ米のように長く待たなくていい。
コレとソイジョイ1本とブラックコーヒーが朝食(どんな組み合わせだよw)
とりあえずこれでオプタテまでは歩けるかな?

天気が良いうちに登りたいのでささっと準備して、
サブザックに交換レンズ2本と飲み物、行動食を入れ出発♪

b0243727_22574844.jpg

石垣山からベベツ岳へのコルへ下る場所からチラッと麓が見える。
牧草地の中に赤い建物が見えるのが白金模範牧場。
その左上に小さく「青い池」が写っている。



b0243727_231584.jpg

十勝側の裾野にはまだ残雪がある。



b0243727_2323258.jpg

チングルマ(これはさすがに分かる)は咲き始め。
斜面一面に咲き誇るのはもう1週間以上かかりそう。

石垣山~ベベツ岳間のコースは歩きやすくて眺めも良い気持ちの良いトレイル。
ここを歩くのは2回目だけどすっかりお気に入り。
(このあともう一度反復することになる)


b0243727_235289.jpg

超気持ちいい道♪



ベベツに上がるとオプタテが眼前に見えるのだけど・・・
b0243727_236555.jpg

登り始めは軽くだったガスがどんどん増えて頂上を覆っていた。
ガーーーン!ショック!

アレじゃ登っても無駄だよなぁ・・・。
しばらく様子を見て考えたけどさっぱり取れないどころか、ガスは増える一方なので、
悔しいけど撤退し、快晴の美瑛岳に変更しようと踵を返す。



b0243727_2385544.jpg

美瑛岳か・・・。
ま、しょうがない。

ベベツ岳から石垣山まで戻って、花の写真を撮っていたら、
あれ???

オプタテのガスが取れてきてる(笑
何でじゃ!!
かなり戻ったのに!

・・・・。


やっぱオプタテに登る!
と再び戻る(笑
何やってんだか。



b0243727_2311759.jpg

相変わらずビュオーーーーーっと西風が吹いて、
雲の出来損ない見たいのが飛んでるけど、さっきよか全然マシになった。



b0243727_23162095.jpg

花に囲まれた道の奥がベベツ岳の山頂。



b0243727_2317469.jpg

2年ぶりのベベツ岳山頂。
「JKな看板」は前と変わらずだが、地べたにおいてあった。
ちょっとお借りして手に持ってパチリ。
奥に美瑛岳。



b0243727_23193897.jpg

ベベツ岳を越すと一旦130m下ります。
写真の巨大ケルンから一気下り。
勿体無いなぁ。
奥に目指すオプタテの山頂が見えます。
あっちの登りはここで下った倍近くあります。



b0243727_16573857.jpg

ベベツ岳とのコルを越えて再び登ること数10分でオプタテの右峰に到着。
中央稜の断崖が眼前に聳えて見えます。

奥の山塊は大雪山の主峰旭岳を盟主とする表大雪の山々。



b0243727_16581156.jpg

西峰から美瑛方面の麓。
遠く旭川も雲の下。



b0243727_1702525.jpg

さて頂上はもうすぐ!
あとひと踏ん張りです。
頂上には人影が。



b0243727_1712311.jpg

キバナシャクナゲが円を描き、その中央にピンクの花が密集していて綺麗でした。

逆光で激しくゴーストが出るのがTokina16-28の最大の弱点。
でも星を撮るならキヤノンフルサイズ機では現状これがベストのレンズだと思う。
(ニコンには14-24f2.8って羨ましい星景神レンズがある)
EFの超広角ズームが新しく出るようですがf4だから微妙。
16-35f2.8Ⅱは周辺減光が酷くて星に使う気にはならない。



b0243727_178168.jpg

オプタテシケ頂上に到着~♪
初めてトムラウシ方面がスッキリ見えます!
360度の素晴らしい眺望です!


b0243727_179970.jpg

来し方。
十勝岳も見えますが、富良野岳は見えません。



b0243727_17123337.jpg

ここでオプタテシケ山の左峰(写真手前のポコ)に行ってみたくなった。
あそこへ行けばきっとトムラウシへの長大な縦走路の全貌が見えるはず。



b0243727_17141620.jpg

左峰への下りは、
結構な急斜面で滑りやすく東側が崩落していて結構怖い。
b0243727_17214757.jpg

一部細尾根の上を歩くので高所恐怖症の方は怖いかも。
ここを歩くのはほとんどが縦走装備だと思うと楽じゃない道です。



b0243727_1716128.jpg

左峰到着。
なんかトムラウシが近くに見える気がする(笑



b0243727_17165682.jpg

憧れの縦走路が眼下に・・・。
双子池キャンプ指定地も見えます。
うーん、あそこじゃ寝たくない(笑



b0243727_17192476.jpg

パノラマです。
山座同定しておきました。
字、ちっちゃいけど・・・。
クリックで拡大して御覧ください。



b0243727_1721968.jpg

十勝平野もずっと雲海状態でした。


左峰から戻るときに頂上をパチリ。
b0243727_17222451.jpg

どこかの山に似てるな?と思ったら、
雲峰山から見た芦別岳ですね。
こっち側から撮られたオプタテの写真ってあまり見かけないから貴重ですよ(笑



b0243727_17254017.jpg

さて戻りますか~。
小腹がすいたのでスニッカーズを食べてから下山。
スニッカーズ甘すぎ(笑



b0243727_17263585.jpg

ベベツ岳の登り返し。
これをクリアしたら、小さな登りはあるけど残りは殆ど下りです。



b0243727_1727332.jpg

予想通り雲が出始めた。
いい時に登頂できたな~。



b0243727_17283055.jpg

テン場着。
テント無事。

朝露でベチョベチョだったフライシートは日差しですっかり乾いていた。
これで無駄に重量が嵩まず後片付けも楽です。

撤収前にとりあえずお腹が空いたので昼食にします。
オニシのドライカレーと棒ラーメン(とんこつ味)。
アルファ米は微妙だけどドライカレーは味の濃さも手伝ってそれなりに食べれますね。
棒ラーメンはお手軽で美味しい。


食事が終わったらテントの撤収です。
後片付けって嫌いじゃない。
b0243727_17304537.jpg

綺麗さっぱり。
一晩お世話になりました。

いつもだけど、撤収したテン場を見るとなんか寂しい・・・。
なにか忘れ物をした感覚になる。
もちろん忘れ”物”なんか何も無いんだけど。

忘れた物、何かわからないけど、また来る時まで置いておくよ・・・。



再び背負った重荷が両肩にズシリ。
食料や水、ビール等を消費したので若干軽く感じます。
直接飲用の水はアミノバイタルを溶かしたペットの500mlとプラティパスに水の状態で1L。
登山口まで下り6kmだから足りるだろう。
雪渓で汲んだ水は捨てていく。


相変わらずドロドロな登山口を淡々と下ります。


b0243727_17372233.jpg

涸沢の雪渓付近からオプタテシケ山。
いい天気、いい思い出、ありがとう~。

下山後、白金の美里の名水を水割りとコーヒー用に大量にくむ。
そして白銀荘の温泉へ。
祝、半券10枚コンプリート!(笑)
次は1回無料〜♪


登山編終わり。

次回からはテン場での☆写真だよ~。
by yamakawawalk | 2014-06-24 21:42 | ~~~十勝連峰 | Comments(12)
Commented by tarumae-yama at 2014-06-24 22:16
オプタテシケ山、あそこへの歩きはとても素晴らしいですね。
私も昨年7月12日に望岳台から十勝岳を経由してオプタテシケ山へ日帰りピストンしました。
オプタテシケ山からトムラウシ山への下りはとても急だと思いました。
あそこを重装備で上り下りするのはかなりしんどそうです。

もうテント泊する体力も気力もないので、yamakawawalkさんの写真で満足させてもらいます。
Commented by yamakawawalk at 2014-06-24 22:26
tarumae-yamaさん、こんばんは(^^)

遠く長い道のりだからこそ値のある山だと実感できる山で、
本当に素晴らしい登山道です。
望岳台から十勝経由でオプタテピストンですか!
ヒェェー(; ̄O ̄)僕には絶対無理です〜。

今回本当の端っこまで行ってトムラへの縦走路を見ましたが、
オプタテシケへの登りは半端では無いですね。
あの登りを重装備でって考えただけでも気を失いそうです。
でもいつか繋げてみたいです(^^)
Commented by bulanchan at 2014-06-25 08:40
yamakawawalkさん☆
おはようございます~♪

やはり、何度みても30分は眺めている私です^^

わ~~いいですね~!
青い山々と雲海。

ああ云う所でのテン泊、、、朝起きると、夢のような景色が拡がっている

山でのカルボナーラとコーヒー、、、いいですね(^_-)

石垣山からの雄大な景色も最高!

右峰と左峰からの眺めも最高!です^^

オプタテ、、、戻って良かったですね~♪
登頂お疲れ様です^^
大パノラマで感激!!!

パノラマの山座同定は、ありがたいですね^^
勉強になりますし、何より楽しめます(^_-)-☆

素敵な写真を楽しめました!
感謝です^^
Commented by shizuko0421 at 2014-06-25 09:20
yamakawaさん、こんにちは!
いや~やっぱりオプは良いですねえ♪
稜線アップダウンありそうですが気持ち良さそう~
yamakawaさんも号泣フラグをたくさん立てたのですね!
羨ましいですー!

更に奥のトムラまで長丁場で大変らしいですが
同時に景色最高だとも聞きます!
今年は扇沼山からトムラ計画してますが
熊遭遇率も高いみたいなのでちょっと怖かったりw

やっぱりオプ~トム~表大雪のルート繋ぎたいですよねー
想像しただけでwktkが止まりません!!

☆写真も楽しみにしてますよー♪
Commented by yukki6727 at 2014-06-25 09:37
こんにちは♪

朝の景色っていいですね♪ 
澄んだ空気と斜光線がドラマチックです
テン泊じゃなきゃ見れない景色ですね

しばらく下界でも朝の風景を見ていないので
やっぱ風景写真は朝よね~!!と確認しました
(yamakawawalkさんは夜かもしれませんが…笑)

思わず美味しそうな空気に大きく深呼吸してしまいました(笑
Commented by Kentucky-a at 2014-06-25 10:32
いいですね♪ Yamakawawalkさんの写真見るとオプタケ行きたくなります…カルボナーラ私も昨年食べましたがグッドでしたね

テント場の様子は興味あり(^o^)
Commented by yamakawawalk at 2014-06-25 12:32
bulanさん、こんにちは^^

けっこう長々と書いちゃっているのに、
いつもしっかり最後まで見てくれてありがとうございます♪

山のテン泊もキャンプの朝も、朝独特の空気感がたまらなく好きなんです。
そのうえ山上というロケーションですから、感動しないはずがありません^^
キャンプの朝のコーヒーは最高の味ですよ。
違いが分かる男になれたかな?(笑

つくづくあの時引き返したのを引き返してよかったなと(笑
2km弱無駄に歩いたことになりますが、あの時は荷物も軽いので大丈夫でした。
やはり最初の目標にブレずに向かえと言う神のご指示だったのでしょうか(笑

パノラマ写真の山座同定良かったですか?
好評でしたら次回もやってみま~す♪


Commented by yamakawawalk at 2014-06-25 12:44
shizuさん、こんにちは(^^)

オプタテまでの稜線歩き最高でした!
下からだと距離はちょっと長いですが、行きかう登山者の数もちょうどよいコースですね。
僕はまだ2回目ですけど、すっかりお気に入りの山になりました。

扇沼からのトムラウシ、良いですね〜(^^)
熊さんは大丈夫ですよ、yahさんやshizuさんみたいに自然に思いやりのある方々には危害を加えませんから(^^)

オプタテの左峰から縦走路を眺めましたが、ものすごい距離です。
気が遠くなるほどの・・・。
でも、魅せられますね!繋いでみたいです。
営業小屋などない自力だけが頼りの究極のロングワイルドトレイル!
憧れます!
Commented by yamakawawalk at 2014-06-25 12:49
yukkiさん、こんにちは♪

やっぱり朝ですよね!
あのキリッとした空気がたまりません。
今回はシュラフ新調して、短い時間だったけど熟睡できたし、
外も寒くもなく暑くもなく虫もいなく快適なテン泊でした。
ご近所の方や小屋泊の方々とのコミュニケーションも楽しみですよね♪

夜の写真はこれから怒涛のように(笑)続く予定ですので、
覚悟してください^^;
Commented by yamakawawalk at 2014-06-25 12:57
ケンタさん、こんにちは~。

カルボナーラは良い意味で裏切られました(笑
オ◯シのアルファ米五目ご飯で痛い目に遭ってるので警戒していましたが、
アレは確かにありですね!
次はペペロンチーノも食べてみます^^

オプタテオススメですよ。
テン泊なら楽に登れます!
美瑛富士指定地はハッキリとここ!ってテン場じゃないのですが、
行けばああ、ここね、ってすぐ分かります。

水場は今は近くの雪渓から取れますが、避難小屋にトイレがないので、周囲で用を足す方がいるらしく、
避難小屋やテン場周辺で取るのは気が引けます。
僕は避難小屋から600m程登山口寄りの涸沢雪渓の末端で水を汲んで上げました。
あそこのトイレ問題は本当に切実です。
簡易で(ダメなら携帯トイレブースでも)良いので設置して欲しいです。
幕営する際も排泄物チェック必須ですよ。
Commented by kyuujitunituki at 2014-06-25 15:20
yamakawawalk様、こんにちは。
素晴らしい全貌、絶景をありがとうございます。
最後から9枚目の左峰からのパノラマ写真、時間と食料があれば
延々と縦走できそうですね。こう言う風景が九州に無いのが残念です。

残雪が残る稜線も良いし、秋の紅葉の時期にも登りたいと思う
山たちですね。1か月間山行に旅立ちたい位の山レポを
ありがとうございます。
ガイドが良いからでしょうね。
Commented by yamakawawalk at 2014-06-25 18:55
kyuujitunitukiさん、こんばんは~!

大雪山国立公園は東京都より広いそうです。
公園内の開発も最低限ですので、手付かずの自然が広大に残ってます。
大切に保存してきた先人たちのおかげで今の楽しみがあることを忘れずに楽しみます^^

登山道が縦横無尽に張り巡らされているわけではありませんが、
その代わりに迷いやすい箇所もすくなく、
天候さえ安定していればだれでも快適な山歩きが楽しめます。
kyuujitunitukiさんが来道されるまで、大切にしておきますから是非遊びに来てください♪
<< 銀河に魅せられて オプタテシケ山 2014  【... >>