丘陵の星

b0243727_18381162.jpg


幕別町内のとある丘。
昼間にロケハンした時にはなかなかよい感じだったのだけど、
いざ来て撮ってみると、なんというか塩梅悪い感じで微妙~。

あちらを立てればこちら立たず、って感じで撮っててしっくり来ませんでした。
そうなると、もうただ意図もなく機械的にシャッターを切ってるだけ。
ただの星空を撮ってるだけで何の面白みもない写真を量産する時間の無駄遣い。

ハルニレの流星と、この次の写真を引き立てるのに、
今回はあえて微妙な一枚を晒してみました(笑)

な~んかしっくり来ないまま、タイムリミットが迫っているので、この場所を撤収。
本命の一枚を撮りに中札内へ向かいます。



さて、中札内(正確には帯広市幸福)で天の川とコラボさせた景色とは?

続く。
by yamakawawalk | 2014-05-27 21:19 | 星景写真 | Comments(4)
Commented by yukki6727 at 2014-05-27 21:47
愛の国から幸福へで天の川のかけ橋で繋がったらメルヘンですが
どうでしょう!?
そんなyamakawawalkさんにも幸せが訪れますように…♪(笑
Commented by yamakawawalk at 2014-05-27 21:54
yukkiさんへ。

おっと!その手がありましたね!
次の機会のアイディアのネタ帳に_φ( ̄ー ̄ )メモ

幸福駅は昼間のロケハン中に側の道を通ったので立ち寄りましたよ〜。
カポーだらけで居づらかったのでサッサとずらかりました(苦笑

Commented by ひっぽ at 2014-05-28 21:48 x
全然関係ない話しですが。
いつもなら読み流してしまう文章なのですが、本を読んでいたらこんな話しがありました。(道尾秀介著、鏡の花)

夏の明け方太陽が出るまでの間、高い場所から東の空にオリオン座を
見ることが出来るとか。
オリオン座の左上の星ペテルギウスは、この15年で15%も縮んでいるので、星が爆発する前触れだとか。地球とペテルギウスの距離は640光年あり、いまみているペテルギウスは640年前の姿なのでひょっとしたら既に消滅している可能性もあるのだとか。
こんな話って、星好きの方なら知っている話なのでしょうか。
夏のオリオン座。ここで、みたことがあったかな。
星になんか興味が無かったけれど、星関係の文章が出てくると
ここを思い出します。
Commented by yamakawawalk at 2014-05-29 06:14
ひっぽさんへ。

夏のオリオンは僕の「ニセコアンヌプリナイトハイク」あたりで写っていると思いますよ(^^)
8月の夜明け前位から東の空に見えてきます。
ベテルギウスはその通り、現場ではすでに超新星爆発で無くなっているのではないかと言われています。
仮に超新星爆発の閃光が地球に届くと、ベテルギウスは半月と同等かそれ以上の明るさで輝き、
昼間でも肉眼で確認できる明るさになるそうです。
そうなると数ヶ月満天の星空は望めなくなり、その後収束するとオリオンの肩も無くなります。
一大天体ショーですが、見たいような見たくないような気持ちです。

多くの方が最初に覚える星座がオリオンだと思います。
そのオリオンがオリオンではなくなるので寂しいですよね(^^;;

因みに、夏の星座の代表サソリ座が登ると、オリオンは地平線の下に隠れてしまいます。
オリオンはサソリに刺されて命を落としたため、サソリを恐れ逃げているそうです。
オリオンが見え出す夏の終わりの明け方はサソリ座も見えなくなります。
面白いですね(^^)
<< 環水平アーク 幸運の一筋 >>