自転車メンテナンス

春になってくると気になるのが自転車。
現在の体型維持に大いに役立っている自転車ですが、
札幌の冬に28Cのロードタイヤで走るのは無理なので自転車は冬眠中。

先日ふと見るとリアディレイラー(以下RD)のアウター受けが折れてる。
UNEXのアウターは色合いも気に入ってましたが、
アウター受けの強度がいただけない。
デザイン優先のアルミ製だから力のかかるRD付近は折れますね。
b0243727_7533096.jpg

b0243727_7534548.jpg

折れたのはこれで2個目。
大概はリアホイールを外してRDが寝る室内保管時に折れます。
もうUNEXのアウター受けのスペアも無いので、
RDに近いアウターとアウター受けだけをシマノ純正に戻すことにしました。
(シマノのアウター受けにUNEXのアウターは入らない)
必要工具とお酒を用意して作業開始~。

エンドキャップを外すとワイヤーの末端が毛羽立っているので再利用は無理っぽい。
黒いXTRコーティングワイヤーからノーマルに戻します。
トップチューブ下のワイヤーが黒とシルバーの2色になる・・・。
そのうちビックで買ってくるか(なんでもビックカメラかよ)。

シマノ純正のアウターやワイヤーを、
b0243727_7563188.jpg

専用のカッターで切ります。
普通のニッパーで切っちゃだめなのは基本。


ホイールを付けてチェーンを張ってRD調整。
b0243727_7582581.jpg

はい完成。
なんかつまらないルックス(笑)
自己満ですが。

ってまだ乗れませんけどね~。

ヘキサレンチを出したついでに山用の三脚の脚を締めておく。
b0243727_803139.jpg

b0243727_814851.jpg

某国製GITZOもどき(笑
メリットはザックに固定しやすいだけ。
開脚が小さいので安定感に難があります。
岩場でもキズとか気にせず無造作に置けて良いですよ(笑
by yamakawawalk | 2014-03-21 09:02 | 自転車 | Comments(2)
Commented by show1792 at 2014-03-21 11:34
自転車やられてるんですね、私も10数年前までやってました。
フレ-ムはトマッシー二、クロモリだから細い、部品はシマノのドゥラエ-スインタ-ネットで安いとこ見つけて買ったっけ、5,6年やったけど、ハイキングやり始めてからやらなくなっちゃいました。
いまでは、お店のオブジェになってます。笑
Commented by yamakawawalk at 2014-03-21 16:42
show1792さん、こんにちは(^^)
僕のはフィットネス感覚で乗るつもりで買ったものですが、
弄っているうちにハマっちゃって、フレーム以外全部換えちゃいました(^^;;
パーツ代ももちろんでしたが、専用工具を揃えるのも大変でした。
カーボン製ロードバイクの安いクラスなら買えそうな金額です(汗
最近はトラッドな雰囲気の自転車に惹かれてます(^^)

クロモリバイクならお店のオブジェとしても素敵ですね(^^)
<< 室蘭に行ってきた 流す。 >>