中山峠「蓬莱山」月光ハイク

中山峠スキー場から蓬莱山へ登ってきました。

夜に(笑)

本来であれば行程を順に写真で紹介すればよいのですが、
なにせ夜なので、途中の写真はありません・・・。

月明かりでヘッデンがいらない位の明るさでした。
感度を上げれば首からぶら下げて撮りながら歩ける程の明るさでしたが、カメラはザックの中。

b0243727_0274510.jpg

と、いうことで、いきなり山頂の写真です(笑)
頂上まではスノーシューのラッセルでも30分くらいです。

中央の電波塔の上にポラリス、左端にWのカシオペアと右の樹上に北斗七星。
右側の薄オレンジ色は札幌の明かりです。

星の配列的に、ポラリスを電波塔の上にでも合わせてグルグル072.gifすれば綺麗に回るはずですが、
こんな所で1時間もボケっと待つのは嫌なのでやりませんでした。

さて周囲を散策しながら撮りましょう~♪
       ↓





ルートはスキー場のコースを直登しました。
中山峠スキー場は雪の降り始めと春だけしか営業していないスキー場です。
本来、ゲレンデを壷で歩くのはスノーシュー着用とはいえマナー違反ですが、
休業中なので問題ないでしょう。
それでも一応コースの一番端を歩きました。

近くにニセコやルスツがあるのにわざわざハイシーズンにここで滑る方も少ないでしょうから、
営業していないのも当然と言えば当然です。
他が滑られなくなるときこそ価値があるスキー場ですね。

休業中でも定期的にピステンが入っているようで、
新雪の下は割と締まっているのでコースを登っている間は楽でした。




b0243727_1193974.jpg

ダケカンバとオリオン&冬の大三角。
奥のトレースは僕の。
失敗した、歩き回る前に撮ればよかった。



b0243727_0331857.jpg

こちらは樹上に北斗七星を。
札幌の明かりが良いアクセントになりました。
右の樹間に見える尖った山は狭薄(さうす)山。
コチラから見ると北東に位置するのだけど「サウス山」(笑)



b0243727_0333767.jpg

北海道の厳寒2月に標高980mのこんな所で夜中に写真撮ってるアホウは僕くらいかな?
薄っすら見える筋はスキーの跡でしょうか?
こちら側はスキー場とは真逆。
冬以外は熊笹が生い茂って入り込む事もままならないエリア。
当然ピステンも入ってません。



b0243727_033537.jpg

幌滝山方面に少し下ると尻別岳と羊蹄山がコンビで見渡せます。
もうクローズしているはずの時間なのに、ヒラフとルスツのナイター照明は何時まで点いているんだ?
でも、ナイター照明でもないと、本当に夜?って思われても仕方ない明るさですよね。
日中にめっちゃアンダーで撮ればこんな感じだし。




b0243727_0341182.jpg

中山峠スキー場の斜面越しに無意根山。
スキーをしていた頃も、中山峠では滑ったことがありません。
中央の光の線は国道230号。
あそこから登ってきました。



b0243727_0455326.jpg

雪が降ったばかりなので、月の光で雪面がキラキラと輝いて綺麗でした。

晴天の昼間のギラつく乱反射と違い、冷たいけど優しい煌き。
身体を動かして視線を変えると、それに合わせて雪面や樹氷がきらきらと瞬く。
月夜にだけ見られる自然からのささやかなプレゼントです。




b0243727_0342946.jpg

電波塔も星空に合います。
宇宙基地っぽい雰囲気になるからだと思います。
巨大なパラボラアンテナなんかがあったら最高なのですが。
まぁ、この風景だと宇宙基地っていうより南極基地かな?(笑)




b0243727_0451917.jpg

う~ん、なんか雲と風が出てきましたね。
そろそろ撤退するか。
右奥の平坦な山は空沼岳かな?




b0243727_0465013.jpg

トドマツとダケカンバが合体した巨大なスノーモンスター”トドカンバ”(笑)
このスノーモンスターも星空と一緒に撮りたいな。
いつまでこの状態でいてくれるでしょうか。
周囲には他にも魅力的な被写体がいっぱいでしたよ。

雪が腐りだす前にもう一度行きたいけど、このエリアは北海道でも指折りの豪雪地帯。
雪が多いって事はいつも降っているって事です。
札幌は快晴でも、この辺りはなかなか晴れないんですよね。
この周辺の山々のおかげで西風時は雪雲にブロックがかかって札幌は晴れてくれます。
俗に言う「手稲山ブロック」です。

夜だと自宅から40分少々で着くので、機会をみて再訪したいと思います。


車に戻って確認すると気温は-15℃でした。
ラッセルして歩きまわったので身体は全く寒くはありません。

よく、カメラ動くんですか?とか、壊れませんか?
と尋ねられるので、こういう状況で撮っているとどうなるかこの機会にお見せします。

b0243727_7425790.jpg

御覧の有様です(泣笑)
雪の中に転んだとか、吹雪に遭遇しなくてもこうなります。
これでもまだマシなほうです。
先日の七条大滝ではもっと真っ白でした。
by yamakawawalk | 2014-02-15 18:09 | ~~~札幌近郊 | Comments(24)
Commented by 3383jiji at 2014-02-15 18:31
こんばんは、
いや~ひや~というか言葉になりません。山や星や樹木やお月さま
やなんて言ったらいいのか・・・
こういう写真が撮れたら(無理!)いいなあなんて。
やっぱり、最終的には山に登り山岳写真的なものが
うまく撮れればと思っています。
またまたお邪魔します。
Commented by yamakawawalk at 2014-02-15 18:39
3383jijiさん、こんばんは^^
僕もいままで月夜にうろつくことは少なかったのですが、
月明かりの雪原をモフモフ雪を踏み分けて行くのは快感でした♪

夜なので誰もいない山を独占している感じも最高です。
ちょっとハマっちゃいそうです!

無理して遭難しないように気をつけます。
次どこへ行こうか物色中で~す。
Commented by ひっぽ at 2014-02-15 19:28 x
 こんばんは
羊蹄山と尻別岳がとってもきれいです。
こういうふうにこの二つの山を見るのは初めてです。
ましてや 冬の夜空の下。
とってもきれいな景色ですね。

尻別岳も3か月もすると ありこちからいろんな音が聞こえる
賑やかな山になっちゃうんだろうなぁ・・・
もうしばし 冬山楽しみたいですね(私は ここで・・・)
Commented by yamakawawalk at 2014-02-15 19:51
ひっぽさん、こんばんは(^^)
確かにこういう配置で両方一度に見れる場所はあまりないかもしれませんね。
去年尻別岳に登りましたが、たしかに麓から聞こえる音楽が微妙な気分にされました。
ただ、タイミングが良いとシラネアオイの大群落が綺麗な山です。

冬山は本格的なものは未経験なので、あくまでも楽に星景色が良く、が条件です(^^;;
自分の力量と相談してもう少し楽しもうと思ってます(^o^)/
Commented by kainaka-2 at 2014-02-15 19:57
こんばんは。月明かりを利用しての夜間撮影は、自分も好きでして
何度かチャレンジしてます。ただ今年は雪の量が少なく、あまり良い
感じの場面に出会えません。
それにしてもカメラ凄い事になってますね。ヒーターとかは使われな
いんですか?
Commented by yamakawawalk at 2014-02-15 20:10
kainaka-2さん、こんばんは。
そうですね、雪が少ないと雰囲気がかなり違ってしまいますよね(^^;;
ヒーターは試そうと何度もおもいましたが、未だにつかっていません。
レンズにカイロもやりました。
ベンジン系は低温すぎて燃料が気化せず、灰式もすぐ消えてしまいます。ただ、北海道の厳寒期は湿度が低いせいか、レンズの曇りは先日の七条大滝の飛沫のような特殊事情以外に困った事はありません(^^)
去年の-28℃のタウシュベツももちましたよ。
本体にカバーはしないとなぁと最近は思います(^^;;
Commented by yah-_-yah at 2014-02-15 20:49
雪山&星空、とても美しいですね。
アイディアもナイスですけど、それを実践するのはなかなかできることではないです。

それにしてもカメラはすごいことになってますね。
凍ってますね。ここまでなってもシャッターは正常に動くのでしょうか?
僕も雪山に持って行きますけど、-15~20℃くらいで、かつ強風だとカメラがすごく冷えて、シャッターの動きがなんか変になります。
(ちゃんと撮れてはいるのですが)
簡単なカバー(もしくはタオルでも)してるだけでも、風にさらされるよりはだいぶいいのかな?って思います。

カメラがこんな状態になったあと、結露しないように何か対策はしていますか?
クルマに戻った後はなるべく温度の低い場所に置いておくとか。。。
Commented by yamakawawalk at 2014-02-15 21:10
yahさん、こんばんは(^^)

カメラボディの動作は大丈夫なのですが、液晶がたまに解像度が落ちる気がします。ライブビューで星にピン合わせする時に、あれ?ってなるんですよ。気のせいかもしれませんけど(^^;;
あと、新調したトキナーの16-28は、フォーカスリングとズームリングが異常に重くなります(^^;;
フォーカスリングは重いほうがずれにくくなるので好都合です(笑)

車に入れる時は要注意ですよね。
僕はアルミタイプの簡易クーラーに一旦いれて、ヒーターの影響が出にくいトランクルームの端に置きます。念のためメモリーカードとバッテリーも抜きます。
車から離れていると、車中も冷え切っているので助手席に置いたりしなければ、大丈夫かなぁーと。
時間はかかりますけど、これでじんわりと車中の気温に馴染みます。
5DⅡのセンサーが逝ったのは外での撮影中だったので結露が原因ではなさそうです。
Commented by yukki6727 at 2014-02-15 21:58
とっても綺麗な月夜ですね♪
3枚目の縦写真が好きです☆☆☆
星空を撮影するには邪魔なんでしょうが、立木の向こうの町の明りが温かみを感じて良い感じです。

それにしても、こんな寒そうなカメラ見たことないです
見ているだけで、手がちべたいよ~(笑
お疲れ様でした♪
Commented by legacy_bg5a at 2014-02-15 23:16
途中の写真が見事なのは 言うまでもないんですが、最後のカメラの写真が衝撃的でしたね。

いやぁ、あの過酷な状態でも動くんですね。すごい!!
Commented by sacchon-happy at 2014-02-15 23:36
夜中に写真撮ってるアホウでありがとうございます(笑)
おかげで私にもこんなステキな景色があったかい部屋でみられるのですから~。
それにしてもカメラすごいですね。
先月末、雪の日に白川郷のライトアップに行ったのですが、
寒い雪の中の撮影経験がほとんどなく、知識不足で、
バスに戻ったあと、バッグの中の60Dが結露しちゃってました。
今のところ壊れてないしデータも無事でした。
↑のやりとりの内容、とっても参考になりました。
次があるかわからないけれど、もし雪の夜の撮影の時にはちゃんと対策しようと思います。
Commented by mint at 2014-02-15 23:46 x
こんばんは、はじめまして。
ka-ma-sさんから辿り着きました。
素敵な写真ばかりで見とれてしまいました。
夜の世界は本当に感動で言葉が見つからなかったです。
またお邪魔させてください。
Commented by kyao67 at 2014-02-15 23:53
こんばんわ。
北海道の土地勘もカメラのことも(ついでに星のことも)
全くの素人なのですが、素敵ですね~!
(他の表現が見つからないのです^^;)

夜なんですよね?!暗闇というよりも瑠璃色の星空。
雪の反射でこんなに明るくもなるものなんですね ♪

-3℃で泣き言を言っていては申し訳ないですね・・・。
Commented by yamakawawalk at 2014-02-16 08:00
yukkiさん、おはようございます^^

近いとは言え、こんな場所から自分の住む街の明かりが見えるっていうのも不思議な感じでした。
山頂に着いたら楽しくなっちゃって、撮影前にモフモフスノーを漕いで歩き回った結果、
あちこちに撮影に邪魔なトレースをつける結果になり反省してます(笑)

カメラ霜だらけですよね~
こんなことするから壊しちゃうんですよね(苦笑
でもやめられませ~ん。
Commented by yamakawawalk at 2014-02-16 08:05
legacy bq5aさん、おはようございます♪
動きますねぇ(笑
相棒君、僕の無理な要求に応えてほんと頑張ってくれてます。
5DIIや5DIIIより下位機種なので、耐久性が心配ですが、
何より星を撮ったときの描写が素晴らしくてもう一台欲しいくらいです。
キャノン機では星景最強ボディですね。
Commented by yamakawawalk at 2014-02-16 08:13
さっちょんさん、おはようございます♪
北海道では暖かい部屋でぬくぬくとアイスを食べる習慣があります。
それと似た感じですね(笑

結露やっちゃいましたか~。
意外と表面の結露だけならセーフな事があります。
間違っても「大丈夫かな~?」ってマウントからレンズを外したりしてはいけませんよ~。一気に暖かい空気がボディ内に入って結露起こすので!
バスとかで自由が利かない場合は、大きいジップロックに外で入れてから乗車するとワンクッションおけるので安全です。
僕も星撮影でなくて、雪まつりの帰りにラーメンを食べに行ったときにやりました。ラーメン店の湿度ってヤバいですから・・・。

白川郷いいなぁ~♪行ってみたいです!
Commented by yamakawawalk at 2014-02-16 08:17
mintさん、はじめまして!
ご訪問ありがとうございます。
日中も撮るのですが、星好きなので夜の写真が多くなっちゃいます。
皆さんが寝静まっている間に撮り歩いた物をupして、夜の風景の素晴らしさを知ってもらえればと思ってます。
僕のブログをきっかけに1人でもナイトウォーカーが増えてくれれば嬉しいですね(笑
今後ともよろしくお願いします♪
Commented by yamakawawalk at 2014-02-16 08:26
kyaoさん、おはようございます。
そうです、正真正銘の夜です。
自分で撮っていても「夜?だよね?」って思うほど明るいです。
雪原のスクリーンに満月って雪の無い季節の月夜とは全く違った世界が広がってます。
一応安全のためにヘットランプを点灯して歩きますが、カメラのセッティングにライトが不要なほど明るいですよ。
月光の照り返しって不思議な世界です。

気温については慣れですので・・・。
逆言うと僕は夏に25℃で「あづい~」って言ってますから。
猛暑日連続の地方の方に聞かれたら絶対怒られそうです(笑)
Commented by kom2002 at 2014-02-16 18:32
月光ハイク!! 良いですねぇ〜♬
勿論、写真も素晴らしいですが、こんな楽しみ方があるとは知りませんでした。星景を撮りに出かける時は、なるべく月の影響の無い新月付近を狙って山に上がってましたが、こんな楽しみ方があるとは驚きです。僕の地元にも電波塔が頂上にある山がありますので、無理の無い程度で是非挑戦したいと思います。
Commented by yamakawawalk at 2014-02-16 20:34
kom2002さん、こんばんは~。
僕も同じく新月前後がメインでしたが、最近は月のライティングも悪くないなぁと思うようになりました。
上弦や下弦の月の時が、満天の星も月のライティングも両方楽しめて一晩で二度美味しいですね~。
寝る暇ないですけど(笑

電波塔写真楽しみにしてま~す^^
Commented by kyuujitunituki at 2014-02-17 11:23
yamakawawalk様 こんにちは!
コメント返信大変ですね。
4枚目特に好きです。
星空が好きなので3枚目も好きですが4枚目の瑠璃色の夜空と積雪のキラキラ良いですね。
それもこれもyamakawawalkさんの努力とカメラ君のお蔭ですね。
感謝、感謝です。
Commented by yamakawawalk at 2014-02-17 20:46
kyuujitunitukiさん、こんばんは。
皆さんからたくさんのコメントを頂けて嬉しいですよ。

写真に関しては9割9分が機械のチカラですね(笑)
Commented by sablier124 at 2014-02-25 22:37
こんばんはー(*'▽')
スノーモンスター♪かっこいいですねーー!!!
月明かりに照らされてとっても幻想的ですね♪
しかし、夜の雪山をもくもくと登るyamakawawalkさんは凄いです!!
そんな方に夜、遭遇したらびっくりしてしまいそうです((+_+))

そしてカメラはもっと凄いことになってるんですねーー笑
霜がつくっておっしゃってたのでどんな感じかなと想像はしていたんですけど
かなり想像をこしていました 笑
カメラがこんなことになってるってことは
ご本人さまもかなり大変なことになってますよね!!!

いつもたくさんの貴重なお写真を見せてくださってありがとうございます(^^♪

Commented by yamakawawalk at 2014-02-25 22:43
Ricoさん、こんばんは(^^)

このモンスターかなりの大物で、体長6mはあります(笑)
襲ってくる気配はなかったので、写真撮らせていただきました。

この時のカメラ結構凍ってますが、まだマシな方ですよ。
ひどい時はもっと真っ白けになります。

あ、本人はスノーモンスターみたくはなっていませんので、ご心配なく(笑)
<< 望羊中山 Moon Shine Forest >>