しぶんぎ座流星群 2014

正月の道東の旅ですが、豊頃のあとは浜中町へ向かいました。
時系列で紹介しても良いのですが、それだと書いてる僕も飽きちゃうので(笑)、
とりあえず新鮮なうちに今年最初の天体ショーを。

道東に滞在中だった4日の未明は「しぶんぎ座流星群」の極大でしたね。
8月の「ペルセウス座」、12月の「ふたご座」とあわせて「三大流星群」と呼ばれています。

午前4時位が一番多く流れるピークらしく、
この流星群は前後にあまり流れないでピーク時に一気に増えるのが特徴のようです。
僕は1時に摩周の道の駅を出発して「摩周湖第一展望台」へ。
先客がお一人既にスタンバイしていました。

b0243727_19523084.jpg

雲に隠れている摩周岳の上に放射状に流れる複数の小さな線が分かるでしょうか?
こういう画像にしたのは初めてなので下手ですがご勘弁を(笑)

レンズが15mmなので小さくしか写らないのが残念ですが、
右側に写っているのは結構大きくて明るい物でした。
帰宅して画像確認すると、「流星痕」も写っていましたよ。

シュッと流れて・・・
b0243727_19472010.jpg

                                            
流れた後に、ぼわわ~んと煙状のものが見えます。
b0243727_19473470.jpg

                                           
b0243727_1947481.jpg


連続撮影中は結構な数(1時間当り50~60個くらい)が流れていたのですが、
小さい物や暗い物が多く、写真に写っていたのはごく一部でした。
「ああ~ありゃ写らんな(笑)」と思いながら撮っていましたが、やっぱりでした。



今回は枚数撮っているので、せっかくだからTimeLapse動画にもしてみました。
摩周湖第一展望台4日未明→摩周湖第一展望台4日夜→多和平展望台の順番です。
映っている流星が小さいので、HD画質で再生しないと分かりづらいかも知れません。
設定で解像度を上げて御覧下さい。
再生中に画像右下の歯車マークをクリックして1080pにし、
歯車の回転が止まって「HD」と表示されればOkです。

4日夜の分は既に極大時が過ぎた後なのでほとんど流星は流れていません。
天の川の動きを楽しんでください。

「天動説」ではなく「地動説」の感覚で見ると、
地球の自転を感じることが出来ると思いますよ。



4日夜の摩周湖第一展望台シーンは、
途中にスターウオッチングツアーのガイドさんが照らす緑のレーザーポインターが写っちゃいました。
「あちゃ~」とは思いましたが、これは仕方ありません。

多和平の分は「天文薄明」直前からの映像なので、後半は明るくなっていきます。
「明るくなっていく」とは言っても肉眼ではまだまだ夜なのですが、
星達が東から消えていく境目が天文薄明です。

一部流星と違う方向に流れる明るい線がありますが、
これは流れ星ではなく「イリジウムフレア」です。
by yamakawawalk | 2014-01-06 22:09 | 星景写真 | Comments(10)
Commented at 2014-01-06 22:43 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by yamakawawalk at 2014-01-07 05:50
ひっぽさんコメントありがとうございます(^^)
今の季節は星空観察には寒くて厳しい季節ですね。
家で見ていただいて、少しでも綺麗さが伝わってもらえたら嬉しいです(^^)

もう少し長い物にしたいのですが、
途中で雲が出てきたり、レンズに霜が付いたりして大変なんです(笑)
この短さでも各々1時間、2時間、1時間の撮影です。
4時間分を圧縮してこれだけなので、
星空の微速度撮影を長い物にしようとすると、忍耐力が試されます(笑)
Commented by kyuujitunituki at 2014-01-07 07:38
yamakawawalk様
おはようございます。
天文薄明ですか、初めて知りました。
動画は、地球と宇宙の躍動を感じました。
素晴らしいの一言に尽きます。
しぶんぎ座流星群少しだけ肉眼で見ました。
とても寒くて私には撮影は無理です。(笑)
新年からまた素敵な写真をありがとうございます。
仕事始めから少し風邪気味ですが、早く治して山へ行きます。
追伸、コメントありがとうございます。
Commented by ganbaru-hirotan at 2014-01-07 19:49
初めまして。いつも美しい写真をありがとうございます。
星空が好きなhirotanとしては見ているだけで癒されます。
RAWで撮っているようですが、RAWで撮影すればこのような写真になるのでしょうか?
hirotanのカメラはソニーサイバーショットのDSC-RX100M2で
一眼レフではありませんが、RWA撮影はできます。
それとも何か特別なカメラ設定があるのでしょうか?
美しい星空撮影にチャレンジしてみたいので、もしよければ教えてください。
Commented by yamakawawalk at 2014-01-07 20:16
kyuujitunitukiさん、こんばんは^^

しぶんぎ群とかふたご群ってどちらも寒い時期なので観察大変ですよね・・・。
今回はヒートテックフル装備にウールのシャツ、ダウン上下にゴアのハードシェル、
足はウールのソックスにソレルベアーのフル装備でした。
身体は寒くないのですが、カメラの設定をする右手だけはどうしても無防備に近い状態なので、指がちぎれそうになります(笑
そんな時はスキットルのウイスキーを流し込んで内部から温めます。

あと寒いと色々な物がトラブル起こして大変なんですが、
トラブル多すぎてだんだん笑えてくるんですよね(笑
あ、寒くて僕がトラぶってるのかも・・・。
Commented by yamakawawalk at 2014-01-07 20:50
ganbaru-hirotanさん、はじめまして!
コメント嬉しいです^^
僕の場合、星に限らず全てRAWで撮っています。
現像はPhotoshop Lightroom4です。

RAWでなくても星を撮ることはできます。
ただjpgよりもRAWの方が後で調整できる幅が全然違います。
撮った後にデーターの情報をフルに引き出せるのがRAWでないかな?と思います。
jpgはカメラ内で現像されてしまうので、データが間引きされる上に、こちらの意図も全て反映されていない気がします。

設定は基本は開放で15~30秒露出、感度は1600~3200くらいです。
後はピントあわせが結構重要です。
星空は暗いのでAFは利かないのでMFで合わせます。
その際はライブビュー+拡大表示を使用します。
3等星くらいの星が綺麗に合わせられます。
レリーズは「あった方が良い」位ですが、三脚は必須です。
レリーズ無しならセルフタイマーでブレを防ぎます。

お役に立てているか分かりませんが、何か分からないことがありましたらまたお気軽にコメントして下さい^^
僕の知っている範囲内でよろしければ、お答えできると思います。

Commented by だ〜いすけ at 2014-01-08 10:08 x
こんにちは。
昨年の白雲テン泊の際に登場したニコン使いの者です。
その後ポタ赤を購入し、yamakawawalkさんの素晴らしい星景写真を参考に試行錯誤しながら撮っているのですが、中々難しいですね。特にこの時期札幌近郊は晴れ間に恵まれず悶々としている今日この頃(笑)その点道東は地形的に晴れ間が多く、今回のyamakawawalkさんの撮影紀行を拝見して改めて道東への思いが募った次第です。

さて、実は昨年の白雲テン泊紀行にまんまとノセられて(笑)今年初のテン泊デビュー(勿論白雲へ!)を考えているのですが、ザックの容量で迷っています。1泊でカメラ機材もとなると何リットル必要ですか?60リットルで充分でしょうか?その他必要なものあれば是非ともご教授願いたいです。よろしくお願いします先生!笑
Commented by yamakawawalk at 2014-01-08 20:30
だ〜いすけさん、こんばんは!
今年もよろしくお願いします。
ポタ赤購入おめでとうございます♪これでいよいよ星沼に突入ですね(笑
僕もアイソン騒動の時にポタ赤購入5分前まで行きましたが、踏みとどまりました。
道東は良いですよね。晴天率が高くて、連日降雪で陰鬱な日本海側とは大違いです。

テン泊時のザックですが、僕も60Lでしたよ。カメラボディとレンズ4本、カーボン三脚、テント、寝袋、食料、防寒着等々、確か17kgくらいあったと思います。
ザック自体が軽いエクソスってモデルだったので、普通のザックだと同じ装備で+1kgくらいになるかもです。
白雲テン場は水の確保が出来る(要煮沸)ので行動用の水分だけで済むのが大きいです。
ザックの容量は体力との相談になると思いますが、とりあえず僕はテント1泊であれば60Lで不自由したことは今のところありません。
風がある場合が多いので三脚でガッチリ星を撮るのであればストーンバックは必須だと思います。
後は少しだけお酒があればもっと幸せになれます、僕は(笑
Commented by ganbaru-hirotan at 2014-01-08 22:34
yamakawawalkさん、こんばんは。
ピント合わせが重要なんですね。
これを参考に、星空撮影にチャレンジしてみたいと思います。
丁寧に教えてくれてありがとうございました!
Commented by だ〜いすけ at 2014-01-08 23:48 x
おぉ〜素晴らしくわかりやすく説得力のあるコメントありがとうございます。もう迷わず60リットルに決定。水場情報やストーンバックなど貴重な情報もありがとうございます。
お酒、1番重要かもしれません!
なんて(笑)

また何か気になることあれば是非ご教授願いたいので、その時はよろしくお願いします。
<< 霧多布 「アゼチの岬」 豊頃ハルニレ星景 >>