アイソン彗星

今朝、アイソン彗星の撮影にチャレンジして来ました。
遠くまで行く時間がなかったので、今回は札幌の旭山記念公園です。

まずは北斗七星のお隣に位置する「ラブジョイ彗星」を。
b0243727_746231.jpg

なんとか尾も写ってる??
200mmで固定撮影はやっぱり厳しい。
感度はISO6400。
LR4でノイズ処理後、トリミング。


そうこうしているうちに周囲には同じ目的で来られたカメラマンさんたちがたくさん。
アイソンにはまだ早いので、後ろのオリオンでも撮って暇つぶし。
b0243727_755618.jpg

やっぱまだ月が邪魔。
珍しく星撮りに興味を持って話しかけてきた女の子グループにあれやこれや聞かれたので、
基本的な星座だけ教えてあげる。

「月の横の明るいのが木星ね」
「あ、あの輪っかあるやつ?」
「それ土星(笑)」

さてとアイソン・・・。
待てど暮らせど現れず、ていうか見えていない。
近日点近くになると一旦見えなくなるらしいので、やっぱ厳しいか。
にしても見えなすぎ、写らなすぎ。
適当に撮ってプレビューで写っていないか探しても何処にもない。
春のパンスターズの時にはこのやり方で見つけられた。

近日点で燃えて消滅すんでね?パターンもウルトラアリエール(笑)
b0243727_88517.jpg

上が水星で下が土星。
隣の人と「水星は見えてますね」と話していると、
近くのおばさんが「え!?彗星?どこ?どこ?」と(笑)
確かに紛らわしいな。
「いや、スイキンチカモクの水星の方です(笑)」

その後も周囲は誰も確認できない様子。
土星と水星ははっきり見えるのに肝心のアイソン彗星がいない。

ポタ赤なんかで追尾撮影している人がいれば確認できるかも知れないけど、
周囲は固定の人たちばかり。
そもそもこのレベルじゃ景色を絡めて格好いい星景なんてぜーったい無理。

やーめた。
朝夜景でも撮って帰ろう。
b0243727_753888.jpg

b0243727_753364.jpg

b0243727_7534998.jpg


近日点通過後再び明け方に見え出す来月10日前後に再チャレンジしますが、
この様子だと過度の期待はできませんね。
お盆くらいからの情報でほとんど見込みなしと諦めていましたが現実に。
まさしく「哀損彗星」(笑)



今日は科学雑誌のオマケのようなテレスコープを持った子供達がたくさん来ていました。
ニュー〇ンの別冊や天文関係書籍の煽り方を見たらワクワクして見に来たのでしょう。
寒い中頑張って来たのに、ちょっと子供達は可哀想です。
かなり前から予想より暗くなると分かっていたのにあの煽り方はどうなんでしょうね。

ま、無事太陽を通過して戻って来た時に化けてるのを期待しましょう。
by yamakawawalk | 2013-11-24 08:37 | 星景写真 | Comments(2)
Commented by kyuujitunituki at 2013-11-27 07:50
yamakawawalkさん おはようございます。
アイソン残念でしたね。
でも、流石に星の撮影 うまいですね。
こちらでも、アイソンなかなか見つけられません。
近いうちに、娘と行った宝満山、アップします。
Commented by yamakawawalk at 2013-11-27 19:41
kyuujitunitukiさん、こんばんは^^

アイソンいませんね(笑
僕が撮りに行く前日が一番見えていたらしいです。
今は太陽のものすごい近くなので見ることは出来ないので、
戻って来た時にどれだけご存命かにかかっているみたいです。

ただし、既に核が崩壊したとの見解も・・・。
来月頭にどうなっているか、ですね。

彗星用にポタ赤とか買わなくて良かった~(苦笑
<< 高原とポラリス 樽前山 夏道ラスト② >>