始まりの地

b0243727_10143292.jpg

数年前、釣りに訪れた道東で見上げた星空があまりにも綺麗だった。
ちょっと撮ってみようかな?と思い、初めて星空を撮りに登ったのが「小清水峠」

子供の頃から星空を眺めるのが大好きで、
プラネタリウムは何度も親におねだりして連れて行ってもらった。
ただ、こんなに「撮る」事にのめりこむとは思ってもいなかった。

全ての始まりの場所。

あの頃はまだAPS-C機(40D)にEFs10-22なんていう無茶なコンビだったし、
設定も何も全く分かってなかった。
暗すぎたり、感度上げすぎて星かノイズか分からなかったり、ピンズレしていたり・・・。
今も全然下手だけど、当時よりはいくらかマトモに撮れる様になったと思う。


あの時の星空はすごかった。
その時撮れなければ二度と同じ条件は訪れない事はそれから嫌と言うほど味わった。

斜里岳登山で道東へ訪れた際に久々に来てみたけど、
残念ながら月の影響がない時間にもかかわらず星数が少ない。
b0243727_946898.jpg

原因は屈斜路湖の峠を挟んで反対側、網走沖の漁火。
山の上や尾根は遮るものが少ないので遠くの光害も影響する。
上の写真も全然ダメ。

網走沖に煌々と光ってる強力な光源は”見えているだけで”合計6つ。
イカ漁らしい。まるで初夏の日本海積丹周辺のよう。
春のコウナゴ漁や初夏のイカ漁が始まると日本海側沿岸では漁火の影響で星空は撮れなくなります。

以前よく来ていた頃は漁火なんてあっただろうか?

b0243727_20412888.jpg

光害は予定外だけどコレばっかりはしかたがない。
今回のような強力な光害がなければ、
尾根上のこのパーキングは周囲に街灯もない絶好の星空観測所。
自分の目線より下の北から南へと繋がる天の川が見事な場所です。



b0243727_1015371.jpg

北東の空にはまだ夏の名残が。
今度また来よう。
夏の天の川が輝いてる季節に。
by yamakawawalk | 2013-10-22 22:24 | 星景写真 | Comments(6)
Commented by kyuujitunituki at 2013-10-23 07:36
yamakawawalk様 おはようございます。

オリオン座のペテルギウス赤く輝いていますね。

天文学的に言うと近いうちに超新星爆発の可能性が

あるようですね。

yamakawawalk様の様に天の川が取れません。

それこそ光害ですかね。

いや腕の問題ですね。星空は苦手の様です。

星空の写真も楽しませて頂いています。
Commented by yamakawawalk at 2013-10-23 08:16
kyuujitunituki様いつもコメントありがとうございます。

ベテルギウスまでは光の速さで640年離れているそうなので、今見えている光は室町幕府の頃の光なんですよね。
そう考えると不思議です^^
ひょっとすると、640光年離れた現地では既にベテルギウスは存在しないのかもしれません。

γ線バーストが直撃すると地球も大変なことになるらしいですが、今のところ大丈夫だそうです。

生きている間に超新星爆発の光が届いたら一大天文ショーになりそうなので楽しみですが、オリオンの肩がなくなるのは寂しいですね。
Commented by sonoshunkannokuki at 2013-10-23 19:30
凄い星空です!!
Commented by yamakawawalk at 2013-10-23 23:28
ありがとうございます^^

でも本当はもっとスゴイんですよ、ここ!
Commented at 2015-03-10 00:57 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by yamakawawalk at 2015-03-10 12:24
kgkmっきん、こんにちは(^^)

眠れなかったの?
大丈夫かい?
お久しぶりの登場だね〜(笑)

そうだね。
ここで星を撮ったのが始まりなんだよ〜(^^)
そのおかげでブログをはじめて、たくさんの方たちに見てもらえて、
kgkmっきんにも出会えたんだよ(^^)

この記事の時はその通りお互い存在すら知らなかったのに、
今ではね〜〜(^^)

本当にたくさんの偶然にありがとうだよ。
コメントありがとう(^^)
またね☆
<< EOS 6D 秋のダブルヘッダー その2 【... >>