キノコ狩り開幕

毎年9月は山に登るかキノコ狩りに行くか悩むのですが、
今年は幸か不幸か糞天気(失礼)のため悩むことなくキノコ狩りに専念できます。
糞天気さんありがとう(棒読)


とある山に行ってキノコ狩り。
本命はもちろんアレ。
と、その前にそこら中に出ている「ヌメリササタケ」を採りながら進みます。
b0243727_8262250.jpg

これ採ってる人あまりいないのですが、
汁物に入れるとナメコに似た食感と味で美味です。
今年は雨が多かったせい?か虫に食われているものが多いですが、
触ると虫食い個体はすぐ分かるので良い物だけを腰の袋に入れて歩きます。
ヌメリが強いので他のキノコとは袋を別にします。
雑多に入れてはいけません。

雨と木から落ちてくる雫でずぶ濡れになりながら森の中深くへ進みます・・・。








b0243727_8283682.jpg

ちょっと歩くといつも覗く場所で早速発見。
小さく見えても土の中の茎が長いので折らないように慎重にゲット。
採ったあとはしっかり穴を埋めて移動します。
そうすればまた来年同じシロで発生します。


b0243727_8331074.jpg

この状態のものに気づくかどうかで採れる本数が激増します。
こうやってピンポイントの写真にすると分かりやすいでしょうけど、
広大な森の中でこの状態の個体を発見するにはかなりの経験と慣れが必要です。
わかりますよね?え?わからない??


b0243727_8265283.jpg

おっとこりゃ食べちゃいけない。
色の薄いベニテンかな?テングかもしれないけど。
いずれにせよ食べられません。
隣の小さいのは幼菌。



b0243727_835529.jpg

採ったどーの画。


b0243727_8353538.jpg

大きさのイメージはこんな感じ。
僕の左手入れておきました。
僕の手は平均より大きい方だと思います。

この日、最終的には全部で42本1.6kg。
まだまだ始まったばかり、これからが楽しみです。


b0243727_921610.jpg

美味しそうでしょ~♪
すき焼きと炭火の素焼き、炊き込みご飯等にします。
素焼きした物はポン酢で食べます。
最高のお酒の肴です。
日本酒に良く合いますが、ハイボールもいけますよ。

5,6cmの小さいのは形が分かるようにスライスにしてペペロンチーノに。
去年からチビのペペロンチーノが美味しくてはまってます^^


最後におまけ。
前に使ったかな?とは思いますが。
b0243727_840387.jpg

ドクツルタケ。
別名「デストロイングエンジェル
誤食すると苦しみのたうち回った後、一度回復。
その後ブリ返して再び苦しんだ挙句に内臓が破壊されて確実に死ぬというオソロシアなキノコ。
一度回復したように見せかけるという悪魔のような演出つきがなんとも(苦笑)
純白の悪魔ですね。
こういうのみるとなかなかキノコに手をだせないでしょ?(笑)

シロタマゴテング・タマゴテングと本種が猛毒キノコ御三家だとか(苦笑)
これは曲がっていますが、スックと立つ純白の個体は写真的にはベニテンと並んで美しいキノコです。
撮ってもいいですが採ってはダメですよ。

キノコ狩りの鉄則。
怪しいキノコは「採らない」「食べない」「差し上げない
採った場所は「聞かない」「教えない」「探らない
by yamakawawalk | 2013-09-14 21:35 | 木・植物 | Comments(1)
Commented by sikoku88k at 2016-09-26 01:21
42本って、すごい。
人間技とは思えない。
いや、いったいそこは日本ですか?
っと、問いかけたくなる~~~~~~~
きのこは、素人では本当に怖いです。
白い悪魔には、気を付けますね。
<< 札幌オータムフェスト2013 山のブルーベリー♪ >>