天を横切る大火球

僕程度の腕前だと、流星を狙って撮影することはほぼ無理で、
必要なのは、いかにカメラを向けた方向にタイミングよく流れるか。

この時も、あっちで流れた~!うおー今度はこっちだぁ~!
って「神々の遊ぶ庭」で見事に遊ばれたと言う(笑)
もう神様は腹抱えて笑ってたんでないかと・・・。

早い話「運」まかせ。
流れる位置、タイミングは「神のみぞ知る」ですからね。
特別「運」が良いわけでもない凡人ですので結果はおのずと知れてます。

それでもこの夜は頻繁に流星が確認できたので、
普通に星空をいつものように撮影している中の数枚に、
このようなラッキーショットが混ざります(笑)
自分の中ではかなり微妙な写真なんですけど、
白雲岳避難小屋から西側を15mmFisheyeで撮っていたときに幸運にも写った流星です。
流星写ってなかったらボツだったな(苦笑)



b0243727_20382789.jpg

※微妙なのでクリックでほどほどに拡大します。

火球クラスになると肉眼でも視界の端に、ん?と思うほどの明るい発光があります。
慌ててその方角を見ると「痕」が確認できることも。
カメラの画角の外でそんなのが流れると、地団駄踏んで悔しがる訳です(笑)
まぁ、いつものことですが。


そんな流星に興味を持った方は8/13未明は早起きしてみましょう。
明るい流星が多いと言われる「ペルセウス座流星群」の極大日です。
極大日を外してもダラダラと流れるらしいので、
お盆期間中に夜空を眺める機会があったら是非どうぞ♪

そうそう、願い事の準備もお忘れなく~。

どうもしばらく天候が星空観察には微妙な感じですけどね・・・。

「どうか晴れますように」
って流れ星にお願いするか・・・。

・・・ん?なんか変だな??(笑)
by yamakawawalk | 2013-08-11 20:39 | 星景写真 | Comments(0)
<< 河岸の木 白雲岳プラネタリウム >>