ニペソツと星空

b0243727_22423843.jpg

太陽が沈み、星空が広がった夜は宇宙の中に浮かんでいる事を実感できる時です。
手は届かないけど、できるだけ近づきたいから高い場所から眺めたい。

先日読んだオリーブオイルの本にこんな言葉がありました。
「風、雨、太陽を求めて祈りを捧げる。
いつだって空を見上げながら、何かに祈ってる。
自然と語り合うことは人をより人間的にし、
宇宙の中により深く入った気がする。」

岩の上に寝そべって満天の星を眺める。
もし銀河鉄道があったら車窓からこんな風に見えるのかな?
標高1900mのプラネタリウムにまた行きたい。

----------------------------

相棒の5D MarkII君が無事センサー交換から帰還しました~。
予想よりも早く、ほぼ一週間で戻ってきてビックリしました。
5D MarkIIは札幌で修理できるらしく、以前のように本州に送る時間が無い分早かったのでしょうか?

40Dや7Dをレンズと一緒に調整に出した時にはもっと時間がかかりましたからね。
受付の方に聞いたら、今でもレンズのピント調整は向こうで行ってるとの事です。

またこれでしばらく一緒に出かけてもらえそうです♪
by yamakawawalk | 2013-04-08 21:31 | 星景写真 | Comments(0)
<< 宝玉に閉じ込めて 組み立て整備中・・・ >>