タウシュベツ橋梁の夜

上士幌町、糠平湖。
北海道遺産のタウシュベツ橋梁へ行ってきました。

ここへの林道は、北海道遺産に登録された後、不慣れな林道走行で路肩に落ちるレンタカー等が多くなったため、
数年前から通行止めになっています。

タウシュベツ橋梁へは、
①許可を取って車で入林する。
②見学ツアーに参加する。
③対岸の展望台から遠望する。
④冬季の湖上を横断する。

などがありますが、今回僕は月明り狙いなので帰路は夜です。
そのため未経験でルートがわからない湖上横断は避け、
丸山橋から夕方に出発し林道をスノーシューで歩いてアプローチすることにしました。
こちらが林道ゲート。
b0243727_22492652.jpg

ここから3kmくらいありそうです。
ま、この計画が翌日相当無駄なルートだったと気づくんですが(笑)
この頃はイケイケです。
b0243727_2252521.jpg

準備万端で出発!

えーっと現地までの行程は思い出したくも無いので省略しますが、
スノーシューでもツボ足気味になるラッセルだったことは書いておきます。


b0243727_22533294.jpg

タウシュベツ橋梁到着。
久しぶりだなぁ。高校生くらいに親父と来て以来かな?
当時はまだ車で来る事ができました。

右端には僕の大好きなニペソツ山が。

まだ明るいので適当に周囲を散策して良さそうな場所を探しながら暗くなる&月明かりを待ちます。

いつもは星空狙いなので月明かりは避けるのですが今回はあえて月光で狙いました。

b0243727_22552456.jpg

アーチの上にオリオン座とシリウス♪
シリウス君今晩もピント合わせ役ありがとう。

と、静かな湖上にある不気味な音が・・・。

ピシッ、ピキピキピキッ・・、ミシミシ・・・。
「な、なんだ?」と思ったのもつかの間。
バキバキバキッ!!ドゴォッ!!
なんと氷が割れる音(怖!)
氷の上にいるから気が気でありません。

ここは先日の然別湖と違い発電用のダム湖なので、発電で放水すれば当然水位が下がります。
そうすると氷も一緒に下がるので、岸際の傾斜部分の氷が引っかかった後、
自らの重みに耐え切れずに割れるんです。

氷上ワカサギ釣りや、レースコースを作ってタイムトライアルやるくらいだから、
60kgちょいの男が乗った程度ではいきなり氷に穴が開いて湖に落ちる心配はありませんが、
夜ってのも手伝ってなんとなく落ち着かない。

なんてビビッていたら背後から!

・・
・・・
月が出てた(笑)

b0243727_2364351.jpg

月明りのタウシュベツ橋梁完成♪
なるべく他人と被らない写真を撮ろうとするといろいろ大変です。
さぁて目的は達したので車に戻ろう。

このあと地獄のラッセルでした。
暗闇の林道を孤独に歩く薄気味悪さなんかどうでもよくなる程の地獄の行軍でした(苦笑)
林道ルートを選択した自業自得なんですけどね。。
林道ルートならもう少し硬雪の時期かスキーですね。
因みに春以降は羆の巣なのでやめた方がいいです。

こうやって更新してるので無事に戻った訳ですが、
もう二度とあのルートは使わないと車を照らす月に誓ったのでした。

翌朝、朝焼けに染まるニペ狙いでもう一度タウシュベツ橋梁へ向かいました。

つづく!
by yamakawawalk | 2013-02-26 23:27 | 風景 | Comments(0)
<< 糠平湖 氷上トレッキング① Angel's Ladder >>