バーデンかみふらの

カミフの十勝岳温泉は「凌雲閣」がもっとも標高の高い位置にあり
次に高いのが以前紹介した「カミホロ荘」
その次が「バーデンかみふらの」です
b0243727_1940247.jpg

雪が降る前の写真で恐縮ですが・・・
ちょうど凌雲閣から下ってくる道と吹上温泉方面から来る道の交わる位置にあります
日帰り入浴は¥500(シャンプー・ボディーソープ付き)
この界隈では無料の吹上露天を除けば最安です

内湯は一つ
b0243727_19422759.jpg

すみません。どうしてもレンズの曇りが取れませんでした
モウモウですが勘弁してください
露天はこちら
b0243727_19432495.jpg

これ台の上から撮ったんですが、撮ってる様子はご想像に任せます(笑)

ここ、面白いのが内湯と露天が繋がってること
仕切りの扉は水面ギリギリの高さで付いていて
内湯から湯舟を漕いで露天に向かいます

だから「寒い寒い」とか「足冷たい!」って言わずに移動できます
その代わりに内湯にも枯葉が漂ってます(笑)

ここに入った時点でこの界隈の温泉は完全制覇しました
凌雲閣に入ったのは結構前なので、近いうちにまた入ってレポします
きっともう雪景色ですね
冬山を見ながらの露天もいいですね~

ただし、凌雲閣の露天って結構ぬるめだった記憶があるんですが
厳寒期は湯温大丈夫なんだろうか?
そもそも露天入れるのかな?
ま、行けばわかるか(笑)
by yamakawawalk | 2012-12-03 21:12 | 温泉 | Comments(0)
<< 有明の名水 Girl on fire >>